「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

CHICAGO滞在記2016♪初大リーグ観戦

オリンピック三昧の熱い暑い日々が終わり、
喪失感、虚脱感が程よい疲れと共にまだ心地よく残っています。

この思いのまま 四年後東京まで持続するのは大変かな?
それとも 日に日に皆の夢と希望が膨らんで東京まで繋がるのかな?

それまでは生きていないとね!!と先日会った友人。



さて

シカゴの続きです。
Photoが多いので、さら〜とご覧くださいね。


シカゴは『シカゴ・カブス』  &  『シカゴ・ホワイトソックス』
と、二つのチームがあります。

以前、『バックヤードツアー』へ参加したことがあるのですが
野球を観戦するのは初めてです。

ナイアガラの滝で奇跡的な出会いを果たした彼ら
奥様の方が野球大好き(ご主人様はそうでもなくおつきあい)
本場大リーグの試合を全ての球場で観戦する!という壮大な計画を実行中です。

そんな彼らと一緒に私も連れて行ってもらいました。

だって、この日 
VS ニューヨクヤンキース 投げるのはマー君の予定だったんですよ。
残念ながら 翌日のナイターに延期になってしまって
本場大リーグで躍動するマー君をこの目で見ることは出来なかったのですが・・・・・


e0295348_1059759.jpg


生憎の曇り空
青空だったら緑の芝生がもっと綺麗に見えるのでしょうね。
充分綺麗ですけどね。


e0295348_950299.jpg


この日は

独立記念日(七月四日)

試合開始前に色々なイベントが行われました。


e0295348_10135565.jpg


観客席の前に並んでいるこのライダーさん達
皆星条旗を掲げて この後、球場内を回ってお祝いのパレードでした。


e0295348_10161392.jpg


やることのスケールがとにかく大きいのです。
スクリーンで見るとこんな感じで待機中


e0295348_10163284.jpg


球場の中の様子

こうして歩いていると まるで外と同じ感覚を覚えます。

流石、大リーグのスタジアム 
日本のスタジアムとは規模が違っていて私は興味津々
まるでおのぼりさん
何もかもが珍しくてキョロキョロと、ゲームの内容等全く覚えていません。


e0295348_1134028.jpg


今日は、特別な日 最大のお祭りです。
こんな大道芸人がいて楽しませてくれています。


e0295348_10385633.jpg


”July Fourth "と呼ばれるこの日 皆それぞれに気合が入っていますね。


e0295348_10553465.jpg


球場内で売られている食べ物の数々


e0295348_1057388.jpg


上の看板の右下 TEX MEX HELMET

このヘルメットが欲しくて 買ってみました。
嬉しくて 子供達にLINEを送ったら
”随分、ジャンクな物食べてるね〜どうしたの?歳を考えたほうがいいね〜”
でもこれ、下の方は野菜たっぷりで見た目程ではないですよ。
もちろん、皆んなでつついても食べきれませんでしたけれど・・・・・


e0295348_10564969.jpg


スタジアムってこんなものしかないのよね〜


e0295348_10571017.jpg


このスタジアムのある地域は 治安が良くない!と有名な所だったのですが
オバマ大統領の所縁の地という事で、近頃は観光名所の一つとなって
色々と改善されている様です。


e0295348_11261461.jpg




e0295348_11265293.jpg




e0295348_11273364.jpg




e0295348_11274817.jpg


足元に こうしてバンバン 散らかしてしまう感じって どうなのでしょうね・・・・


e0295348_1128630.jpg


スタジアムは6階位まであった様な?
何しろ大きくて なんだか東京ドーム等おもちゃの箱の様に思えました。


e0295348_10595463.jpg


エスカレーターがあって デパートの外階段の様な印象


e0295348_11123487.jpg


スタジアムから眺めた外の景色
スタジアムの周りは、車、くるま、クルマ 見えるところは全て車で埋まっていました。
パーキングのスケールが半端でなくて、当たり前ですが車社会ですね。
遠く摩天楼が霞んで見えます。


e0295348_1101260.jpg


今、日本人大リーガーが沢山活躍しているので
やはり いつか機会があったら 誰でもいいので見てみたいです。

田中投手、前田投手、ダルヴィッシュ投手
今度 行く機会があるまで 怪我せずに頑張っていて欲しいです。

More   おまけ    ♪
[PR]
# by iris304 | 2016-08-25 22:50 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(5)

大人の女子会

皆様 如何お過ごしでしょうか?

