<< 立冬も過ぎて〜 オクトーバーフェスト >>

信州 安曇野:いわさきちひろ美術館

今 テレビ朝日で「トットちゃん」が放送されています。


『トットちゃん!』は、黒柳徹子さんとその家族の激動の昭和史を描く物語です。

彼女のベストセラーである「窓際のトットちゃん」は今まで映像化される事がなかったそうですが
今回はその中から抜粋でエピソードも描かれています。

この窓際のトットちゃんは 
子供達が幼い頃 夜寝る前に少しずつ読んであげた思い出の一冊です。
今でも時々手に取ってページをめくってはあの頃の事 懐かしく思い出しています。

その本に描かれている沢山の子供たちのイラストはいわさきちひさんが描いています。


そのいわさきちひろ美術館に昨年 松本を訪れた時に行ってきました。
ホテルで安曇野ツアーを申し込んだのですが参加は私たち二人だけでした。
その時 こちら   へも回って頂きました。


美術館の庭の一本の木


e0295348_1635697.jpg


美術館はアルプスの裾野に広い庭を持つ明るく開放的な素敵な建物でした。


e0295348_1632811.jpg






e0295348_20312893.jpg


展示品は撮影禁止ですので 庭に回ってのんびり散歩したり写真を撮ったりしました。


e0295348_20363399.jpg




e0295348_20355556.jpg






e0295348_203052100.jpg


ラベンダーの畑を進んでいくと電車の教室が見えます。


e0295348_16122840.jpg


子供達には『窓際のトットちゃん』はまだ幼くて難しかったと思うけれど 
楽しく読み聞かせが出来た一冊です。
時には 話の内容が面白くて 逆に興奮してなかなか寝付かれなかった時もあった位です。

その本の中でトットちゃん達は電車の教室で勉強をしているのですが
その電車がこの安曇野の里に再現されていました。


e0295348_22175746.jpg


e0295348_204577.jpg


最後に運転手さんが連れてきてくれたのが ここ
遠くにアルプスを望む高台。

海育ちの私はこういう景色を見たことがなくて ずーと眺めていたいと思いましたね〜


e0295348_22183680.jpg







e0295348_22125534.jpg

[PR]
by iris304 | 2017-10-23 22:20 | 日本のあちこち | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://iris304.exblog.jp/tb/24858832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by u-tan1114 at 2017-10-24 20:49
こんばんは
安曇野のいわさきちひろ美術館、行かれたのですね。
夏に松本に行った時に寄りたかった場所でした。
Irisさんは7月頃に行かれたのかしら?
お庭も広くて、ラベンダーも咲いて、素敵な場所ですね~
トットちゃん昔読みました。黒柳さんの顔を思い浮かべながら・・^^ドラマやってますね。私はまだ見ていないのですが・・・朝の連続ドラでやってもいい感じですよね。
面白いですか?
Commented by liberty-es at 2017-10-24 23:12
こんばんは^^
いわさきちひろさんの絵画、優しい色使いで好きです。
安曇野の美術館10年位前に一度行ったことがあります。
広々としたところに建っていてのんびりと、とても良かったです。
北アルプスの山々の連なる稜線は感動しますね~。
窓際のトットちゃん、私も読みました。
ずいぶん前なのでうろ覚えですが、トモエ学園の校長先生がトットちゃんに
「君は本当はいい子なんだよ」と言われたことがとても印象に残っています。
今やっているテレビは見ていませんが、そのシーンはあったのかしらと
今ふと思いました。
トモエ学園のような学校、今でもあったらいいのにと思いながら
読んだ記憶があります。
Commented by piyopapa07112 at 2017-10-25 10:25
おはようございます♪

今年も長野を訪れましたが、松本とは逆方向に行っちゃいました。。。(^^;;
我が家にも「窓ぎわのトットちゃん」あります。。。 相方さんが大好きで
いわさきちひろさんの画集も時々眺めていますよ

そう言えば、irisさんのblogの「ワサビ丼」思い出しました(笑)
いわさきちひろ と言えば、再婚して出来た息子さんを長野に残して
東京で画家として生活をされていた時、お乳が張って・・・近所の
生まれたばかりの赤ちゃんに授乳させてもらった そうです。

その乳飲み子は、タレントの 三宅裕司さんだそうですね(世間話です)



Commented by iris304 at 2017-10-25 20:59
* u-tan1114さん こんばんは♪

ちひろ美術館は昨年の10月後半で寒くなり始めていました。
ラベンダーは7月に咲くイメージですが 遅先の種類なのでしょうか?
ラベンダーの畑を歩いて電車の教室へ行きました。

