<< 今年も春サラダ〜 春はお口から〜 >>

小さな出逢い

この時

花桃の丘でちょっと素敵??な出会いがありました。
ちょっと退屈かもしれませんので、さらっと流してくださいね。


桃の木の足元に咲いていた小さな花


e0295348_10351313.jpg




e0295348_10344971.jpg


桃の木に寄って花弁をパチリパチリしていると後方から

立派なカメラをお持ちですね〜Canonですね・・・・
(そう、私にはもったいない位の、確かに立派なカメラをお持ちでした。はい!(^_−)−☆)


そして続けて


私も以前はCanonの◯◇⬜︎を使っていたけどもう処分してしまって。。。
数えで今年もう96になりますから・・


ええええええ、96歳(もしかして大正生まれ?)  
びっくりしてその時初めてその方の方を向きました。
小柄な男性でニコニして私の方をご覧になっていました。

96歳だなんて そんな風にはお見かけしませんしお元気ですね。
今日はお散歩ですか?
あそこまで登ると向こうの斜面の桃の花が綺麗ですよね

いえいえ、いつもこの辺りまでで、あそこまでは私はもうよう行けません 

それではご一緒しましょうか?

と腕をお取りしました。
今ここでお会いしたばかりですが ためらう事なく自然にそんな行動に出たのが不思議でしたが。


嬉しいですね、こんなお若い方にこうして連れて行って頂くなんて・・・・

え、お若い?まあ 96歳と比べたら半分とは言わないけれど確かに若い
これから そこまで生きる事を思うとぞーっとするほど先は長いですけれど・・・
一番高い所まで行って 
ひとしきり桃畑を眺めて引き返してくる道すがら色々お話してくださいました。

私は大東亜戦争でね。。。

は?大東亜戦争???ぽかあ〜ん。

バリ島に行っててね。。。
(あれ、太平洋戦争?世界大戦?って言っていたんだったかな?)

色々お話してくださったけれど
聞いてからまだいく日も経ってないのに 私はもう正確には覚えてない・・・
それなのに何十年も前の話を鮮明に覚えていらして
昨日のことの様にお話になるのです。

何だか余りに遠く何処かへおき忘れてしまったような
歴史の教科書でしか知らないようなことを実によく覚えていらして
ただ相槌を打つしか脳がない私。


このお近くにお住まいでいらっしゃいますか?

あの◯◯◯ヴィレッジの101号室に住んでいます。

大体の場所はわかりました。

では途中までご一緒しましょうね。

話し方が優しくて余り馴染みがない言葉 

ご出身もこちらでいらっしゃいますか?

いえいえ愛媛なんですわ。

え、愛媛?

そう愛媛の松山です。

まあそうでしたか?よろしいですね、行ってみたいです。愛媛。

もう、のんびりしてますよ、いい所ですよ。

それではお若い頃、愛媛から出ていらしてず〜とこちらにお住まいなのですね。

いえいえ 少し前に出て来たんですわ
息子は医者なんですけどね。
息子がね心配して出てこい!っていうものですからね。

まあ、よくご決心なさっておいでになりましたね
お偉いですね。
息子さんもご心配ですものね、良かったですね。
ご一緒でしたら安心ですものね。


いや、私は一人で気楽にやってます。

え、折角田舎から出ていらしたのにお一人でお住まいなのですか?

急に一緒に暮らしても互いに気を使うしね。。。
嫁さんにも世話かけるしね
ご飯も作りますし、何でもやります。
天ぷらだってあげるし、味噌汁も作ってますわ

(はあ・・・・最近私は一人なのをいいことにお味噌汁も作らない事もあって、
そんな時はたまにアマノフーズなんぞにお世話になったりしています。)

まあ何でもご自分でなさって だからこうしてお元気でいらっしゃるのですね。
息子さんはどちらの病院にお勤めでいらっしゃいますか?