リオオリンピック メダルラッシュで目が離せず、寝不足になっていらっしゃるでしょうね。
熱戦が続きますが それももう残り二日となり 
4年後の東京オリンピックがそう遠い話ではないのだと実感します。

メトロに乗っていても 4年後の今 この時期は世界中から来日する外国の方で
溢れるんだろうな!と思うとなんだか不思議です。


             
                 ❤︎ 



さて、久しぶりに息子の高校の時のママ友三人揃って暑気払いです。


この日お邪魔したのは 麻布十番『嘉 YOSHI』


e0295348_10322458.jpg


このお店は 元プロ野球監督の息子さんがオーナーで
そのお父様もお店にはよくお出かけになるそうですよ〜

この若いオーナーと息子達が同級生だったのですが
激励の意味とおばさん達の強い好奇心、それと今更ですが社会勉強???
興味津々の私たちでした。
もしかしたら、元監督にお会いするかもしれないし・・・・・て淡い期待も!

二階の個室はお部屋代がかかるので勿論カウンターにしましたよ〜


まずはビールで乾杯


e0295348_1157487.jpg


そのあとは 毎晩 焼酎のソーダ割りを飲むと言う友人のお勧めで
『100年の孤独』


e0295348_1351569.jpg

                                  画像 お借りしました



この焼酎の噂は知っていましたが
元々 余りお酒は飲まないので飲む機会はなかったのですが
今回 初めて少しだけ頂きました。

だけどお高い!!
15000円だったなんて・・・・・今HP見るまで知らなったわ( ´ ▽ ` )ノ



e0295348_121236.gif




料理はおまかせでコース料理


e0295348_1291033.jpg


手長海老と帆立貝のサラダ仕立て〜 トリュフの香り

帰国以来トリュフって、このお姿では初めてお目にかかったかも?
トリュフ風味?のソース等はあったかもしれませんが・・・・・


e0295348_11355684.jpg


お造り三点盛り


e0295348_1136372.jpg


和食の一品〜蓮根もちの蟹あんかけ

手前の串が射してあるかぼちゃ 生色用ですって!
軽く塩をしてあって さっぱりとお漬物みたいで美味しかったです。


e0295348_12125496.jpg


鮎のコンフィ
トマトと胡瓜のコンポート〜パドロンのソテーと共に

この『パドロン』(小さいピーマンみたいな野菜)初めて見ました。
勿論 食べたのも初めてだと思うのですが・・・・


e0295348_11413937.jpg


イベリコ豚肩ロース肉のロティ

この肉 赤くて牛肉みたいでしょう〜

お皿の上のお肉を見た途端
”私たち、豚肉をお願いしましたよね?”と思わずお尋ねしてしまいました。  

でも豚肉です。
イベリコ豚の赤みって牛肉みたいなのですね。
お味はどんなだったかな?オリーブを使ったソースに気をとられて余り覚えてないのです、実は。

それにしてもこの肉料理 私たちは当然の事ながらイベリコ豚を選びましたが 
特選黒毛和牛(A4) ➕5000円って 一体どうなっているのかしら?
5000円もあれば もう一度充分美味しいお料理を頂いてお釣りがくるのに・・・・

誘ってくれた友人は 
”又 関係者?をお連れするわ〜!”なんて言ってましたが
残念ながら 私達には次のご縁はなさそう〜(´Д` )


e0295348_11421023.jpg


フォアグラ丼

もうお腹一杯で食べられない!!なんて言いながら
サイズが丁度良くて(余りに小さくてちょっとびっくりしたけど、。)しっかり頂きました。
フォアグラ丼 初めてでしたけど、とっても美味しかったです〜
鯛でお出しをとったお汁も なんとも上品でいいお味でした。
器が小さくてお猪口くらいしかなくて もっと飲みたかったです。


e0295348_11422493.jpg


自家製バニラアイスと季節のフルーツ


e0295348_12423094.jpg


この後で、アラカルト三点盛りのおつまみ

イベリコ豚の生ハム、スモークサーモン、水ナスの浅漬け


e0295348_13165097.jpg


それに 赤ワインを一本開けました。

私以外のこの二人がとてもお酒が強いのです。
彼女達と一緒の時、私は要注意です。

果たしてこれで お幾らだったか?
ご想像におまかせ致します。


開店と同時 17時から23時過ぎまで、おばさん三人弾けました〜
あっという間の6時間
”こんなに長い時間いらした方は 開店以来初めてです”なんて言われてしまいました。


