<< 今年もあの娘がやってきた・・・ 信州へ:霧の中の少女 >>

信州へ:草間彌生の世界

美ヶ原高原からは早々に降りて
市内でお蕎麦を食べて近くの『松本市美術館』へいきました。


この度文化勲章を受章した『草間彌生』さんの作品の展示が有名です。


e0295348_1416061.jpg


また草間彌生さんは2016年、日本では唯一『世界で影響力のある100人』に選ばれています。


e0295348_14152494.jpg


透き通ったガラスに大きな赤い水玉がどーん、どーんと踊るように見えます。


e0295348_14162584.jpg


e0295348_14164985.jpg


展示作品は撮影禁止なのですが
一階のエントランス他楽しい水玉模様を撮ってみました。


e0295348_14175075.jpg




e0295348_14173055.jpg


こちらは庭に通じるエリアにあります。
ゴミ箱も水玉。


e0295348_14292040.jpg


こっちはコカコーラのベンチ


e0295348_21361066.jpg





e0295348_14434295.jpg


自動販売機、右側には "yayoi kusama 2005"のサインが見えます。


e0295348_14391649.jpg


この美術館 THE 草間彌生という印象で草間彌生美術館なのかと思っていましたが
松本市美術館なので期待していた程 彼女の作品は多くありません。
もう財政的に彼女の作品を求めることは難しいようです。

少し前まで大々的な作品展 『草間彌生 魂のおきどころ』が開催されていたのですが
訪れたのは10月23日
作品展は10日で終わってしまっていて とても残念でした。




e0295348_14115996.jpg




ショップで 草間彌生さんの手ぬぐいを何本か買ってきました。
パンプキンはどこでも入手出来るのですが 水玉の方はこの松本市美術館のオリジナルです。

一枚は『手拭い男子』の息子にプレゼントしたいと思います。


e0295348_13448100.jpg


あれこれとレンズを向けていたら日が差してきて 
手拭いに当たる一筋の光が幸せ色に見えた一瞬でした。


e0295348_1493995.jpg


部屋に入る光も低く優しく いよいよ冬の始まりですね。


e0295348_13444723.jpg





e0295348_14255531.jpg


来年2月には東京でも草間彌生展が開催されます。

『我が永遠の魂』国立新美術館
2017年2月22日(水)- 5月22日(月)

ご興味がおありの方は是非 お出かけくださいね。


信州を旅している間に ハロウインも過ぎてもうアドベントがすぐそこまできています。


今年は 毎年届く『柚子』が少し早くてもう届きました。
昨日、夜中に刻んだので今日は柚子ジャムを作っています。
部屋中 爽やかな柚子の香りが満ちて暖かい一日になりました。




e0295348_14345168.jpg









夫の後輩のAさんご夫婦によると
草間彌生さんは長い不遇の時代があってとても苦しい生活をしながら
制作活動を続けていらしたそうです。

松本へは苦しい生活の中
親戚 友人知人を頼って作品を持って訪れていた様です。


Aさん:僕ね、この位の(両手で四角を作った位なので1号か2号サイズ)の彼女の作品
     幾つか持っているんですよね。
私達 :え!!今では凄い価値よね〜
Aさん :3〜400万円位みたいです。
私達 :うわ〜もっと何枚も買っておいたら良かったわね!!
Aさん:今となったらそうなんですけどね・・・・・
    みんな そう言うけど 今まで何十年もバカだのチョンだの言われてきたんですよ。僕(≧∇≦)
    こんな訳の分からないものいくつも買って!!って。(脇で奥様が苦笑い)
Aさん:それからこの位(彼の肩幅位)のも何枚持ってるんですけど、
    これはリトグラフなのでそんなに価値は高くないと思いますが それでも数千万円らしいです。

と、さらりと仰ってました。


Aさんご夫婦の住まいのお隣の80代のお祖母様
草間彌生さんの女学校だか小学校だかの同級生だそうです。
ある時 彼女から頼まれて油絵を求めたそうですがそれがなんと今では数億円の値がつくそうです。
と、こんな話が松本には沢山あるそうですよ。