日赤で専門は血液なんですわ・・・(広尾かしら?)
なんでも論文が認められてあのハーバードから声がかかって しばらく行っとったんですわ。

まあ ご優秀な息子さんで親孝行でいらっしゃいますね。
それでは安心ですね。いつもお医者様がそばにいて下さって。。。。

ちょっと好奇心が働いたので

息子さんは東京の大学へいらしていたのですね?(暗に東大医学部?とお聞きしたつもり)

いや、それがね年取ってからの子だったから
東京はあかん遠くはあかん言うて岡山大学だったんです〜
息子は東大行きたい言いよったけれどあかんいうて岡山やったんですけど
ずーとブツブツ言ってましたが
ハーバード行って最近やっと治ったんです〜。


と、こんな感じで
大通りまで降りてきました。

それではお気をつけてお帰りくださいね。
どうぞお元気でいらして下さい。
もう お会いできないかもしれませんがお話しできて楽しかったです。
ありがとうございました。


もう帰る時間ですか?

はい、もう十分桃のお花見もできましたから帰ろうと思います。

もう今日は時間がありませんか?

特に予定はありませんけどそろそろ帰ります。

それなら 私とこでお茶でもどうですか?
コーヒーでも入れますから。どうですか?


え、、、、
もしかしてこれってナンパ?
私 ナンパ???されちゃったの?

90歳過ぎて一人故郷から出て来て
こうして今出会ったばかりの都会のおばさんである私にお茶でも??
なんてさりげなくお誘いしちゃうこの男性

うーんあっぱれです。


e0295348_10381490.jpg








父は私たちが帰国した翌々日に
孫と娘の顔を見て安心したのかあっという間に旅立ってしまいました。
12年になります。

父にこちらへ出てきて欲しい!と言っても
あの故郷を海を離れて出てくる勇気は彼にはなかったと思います。

その父が存命でもまだ80代半ば この男性の歳まで生きるにはまだ10年もあります。
90歳過ぎて住み慣れた故郷を後にしてどんなにかお寂しい事かと想像すると 
少しはお話相手になれたのかな?とは思います。

この方の生きる力、新しい世界に踏み出していく勇気
見習いたいなって思いました。




e0295348_18183983.gif

[PR]
by iris304 | 2017-03-30 10:40 | 日々のこと | Trackback | Comments(28)
トラックバックURL : http://iris304.exblog.jp/tb/25617184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-03-30 11:59
今日も可愛い花をありがとうございます。元気なお爺様に逢いましたね。私の父は最後の兵隊で大陸に行きましたか、シベリアへ抑留されました。お爺様は、バリ島だったので、太平洋戦争ではなくて、大東亜戦争と、言われたのですね。お爺様の元気は、あっぱれですが、バリ島なので、バグースです。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-03-30 16:19
サラ~と読ませてもらいました。
面白かったですよ。
田舎から出てきたオジイサン。
環境が変わると体調を崩すから、気を付けなきゃ。
時々は話し相手が必要です。
Commented by sternenlied2 at 2017-03-30 17:29
うふふ、微笑ましい出会いでしたね!
96歳でこんなにシャンとされてるなんて
これまでの生き方が現れているようですね。

この小さなお花はハナニラじゃないですか?
Commented by makemeup_451248 at 2017-03-30 17:52
こんにちは。サラリと面白かったですよ。

irisさんの受け応えが心地よかったのでしょうね。
おじいちゃまにとってもその日は、心弾む春の一日になったことでしょうね。

85歳の父もほとんど一人でいますが、電話をかけてきては「日本語を忘れそうだ」と言ってますので、ナンパを勧めるのもいいかもしれませんね。

人生を味わいつくしたオトナのナンパはトキメキよりほっこりですね^ ^

考えてみると歳を重ねるってすごいですよね。
倍⁇近い年の差の女性をお茶に誘うって…
50歳だったら20代前半…30代だったら中学生⁉︎…考えない方が良かったですね、失礼しました(^_^;)



Commented by u-tan1114 at 2017-03-30 19:36
素敵な出会いでしたね^^
96歳だなんて四捨五入したら100歳
大東亜戦争に行かれていたのですか。
私が聞いてもぽかんだったと思います^^
凄い経験をされてきたんでしょうね。
お一人で生活されているなんて、
それも男性で、凄いです。
ご近所にIrisさんのような方がいて
お話できて、嬉しかったのでしょうね~
お茶はどうされたのですか?^^
引っ越されたばかりで心細かったり、
お寂しのでしょうね。
こういう方を地域でサポートできるといいですよね。
Commented by iris304 at 2017-03-30 21:48
*アラックさん こんばんは^^