e0295348_1324133.jpg




麻布十番は久しぶりでしたが 浪花屋総本店は相変わらずの繁盛ぶりで
店先でお待ちの方も多くとても混み合っていました。

少し涼しくなったら あてもなくぶらぶらと街歩きしたいですね〜


e0295348_13205770.jpg



麻布十番 嘉YOSHI
東京都港区麻布十番3-7-4
TEL&FAX 03-6809-3190
営業時間17:00~23:00(LO22:00)
定休 / 日曜日



More   おまけ  ♬
[PR]
# by iris304 | 2016-08-20 13:49 | 日々のこと | Trackback | Comments(42)

喉湿し ❤ 一口 どうぞ〜



残暑お見舞い申し上げます 。




暑い毎日ですね。

今日は都内も38℃を観測したのだとか?

体温より高いって。。。。。


しかし 暦の上では立秋も過ぎて

見上げる空は やっぱり夏の始まりのそれとは違って

少しずつ高くなって

あ〜 次の新しい季節がやってきているなあって感じます。


e0295348_18343955.jpg



この暑さの中宅配便を届けて頂く時、仕事はいえ本当に頭が下がります。

荷物を届けて頂いた時
小さなグラスに 冷たい飲み物を一口差し上げるようにしているのですが
皆さん 凄い勢いで一気に飲み干していかれます。



大概、冷たい緑茶か麦茶をお出ししています。


e0295348_18342110.jpg



先日 息子が帰っていたので
マ◯◯が留守の時は 何か差し上げてね〜と言ったら

言われなくても 僕、出してあげてるし〜

確か ◯◯◯も 出していたよ〜

ですって!!

へえ〜そうなんだ。。。。。

二人共偉いじゃない!!

とチョッピリ 嬉しい母でした。

e0295348_21201387.jpg






これは ミント等の香草を入れて香りを移した爽やかな水

スッキリするので時々お世話になっています。


e0295348_12331889.jpg


そしてこれ

ポストに入っていました。

先日、ゆうパックを届けて下さった時にも一口どうぞ〜とお出ししたのでした。

昨日の事もすぐ忘れてしまうので???でしたが
この小さな封筒を見つけた時、嬉しかったです。

小さな赤いポストのキイホルダー
手にとって振り振りすると軽やかにちりんちりんと鳴りました。

思いの繋がった優しい鈴の音

たったこれだけの事ですが
さ〜と、身体の隅々までエネルギーが行き渡った様な気がして〜❤
人の気持ちって不思議です。



e0295348_16234019.jpg




e0295348_21194394.jpg


More
[PR]
# by iris304 | 2016-08-09 18:05 | 日々のこと | Trackback | Comments(30)

ご褒美

厚く重〜い天井がさあっと開いて


力強いお日様が顔を見せたあの日


本気の夏の始まり・・・・・




e0295348_92639.jpg




一人ごはん



e0295348_93081.jpg





e0295348_22374937.jpg



お疲れ様・・・・・・・・


わ・た・し




e0295348_22442682.jpg


More       
[PR]
# by iris304 | 2016-08-05 08:43 | 日々のこと | Trackback | Comments(32)

CHICAGO滞在記2016♪ナイアガラの滝を見に行く II

ナイアガラの滝 続きです。


水量は春から初夏のピークシーズンでおよそ毎秒5,720 m³になる。
夏は毎秒2,832 m³で、90%はカナダ滝に流れ込むが、
水力発電施設に一部、人工的に流されている。
カナダ滝の上流には可動堰が設けられており、夜間の水量は日中の半分に調節されている。
観光のオフシーズンになる冬の期間も水量が毎秒1,416m³に抑えられている
アメリカ側からの眺望はほとんどが滝の背後に位置し、
滝の正面や全体を眺望できるのはカナダ側になる。
    Wikipediaより