自分のイメージする役者さんが漠然としていたのですが
やはりちょっと違うのかな?と感じています。
でも お母さんは、彼女ぴったりだと思っています。
ご覧になって下さいね。
Commented by iris304 at 2017-10-25 21:04
* libertyさん こんばんは〜☆

10年も前にいらしたのですね。
素晴らしいロケーションですよね。
お天気は今ひとつでしたが 気持ちよく過ごすことができました。

はい、トモエ学園のシーンは全部ではありませんが放送されています。
もちろん、ずーと話を聞いてくれた校長先生のシーンもありましたよ。
脚本の大石静さんも好きなのです。
私もあの本を読んで以来
とにかく子供の話を聞いてあげるお母さんのなろう!と心に決めました。
って実際はそうもいかない時もありましたが。。。。
本当に あんな校長先生と学校があったらいじめなんてないのにね!
って思います。
Commented by iris304 at 2017-10-25 21:10
* piyopapaさん こんばんは^^

まあ、同じですね。
嬉しいです。

長野県は広域圏ですからね。
愛知に近かったり、岐阜の県境や新潟に近かったり、気候風土も
同じ県でもだいぶ違いますものね。

まあ、そんなエピソードがあったのですね。
三宅祐司さん、びっくりです。

わさび丼ってなんでしたか?
閉まっていて食べられなかったんだったかしら?
読んでくださった方が覚えていて下さるのに お恥ずかしい・・・
情けないです。衰えが隠せないです。
老いに立ち向かっていくのは大変ですね。
覚えていてくださって嬉しいです。
ありがとうございます。
Commented by piyopapa07112 at 2017-10-26 10:35
irisさん おはようございます

2報目 ご免なさい
irisさんの記憶の通りですよ。。。安曇野の『大王わさび農場』へ行かれた時に、
閉まっていて食べられなかった あの「わさび丼」の事です。

その代わりに、ワサビソフトがアップされていましたよ^^

私も書いたことは、片っ端から忘れていきます(笑)
そもそも脳は25歳を過ぎた辺りから記憶量が減ってくるそうです。

3回目の成人式を終えた私は、記憶の曖昧さとか、顔は思い出してもお名前が・・・
なんて日常茶飯事ですから、気にしたことさえ覚えていません(笑)

ソフトクリームが大好きなpiyopapaにとって、
irisさんのワサビソフトは、インパクト大でした^^
Commented by saitamanikki2008 at 2017-10-26 10:57
こんにちは。
松本、安曇野方面は、数回 訪れてますが、
まだ、いわさきちひろ美術館へは行ってませんでした。
ゆったりした敷地のようですね。
松本周辺から北アルプスなどの山並み、素晴らしいですよネ。
Commented by ☆彡異邦人 at 2017-10-27 10:27 x
☆彡 iris304 さん☆彡
いわさきちひろ美術館へは山行きの帰り、
一度行ったことがあります。
庭園から北アルプスの鹿島槍ヶ岳の雄姿が良く見えるんですよね。
窓際のトットちゃんの本もあります。ベストセラーになり話題になりましたね。
Commented by nonkonogoro at 2017-10-27 17:55
安曇野へも この美術館へも
一度訪れてみたいと思っています。

『窓際のトットちゃん』
先日本の整理をしたのですが
この本は やっぱり大切に置いておこうと
思いました。
久しぶりに読み返してみましょう。
Commented by iris304 at 2017-10-28 10:33
* piyopapaさん おはようございます。

私のおとぼけにお付き合い下さってありがとうございます。
やっぱり そうでしたね。
わさび丼はまだお試しできていません。

アイスクリームも好きですがソフトクリームも大好きです。
濃厚ソフトクリームはたまらないです。
このわさびソフトはほんのりわさびでした。

ドンドン 忘れていきます。
そうなのですね、記憶量が減っていくのですね。
それなのに 忘れるスピードはドンドン加速していきます。(つД`)ノ
残念ですが、現実です。
でも そればっかりでもないですよね。
いつまでたっても ワクワクドキドキは沢山ありますからね。
Commented by iris304 at 2017-10-28 10:39
* saitamanikki2008さん こんにちは^^

私は初めて訪れたのですが 素晴らしいロケーションでした。
遠くの山並みも美しくゆったりとした敷地の中で 
ちひろさんの思いのこもった愛情たっぷりの美術館でした。
のんびり一日ピクニック気分で出かけるといいと思います。
庭だけでも素晴らしいですから。
Commented by iris304 at 2017-10-28 10:44
*異邦人さん こんにちは♪