お父様、シベリアへ抑留されていらしたなんて大変でしたね。
お元気そうでしたが寂しいのだろうなあと思いました。
でも、自立というのが
やはり元気の源かなとも思います。
お読み頂いてありがとうございます。
Commented by iris304 at 2017-03-30 21:52
* takeshi_kanazawさん こんばんは♬

誰も知っている人もいない所によく出ていらしたなあと
思うと何だか父と重ねて涙が出そうになりました。
少しでもお話相手になったのなら
よかったなと思っています。
Commented by iris304 at 2017-03-30 21:55
* sternenlied2さん こんばんは♬

本当に96歳の方にお会いしたことがなかったので
比較ができないですし、
父は70代前半で亡くなりましたが
同じ位に見えました。
とにかく、記憶が鮮明で驚きました。
コメントありがとうございました。
Commented by iris304 at 2017-03-30 22:03
* makemeup_451248さん こんばんは〜☆

やはり、人との関わりが大切ですよね。
そういう意味ではこの方は 
馴染みのない所でも臆することなく外に出て
きっとお若い時から社交的だったのかしら?と思いました。

もうこの歳になると70も80も一緒なんて思うことがありますが
やはり全く違いますよね。
両親は70代で亡くなってしまったので
それまでしかメージが出来ないと言うのが正直な所です。

ほっこりしていただけましたか?
余りご興味もなくつまらないと思ったのですが
私には父と重ねてとても印象に残る出来事でした。
ご覧頂いてありがとうございました♪
Commented by iris304 at 2017-03-30 22:14
* u-tan1114さん こんばんは^^

セーラー服をお召しになったセピア色の写真を持っていらして
見せて下さいました。
青年期をこんな争いの時代に過ごされた方と話をした事がなかったので
ちょっとびっくりしました。
この方達がお亡くなりになったら もうそんな時代をご存知の方が
いなくなってしまうのだと思ったら
もっときちんと話を聞いておくべきなだなっと思いましたが、
そう言う方も少ないですよね。

少しはお話相手になってお役に立てたのだったら嬉しいです。
ご覧頂いてありがとうございます。
Commented by umisanjin at 2017-03-31 00:03
こんばんは。 おぉ、、この手があったか~ ^^;
なんて、ね!(笑) ナンパされましたね、、、
しかし、心温まる光景が、広がってきました。
96歳、、、ん、生きられるかな、、
Commented by mikarose at 2017-03-31 01:58
iris さん

(´∀`*)ウフフ
ナンパされちゃいましたか~。
ブログをしていない読むだけ会員のお友達から
irisさんの読んで!面白いよ!!って連絡がありました。

iriさんと松山弁のおじいさんを想像しながら
読ませていただきました。
なんだかホッコリですね。

義父も大正生まれですが、今退院に向けて試験外出の毎日です。
午前中に迎えに行き、お夕飯までに連れて帰るのですが
もちろん一人では歩けず、ずっと腕を組んで、片手はズボンの後ろをしっかりとつかみ、密着して歩いています。
今日は家でランチをした後、カフェでお茶したんです。
昔は、手を出そうものなら払いのけてた私のてを
しっかり握るんです。
主人ともこんなに密着したことないのにってくらいいつもくっついています。