レストランで昼食が終わり、次はカナダ滝の落下する所まで
車で案内してもらいました。


手を伸ばせば届く様な所を悠々と流れる様は 何とも不思議な光景でした。


e0295348_15371219.jpg


これが滝だと言われても
余りの水量と流量に圧倒されて言葉もなくただ水面を見つめているだけ〜
うわ〜とか、すご〜いとか
おバカな女〇〇〇や〇〇〇〇の様なコメントしか出来ないのが情けないのですが。。。。。


e0295348_1533487.jpg


日本やヨーロッパ、
昨年のヨセミテ国立公園の滝のように全景が見えたり 
チョロチョロと流れていたりすればなるほど!!って思うのですけれどね〜
本来 滝の落下するところって目にする機会がないですよね。

幅675m、落差56m、滝壺の深さ55mって この目で確かに見ても
どの位のスケールなのかが実感できない魔物の様な目の前の光景でした。


e0295348_15373446.jpg


ここは時間によって虹が見えるそうですが
昼過ぎのこの時間には 残念ながら見えませんでした。


e0295348_15381562.jpg




e0295348_15344884.jpg


こういう柵ってどうして乗りたくなるのかもしれませんが
明らかに危険だと思われるのにどうしてここに跨ったりするのか?
この流れと勢いを見たら、とても怖くてすくんでしまって 
ちょっとここに乗る気にはならないと思うのですが、
やはりお若いのでしょうね〜


e0295348_2138233.jpg




e0295348_21421115.jpg




e0295348_21461528.jpg


夜はこの滝がライトアップされます。


e0295348_15363215.jpg


以前はシカゴから日帰りツアーがあったのですが
9時前にバッファローに到着する便がユナイテッド航空の方針転換により
なくなってしまったので、前泊が必要になりました。

私たちはバッファローで泊まりましたが
ナイアガラ泊にして、夜のライトアップを楽しんだり
アメリカ滝の方まで散歩に行ったり街中を楽しんでも良かったわね〜と、
もう二度と行かないのでこの経験は生かせませんが。。。。。。
残念です。


e0295348_15351099.jpg




e0295348_15331093.jpg



e0295348_2214851.jpg


最後にもう一度 

カナダ滝
幅675m、落差56m、滝壺の深さ55m

街中の文化的な暮らしのすぐそこにあるこの大自然
なんとも不思議な感覚。

この物凄い迫力の滝の全景 空から見たらどんなかな?
高いところから ゆっくり見てみたいものです。


e0295348_224297.jpg


アメリカ滝
幅330m、落差58m
ブライダルベール滝 (右端の細く見える部分)
幅15m、落差55m、


e0295348_2242867.jpg


ナイアガラの滝 
ハイシーズンは秋だそうです。
美しい紅葉とこの青く輝く水の色のコントラスト 見てみたいです。

今回のシカゴ行き
最大のイベントだった『ナイアガラの滝』
お付き合い下さって ありがとうございました。




e0295348_9291855.jpg


More    おまけ
[PR]
# by iris304 | 2016-08-03 09:39 | 世界のあちこち | Trackback

CHICAGO滞在記 2016 ♪ ナイアガラの滝を見に行く

今回の『ナイアガラの滝 日帰りツアー』

バファロー空港でNYから到着するという何やら曰くあり気なカップルと合流し
今回のツアーは4人だけ

小さなツアーだったので 待ち時間もなく割合、スムーズに進みました。

バッファロー空港から一路カナダへ向かいます。 

カナダの国境までは27㎞



ナイアガラの滝は
エリー湖からオンタリオ湖に流れるナイアガラ川にあり、
カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州とを分ける国境になっている。
カナダのトロントから南南西に120km(75mi)、
アメリカのバッファローから北北東に27km(17mi)
両国とも同名のナイアガラフォールズ市(オンタリオ州側、ニューヨーク州側)に位置する。
滝は豊富な水力資源と景観の美しさで知られる。
ナイアガラの滝はゴート島によって、カナダ側の国境を挟んだカナダ滝と
アメリカ側のアメリカ滝からなる。
アメリカ側はさらにルナ島を挟んでブライダルベール滝がある。
最終氷期(最後の氷河期)の後退期に形成され、五大湖の水流がナイアガラ崖線を経て
大西洋に流れ込む過程にある。
   Wikipediaより