彼女の芸術を 私はきちんと理解できてないと思うけれど
幼い頃から一途に向かい合うものがあって今このお歳になっても日々精進できる事
素晴らしいと思うし、心の底から羨ましいです。



e0295348_157558.jpg

[PR]
by iris304 | 2016-11-29 15:22 | 日本のあちこち | Trackback | Comments(32)
トラックバックURL : http://iris304.exblog.jp/tb/24962187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by u-tan1114 at 2016-11-29 20:22
こんばんは
草間さんの展覧会、楽しまれたようで
よかったですね^^
チューリップの作品、カラフルで形もユニークで
印象的ですね~
赤と白の水玉もインパクトがあります。
自動販売機やベンチまで同じ柄なんですね^^
不遇な時代があったとは思えないような明るく元気に
なりそうな作品、辛い時代があったからこそなのかもしれませんね。
お土産も記念になりましたね~
Commented by takeshi_kanazaw at 2016-11-29 21:04
フム・フム・・・・。
人のやらないような絵を描かないといけないな・・・。
私の絵が1億円になったら、何をしようかな・・・。
取らぬ狸の皮算用。
作家は生前には値打ちが出ないもので、死んでから認められるケースが大半だそうです。
しかし、しかし。私が死ぬと、私の絵はゴミとなるだけでしょうね・・・。
Commented by asahinahikari at 2016-11-29 23:08
こんばんは
以前テレビで紹介されていました
その時に凄い衝撃を受けたのを思い出しました
シンプルな水玉なのになんてすごすぎる迫力だと〜
良い物を見られた感動がコメントを通してわかりました
私も久しぶりに思い起こせて良かったです
ありがとうございます
Commented by umisanjin at 2016-11-29 23:21
こんばんは。 ここには、一度行ってみたいと思っております。
彼女の作品、直で見たいと、、 ^^
Commented by iris304 at 2016-11-30 01:02
* u-tan1114さん こんばんは^^

かなり衝撃的な作品が多いですよね。
外装から彼女の美術館と思って出かけたので
あまりに少なくてびっくりしました。
彼女は統合失調症という精神の病で幻覚や幻聴に苦しんでいるそうです。
アトリエで精力的に制作に励んで夜は病院に帰られるそうですよ。
今 あちこちで大きな作品展が巡回しているので
色々目に触れる機会はありそうですね。
ご紹介できて良かったです。
ありがとうございました♬
Commented by iris304 at 2016-11-30 01:09
* takeshi_kanazawさん こんばんは♪

松本の皆さんも こんなに化けるとは思ってなかったでしょうね。
どんなに大切なものでも、思い入れの強いものでも
死んだら全てゴミですよね。残念ですけれど。
全てのものは使う人がいて初めて魂が宿って生きるのだと思います。
ノーベル賞でも長生きしないとなかなかもらえないですものね。
彼女の壮絶な波乱万丈な人生の証の水玉だと思います。
コメントありがとうございました。
Commented by iris304 at 2016-11-30 01:19
*ひかりさん こんばんは♪

最近 時の人ですからね。
メディアの登場も多いですよね。
たかが赤い水玉なのに与えるインパクトがとんでもなく大きいですよね。
統合失調症という精神疾患で幻覚や幻聴を見たり苦しんでいるそうです。
そんな中から生まれた魂の水玉なのかもしれませんね。
アトリエで精力的に制作活動の後は毎日病院にお帰りになるそうです。

建物からして彼女の美術館だと思っていたので
常設の中に余りに彼女の作品が少なくてびっくりしました。
以前 竹橋の東京国立近代美術館で彼女の作品を見たことがありますが
その作品も水玉ではありませんでしたが かなり衝撃でした。
思い出して楽しんで頂けて何よりです。
ありがとうございました^^
Commented by iris304 at 2016-11-30 01:23
*海山人さん こんばんは〜

この美術館は松本市の美術館なので彼女の作品は余り多くはなかったです。
でも 庭や館内はとても楽しめると思います。

大きな作品展が巡回してますので そちらは多くの作品が
観られるかもしれません。
早く機会があるとよろしいですね。
Commented by nonshi24 at 2016-11-30 05:52
おはようございます。
何事もコツコツ、コツコツですよね。。
インパクトのある髪型や目力の凄さ、
そしてなにより斬新なデザイン。。
昔はあまり心に響かなかったのですが
最近、彼女の作品がとても可愛いと思える自分がいます。
自販機が私はツボでした~♪