何度も松本へいらしてる異邦人さん、ここへも当然いらした事ありますよね。
庭から望むアルプスの山並みがとても美しく
ゆったりした景色は心に刻まれています。

窓際のトットちゃん、もう一度手にとってご覧になって下さいね。
Commented by iris304 at 2017-10-28 10:53
*のんさん こんにちは^^

ぜひぜひ、松本へいらした折には
こちらにもお出かけになって下さい。

ちひろさんの生い立ちやエピソード、とても興味深かったです。

窓際のトットちゃんは
読む人のどなたの心にも一条の灯りをともしてくれるような気がします。
大切な一冊です。
読書の秋、もう一度開いてみて下さいね。
Commented by tawrajyennu at 2017-10-28 10:57
こんにちは♪

窓際のトットちゃん、確か買って読んだのに、本がどこにも見当たりません(悲)
こんな教育をする学校があったんだと思ったものです。
丁度、初めての子どもが出来た時で、こんな学校で学ばせられたらいいなあ・・・って真剣に考えたことがありましたっけ。
挿絵はいわさきちひろさんが描いてらしたんですね。
安曇野の美術館は、いつか行ってみたいところの1つです。
なかなかそちら方面に行く機会がありませんが・・・
もう一度、窓際のトットちゃん読んでみたくなりました。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-10-29 10:25
こういう広々とした敷地を確保できるのも、
田舎の美術館の利点ですね。
以前、行ったことがありますが、
こんな列車、ありましたかねえ。
北アルプスの展望も楽しめ、
素敵な美術館ですよね。
Commented by iris304 at 2017-10-29 15:07
* tawrajyennuさん こんにちは^^

窓際のトットちゃん、
自由が丘へ行くとこの辺りにトモエ学園があったのだなあなんて思ったりします。
校長先生の様な大人になりたいと真剣に思っていました。

安曇野の美術館は広大な敷地にゆったりと建てられていて
心も体も解放させてくれる様に感じます。

窓際のトットちゃんをご存知なかった方も多いのでしょうが
最近、またTVの放送で脚光を浴びている様です。
脚本の大石静さんが好きで、彼女のエッセイも大好きです。
ぜひ、また手に取ってご覧になって下さいね。
Commented by iris304 at 2017-10-29 16:08
* j-garden-hirasatoさん こんにちは♪

そうですね。
都会ではビルとビルに挟まれてこんな風にはいきませんね。
この列車は新しいかもしれませんよ。
少しずつ変化しているのかもしれませんよね。

明後日松本行きます。
でも体調不良でどうなるか?困ってしまいます。
Commented by yuta at 2017-10-30 07:07 x
おはようございます
雄大な景色を望めるすてきな処ですね。
電車もあって楽しそうな処です。
Commented by doitsuwine at 2017-10-30 12:54
ここの美術館、過去に一度行ったことありますが、写真撮影禁止だったんですね。
私宅の居間に彼女の絵はがきが飾ってあるのはそのためだったんですね。
昔のことで失念してました。
展示も記憶からとんでしまっているので(職場旅行だったため)、もう一度自分でゆっくり行きたいと思います。
Commented by iris304 at 2017-10-30 21:54
* yutaさん こんばんは♪

遠く山並みを望むこの地は ゆったりと時間が流れている様な気が致しました。
また訪れて安曇野の空気を吸ってみたいです。
Commented by iris304 at 2017-10-30 22:00
* doitsuwineさん こんばんは^^

こちらの美術館いらした事がおありでしたか?
ちひろさんの生い立ちや安曇野との関わりなどが理解できて
なお一層彼女の描く子供のイラストが好きになりました。
職場の皆さんとのご旅行も また楽しかった事でしょう!
こういう美術館はやはりご家族でいらっしゃるのがいいかもしれませんね。
Commented by nikojisan at 2017-11-01 20:10
「窓際のトットちゃん」の存在は知っていますが読んだことはない!
いわさきちひろさんの絵は見たことがあります。
優しい色使いと可愛らしい子供の絵は心を和ませてくれますね・・・。

安曇野は見てみたいですけれどこの年になると出掛けることが億劫です。
見る所はいっぱいありそうです・・・・・・見たいなぁー〜〜!
Commented by iris304 at 2017-11-03 21:41
* ルーちゃん こんばんは♪

このイラストは目にした事がない方はいらしゃらないでしょうね。
優しい目元に彼女に子供に対する愛情が感じられますよね。

幾重にも重なる山並みを見上げて過ごす安曇野の暮らしは憧れますが 
たまに見るからでしょうか?
住むのと観光で訪れるのとでは見えるものが違いますからね〜
<< 立冬も過ぎて〜 オクトーバーフェスト >>