左側がアメリカ滝、その脇の細い小さな滝がブライダルダルベール滝  右手奥がカナダ滝

真ん中のグリー地帯がナイアガラ川の中洲であるゴード島
この島を境にアメリカ合衆国、カナダの国境となります。
で、この島はアメリカ合衆国に属します。


e0295348_16501373.jpg


今回はカナダ側から
滝のすぐそばまで行けるナイアガラ名物の遊覧船に乗りました。

『霧の乙女号』というロマッチックな名前の遊覧船です。

カナダ側からの乗船は皆この赤いビニールのカッパ着用。
アメリカ滝の真ん前から乗船です。


e0295348_1859339.jpg


アメリカ滝
左手にアメリカ側の展望台が見えています。


e0295348_16524592.jpg


滝に近づいてくると飛沫がすごくてびっくりします。
でも、この位は冷たくて気持ちがいい位だったのですよ〜


e0295348_16505540.jpg


右側がブライダルベール滝 これでも15メートルあります。


e0295348_1935263.jpg


アメリカ滝を横に見てカナダ滝に向かっています。


e0295348_19485152.jpg


カナダ滝が見えてますが、左手はまるで氷河の様です。

e0295348_23553766.jpg




e0295348_2263010.jpg




e0295348_2274359.jpg


滝壺に近づいてきましたが これが限界 
水量が激しくてカメラを持っていられません。

何が何だか分からない霧の中
とにかく経験のない雨に降られている!って感じ


e0295348_1930236.jpg


やっと滝壺から離れて皆ホッとして、カメラを向けています。


e0295348_1651255.jpg


川岸にはシェラトンホテル他 カジノ等も見えています。


e0295348_16532821.jpg


戻ってきてナイアガラの滝の全景です。


e0295348_1652418.jpg


アメリカ側からの展望台。
小さく人が蟻の様に見えます。
お分かりになりますか?


e0295348_19112451.jpg



e0295348_2337324.jpg


こちらは、アメリカ滝の上から眺めている人達です。。


e0295348_1912051.jpg




e0295348_2244725.jpg


遊覧船を下船後 ランチの為
遊覧船から見えていた『シェラトンHotel』のレストランに向かいます。

ホテルのレストランからの眺め

e0295348_1656029.jpg



テーブルで滝の方のフォトを撮っていたら
レストランのお姉さんが
”向こうのベランダから撮るといいよ!”と教えてくれたので
行ってみました。
が、しかし〜
足元が見えなければ平気なのですが、こういうのはちょと苦手で ・・・
いえ、もう腰が引けてしまっているので
これで精一杯


e0295348_16564472.jpg


それにしても こんな街中に 
これだけの水量の滝が落ちているのが不思議で不思議でたまりません。

日本の三大瀑布の一つ 華厳の滝の様に山奥の高い所から落ちているとか
ヨーロッパのアルプスの山々から流れ落ちているのが
滝だと思っていたので
私の中の滝の概念がもろくも崩れました。


e0295348_22485465.jpg


この後 びっくりすることが起きました。

 続き・・・・・
[PR]
# by iris304 | 2016-07-31 23:58 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(40)

CHICAGO滞在記 2016 ♪ お隣りさん

今回の滞在中 いくつかあったイベントの中で最大のイベントがこれ

『ナイアガラの滝を見に行く!』 


その玄関口である『Buffalo Niagara International Airport』の様子です。


仲良く アメリカ合衆国&カナダの国旗が並んでいます。


e0295348_11561069.jpg


どう見てもボロ切れかワカメがぶら下がっている様にしか見えないのですが・・・・


e0295348_11553344.jpg


実はこれ シャツ&Tシャツが濃い色から淡い色へのグラデーションでディスプレイされています。
寄付されたものを利用しているのだと思いますが面白い活用法ですね。

今朝チェックアウトしたホテルのロビーにも回収BOXが設置されていましたね〜
ホテルで見たのは初めてでしたが 一般的なのでしょうか?


e0295348_11552225.jpg


カナダ側

e0295348_1331384.jpg



e0295348_13371515.jpg



e0295348_1333552.jpg


アメリカ側


e0295348_11565240.jpg


こちらも同じ様なグラデーションです。


e0295348_13445126.jpg


こんな風に車椅子を利用されている方が多くごく当たり前で何の違和感もありません。


e0295348_13475072.jpg


アメリカは国土が広大ですので 移動は飛行機は当たり前 日本では電車の様な感覚なのでしょうね〜


e0295348_13483371.jpg


出入り口の一番近くにこの様なエリアがありました。


e0295348_14111891.jpg




e0295348_1447159.gif


さてセキュリティチェックが澄んでボーディングを待つだけになると
やれやれ 少しほっとします。


こんなのがありました。

面白かったので ご覧くださいね。

         
e0295348_14494623.gif


この時は まだ お客様がいません。

e0295348_14134355.jpg


しばらくすると・・・・・

え、こっち向きのまま?