手ぬぐいに差し込んだ光、
冬の優しさが溢れていますね~(*^^)v
Commented by nonkonogoro at 2016-11-30 09:19
草間さんの作品は斬新なイメージで
若い人達にも人気があるのでしょうね。
コーラのベンチ 楽しいですね。


柚子ジャム
少しだけですが 作ってみました~(^^)/

Commented by ☆彡異邦人 at 2016-11-30 09:29 x
☆彡 iris304 さん☆彡
さすが草間彌生さん、文化勲章を受章するだけあって
その芸術作品は素晴らしいですね。やはり目を奪いますよね。
手拭いなどやはりほしくなりますね。
Commented by iris304 at 2016-11-30 20:06
*かほさん こんばんは^^

私も以前は何これ??って感じでしたが
赤いパンプキンも水玉もとても素敵なデザインだと思うようになりました。
やはり彼女の想いの強さが全てのデザインに現れているように思います。
自動販売機もゴミ箱もベンチもとてもチャーミングで素敵でしたよ❤︎

日差しが長くなって季節は巡っていますね。
リビングに入る日差しにも季節を感じます。
陽だまりが恋しい季節になりましたね〜
Commented by iris304 at 2016-11-30 20:11
*のんさん こんばんは♬

以前は何となく拒否していた感があるのですが
最近はとても可愛らしいデザインだなあと思う様になりました。
パンプキンも水玉もさりげなく、それでいて確かな主張をしている様に思います。
やはり 好き嫌いのはっきりしたデザインですね。

柚は季節の贈り物ですね。
美味しいジャムができた事でしょうね〜
手ぬぐいを見ると 
のんさんが初めてコメントを下さったあの手ぬぐいの記事を思い出します。
ありがとうございます。
Commented by iris304 at 2016-11-30 20:17
*異邦人さん こんばんは♪

とてもインパクトの強い斬新なデザインが多いですよね。
この赤いパンプキンはとても可愛いです。
このパンプキンは以前から可愛いなあと思っていたのですが
水玉もとても素敵です。
限定に弱いので 水玉の手ぬぐいをお土産に買いました。
パンプキンはネットでも購入できるので・・・
満足しています。
Commented by arak_okano at 2016-11-30 21:05
赤の水玉の統一、派手かと思いますが、
これはお土産も買ってしまうと思います、
バグースです。
Commented by hogecyan at 2016-12-01 22:34
松美は去年友達が写真展をするというので
初の一人旅で行きました、、、
素敵な所ですよね^^
Commented by margueri1 at 2016-12-02 06:46
おはようございます。
わ~、一面に可愛らしい水玉模様ですね。
この空間にいるだけで、気持ちが明るくなるようなきがします。(^^)
少し時代が早かったのかもしれませんね。
この作品の良さは、現代だからこそ、好まれるのかもしれません。
素敵な展示をご紹介してくださって、ありがとうございます。m(__)m
東京での展示会が、楽しみになりました。(^^)
Commented by piyopapa07112 at 2016-12-02 11:51
こんにちは♪

草間さんの水玉作品を堪能されてきましたね^^
残念ながら草間さん!!を存じ上げておりませんでした

でも、赤い水玉模様が印象的ですね~ぇ
高価な作品って自分で持っている方が良いんでしょうか?
早く換金した方が価値を維持できるんでしょうか?

何も持っていない人間の戯言です。それにしても松本の
人は資産持ちですね(笑) 

赤い水玉の手ぬぐいに差し込む光。。。何とも言えず素敵
です^^
Commented at 2016-12-02 13:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marinariko64 at 2016-12-02 16:30
わぁ〜 草間弥生さんの 展覧会 観られたのですね。
私も、観たいなーと思っています。
札幌でも開催されないかしらと思います。
来年の東京 惹かれますね・・・
Commented by nyanko4116 at 2016-12-02 21:47
2月に草間彌生展あるんですね!!
これは絶対行かなくちゃです^^
コカ・コーラのベンチとゴミ箱と自販機、
なんて可愛いんでしょう♪
コカ・コーラの赤は、なるほど草間さんの赤色ですね。

松本美術館、いつか訪れてみたいです♪
Commented by arujue at 2016-12-02 23:06
こんばんは☆
松本美術館、大分以前に行きましたが、水玉が正面入り口や階段にまで増殖してる気がします。。
そんなに期待して行ったわけでもなかったのですけど、実際にあの鏡の部屋などみるとインパクト強くて・・本当に、水玉かぼちゃも可愛いと思えるから不思議ですよね^^
草間さんは、精力的に仕事をした後病院に戻るんですね。そんなギリギリのところで制作されてるから、印象がずっと残るんでしょうか・・
現在の松本美術館を見せていただいて、また行きたくなりました。