e0295348_1414336.jpg


どうもこの方 奥様らしいです。
様子を見に来たのでしょうか?


e0295348_14275956.jpg


最後に髭の手入れをしている様です。


e0295348_14145335.jpg


こざっぱりとして気持ちよく 


e0295348_14251346.jpg


そして こちら ご家族です。
充電しながら 隣で座り込んで待っていた様です。


e0295348_14264915.jpg


こんな風に人々の動線の中にあります。
外から見られるというより、行き交う人々を眺めながら・・・・という感覚なのでしょうか?


e0295348_14174836.jpg


最後に

空港の玄関口

e0295348_11573610.jpg


そう、ここはナイアガラへの玄関口でもあります。


e0295348_1158284.jpg


次回はナイアガラの滝を見に行きます。


いつになるのか・・・・?ですが 


e0295348_15111562.gif


More  前回の最大のイベントは・・・・・
[PR]
# by iris304 | 2016-07-28 15:17 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(22)

CHICAGO滞在記 2016 ♪ トランプタワー

今 何かと過激な発言と行動で物議を醸しているニューヨークの不動産王ドナルド・トランプ氏

このCHICAGOでも 勢いは止まらずあざ笑うようにそびえ立っていました。

トランプ・インターナショナルホテル&タワー


e0295348_1782319.jpg




e0295348_1363272.jpg


92階建て、オフィス、コンドミニアム、ホテルが入る複合ビルです。
高さ(415m)シカゴではウイリスタワーに次ぐ2番目の高層ビルです。

新しい高層ビルなので全てにスケールが大きくて
3階〜12階 1000台駐車可能な駐車場
14階〜17階 ホテルとスパなどの施設
17階〜27階 ホテルの客室(340室)
19階〜85階 コンドミニアム(約480世帯)
86階〜89階 ペントハウス
となっています。

もはや これがどれ程のスケールなのかよくわからないのですが・・・・


シカゴ川のほとりの散歩道から見上げる様に撮りました。


e0295348_1335975.jpg


この日は 夕方 19:30スタートの建築リバークルーズ 90分に参加しました。
この時期、9時近くまで明るいので夕暮れ時のクルーズは丁度良かったです。
途中 ここのカフェで一休み
とにかく暑くて木陰が恋しい一日でした。


e0295348_16314371.jpg

 


e0295348_17242311.jpg




e0295348_1345377.jpg




e0295348_1364781.jpg


クルーズが終わって船から降りるとさすがに日も落ちて暗くなって
トランプタワーは夜の闇の中でひときわ輝きを放っていました。


e0295348_1374865.jpg


シカゴ川建築クルーズの様子は
又 きちんと整理してupしたいと思います。

余り期待なさらないでお待ちくださいね(^_−)−☆



e0295348_17232636.jpg


  スキンの事
[PR]
# by iris304 | 2016-07-19 17:57 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(32)

ロビン エッグ ブルー


こんな色の卵を産む鳥がいるのですね〜


主に北アメリカ大陸に生息する『コマツグミ』という渡り鳥です。


e0295348_7472620.jpg


ヨーロッパコマドリ(英名:Robin, European Robin)にちなみ
「アメリカンロビン」と呼ばれています。

その美しい色は図鑑にもひとつの色として記載されており、
Robin Egg Blue = (ロビンズ・エッグ・ブルー) と呼ばれているのですよ〜

毎年お世話になっているシカゴの友人宅の軒下

水まきのロープを杭にかけて仕舞っているのですがその上に巣作りしていました。



で どんな鳥かというと

e0295348_9485792.jpg

                 チョロチョロ動いてうまく撮れなかったので画像はお借りいたしました

こんな風に小鳥のフォト撮れたら楽しいだろうなあ〜❤︎



その後届いた画像

雛が孵ったようです。

e0295348_81348.jpg



何故に 
この様な美しい色の卵を産む必要があるのか?
この色でなければならない理由があるのか?

自然界にはワクワク ドキドキが一杯ありますね。

もうすぐ夏休み
子供達にもワクワクドキドキ、新しい発見と未知との遭遇が待っているのでしょうね〜


e0295348_9382788.jpg


More
[PR]
# by iris304 | 2016-07-14 09:44 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(32)