柚子ジャム、いいですよね。作ってみたいです。
Commented by iris304 at 2016-12-02 23:25
*アラックさん こんばんは〜

今の時代にあって不思議に魅力を感じる赤い水玉ですね。
つい手ぬぐい オリジナルなので買ってしまいました。
持っていると何だか楽しくなりますよ。
Commented by iris304 at 2016-12-02 23:29
* hogecyanさん こんばんは^^

松美??一瞬なんだか理解できなかったです。
初のお一人旅でいらしたのですね。
草間彌生さんの作品は思ったより少なくて驚きましたが
楽しい美術館でした。

初の松本市美術館のお話聞かせて頂いてありがとうございました。
Commented by iris304 at 2016-12-02 23:47
* margueri1さん こんばんは♬

本当にそう思います。
彼女の作品が理解されるのは 今の時代だからでしょうね。
長生きされて良かったですね。
芸術は時代と共に評価が変わっていく生き物ですね。
彼女の魂の叫びが今、
皆さんの心に届いて大きな畝りとなって命が吹き込まれていく様ですね。
精力的に今も制作に打ち込まれていらっしゃる事
素晴らしいと思います。
来年の東京での開催 楽しみですね。❤︎
Commented by iris304 at 2016-12-03 00:09
* piyopapaさん こんばんは^^

ふふふ 今となっては化けたお宝ですね。

二つ持っていて一つは換金して 
もう一つは手元に置いておくのがいい!!とか聞いた事がありますが、
実際持っていたら 庶民は手放せなくて
どんな高い芸術も人目に触れずにこれこそ宝の持ち腐れ。
竹橋の東京国立近代美術館の作品の多くは確か石橋コレクション??とか。
ご寄付できる様だといいのですが、
そんな方が世の中にはいらっしゃるのねえ〜です。

手拭いのフォト お誉め頂いてありがとうございます。
嬉しいです。
久しぶりにカメラを手にしました(≧∀≦)
私のカメラも宝の持ち腐れ、泣いてますね・・きっと。
Commented by iris304 at 2016-12-03 00:10
*鍵コメさん こんばんは^^

そちらへ参りますね。
もう少しお待ちになってくださいね。
Commented by iris304 at 2016-12-03 00:21
* marinarikoさん こんばんは^^

松本市美術館は草間彌生さんの美術館だと思ってました。
展示会は終わっていて常設のものは余り多くなかったです。
東京での開催「我が永遠の魂」どんなものになるのでしょうね。
楽しみです。

いつか札幌でも開催荒れるといいですね。
Commented by iris304 at 2016-12-03 00:26
* nyankoさん こんばんは♪

赤がいい赤ですよね。
パンプキンも水玉もとても可愛かったです。
展示よりゴミ箱やベンチの方に気を取られてしまいました。

ぜひ、松本市美術館いらして下さいね。

来年の開催、楽しみですね。
「我が永遠の魂」期待しましょ!!
Commented by iris304 at 2016-12-03 00:35
* arujueさん こんばんは♬

HPを見ると建物の白いところに水玉なかったですよね。
不思議に現代にマッチした斬新なデザインですよね。
本当に魂を込めて制作に励んでいらっしゃるのでしょうか?
身を削って作品に命を吹き込んでいるいるのですね。

今の美術館 ご紹介できて良かったです。
お近くなのですよね。
またお出かけくださいね。

柚子ジャムできました。
近いうちにupしたいと思います。
ご覧になって下さったら嬉しいです。
コメントありがとうございました❤︎
Commented by daisuke-davidson at 2016-12-03 12:16
この人のは作品でこの人!とわかりますよね♪
行ってみたいです。行きたくなりました
Commented by iris304 at 2016-12-04 15:12
* daisuke-davidsonさん こんにちは

ど迫力、かなり衝撃的な作品ですが
今の時代にはとってもチャーミングに見えますね。
ぜひ、ご覧になって下さいね。
見ることが出来るといいですね〜
<< 今年もあの娘がやってきた・・・ 信州へ:霧の中の少女 >>