irisさん、このご老人、またirisさんにお会いできるかも?と思って、花桃の丘で待たれているかも知れませんよ♡(´∀`)
Commented by atranze at 2017-03-31 09:46
☆彡 iris304 さん☆彡
いいお話ですね。赤川次郎作家の会話小説を読んでいるかの如く、素晴らしい話ですね。
時代錯覚というか歴史の一部分を超えて現実が蘇った話ですね。
96歳で、歩いて丘へ登るとはすごいことですよね。
昔60のお爺さんという歌もありますが、96歳ですからね。
同級生や友人は多分もう亡くなっているでしょうね。
誰もいない、そして若かりし頃の友人のようにiris304さんと話せたことがよほど嬉しかったんだと思います。
iris304さんの事は、少年時代の良き思い出と同じように残ると思いますよ。
Commented by marinariko64 at 2017-03-31 11:24
こんにちは。
とてもほのぼのと,良いお話きかせていただきました。
そのお爺さま、とても嬉しかったでしょうね〜。
ずーと若い女性に 腕を組んでもらうなんて
生まれて初めての経験だったかもしれませんね!
お優しい irisさん
素敵な出会いでしたね〜 (^o^☆♪
Commented by iris304 at 2017-03-31 23:03
*海山人さん こんばんは〜☆

96年て大変な時間ですよね。
80年前の事を鮮明に覚えていらして
それを人にきちんと語ることが出来るって凄い!!
ただそれだけです。
Commented by fsnoteak at 2017-04-01 04:59
ほっこりとするお喋り。
懸命に生きられ、鮮明に覚えていらっしゃる大変な時代のお話を
じっと聞いてくださるirisさんの優しさに、
そのご老人にはとても楽しく充実されたひと時だったでしょうね。
お別れするのが名残惜しく、ナンパされるお気持ちがわかります~(* ´艸`)
安心して、何時までもお元気で過ごされて欲しいものですね。
Commented by iris304 at 2017-04-01 07:28
* mikaroseさん おはようございます。

まあ、お友達もご覧下さっているのですね。
これからもどうぞよろしく!とお伝えくださいね(^_−)−☆

ご義父さま
腕をとってズボンの後ろをしっかり掴むって難しくないですか?
向かい合って進むってことでしょうか?
大変でしょうが貴重な時間だと思います。

母もケアサービスを利用していましたが
しがみついてしまうらしく身体の自由が効かなくなってからは
”◯◯さん、そこは肉だから掴まないでね!!”なんて言われていました。
施設にお世話になってからは、安心したのか
全く何もする気力を見せず、あっという間に車椅子になってしまいました。
本当に坂道を転げ落ちるように・・・です。
妹と二人でやっても車椅子やベットに上手く座らせてあげる事が出来なかったのに
腰だけは痛くなって、本当に情けないです。

お義父さま もうmikaroseさんなしでは暮らせないですね。
身も心もmikaroseさんに預けて安心していらっしゃるのでしょうね〜
腰気をつけてくださいね。
膝も痛いっておっしゃてましたものね。

Commented by iris304 at 2017-04-01 07:32
*異邦人さん おはようございます♬

そうですね、確かに故郷にいても
お知り合いも友人も皆、あちらへ行ってしまっているでしょうね。

身体もお丈夫で、もともと好奇心が強くて
社交的な方だったのかしら?と思いますが
彼にとっては戦時中が壮年期、人生の中で最も輝いていた時期なのかしら?
とも思っています。
もう80年近くも前の話ですからね。
又お会いしたら、いろいろなお話お聞きしたいと思いますが
覚えていてくださるかしら?って感じです。
Commented by iris304 at 2017-04-01 07:36
* marinarikoさん おはようございます。

ラジオ定期便、
落合恵子の絵本の時間を聞いています。
冷たい雨です。
のんびりしたいのに、今日は8時から管理組合の打ち合わせがあります(;_;)

不思議な出会いでした。
よく出ていらしたなあと思うと父母と重なって
掘っておけませんでした〜

この新しい土地で
息子さん家族に囲まれてお幸せに暮らして欲しいなあと願っています。
Commented by iris304 at 2017-04-01 07:39
*fさん おはようございます♪

今日は雨振りです。
桜も冷たそうですね〜

大変な時代を生き抜いて今があるのですよね。
彼らのご苦労と耐え難い苦しみの上に
私たちの平和な時代があるのかと思うと
残された時間をお幸せに穏やかに暮らして欲しいなあと心から思いました。
ご覧いただいてありがとうございました^^
Commented by nonshi24 at 2017-04-02 08:08
おはようございます。
素敵な一期一会でしたね~。
花とカメラで繋がれたご縁・・
出会うべきして出会ったのかも☆
おじいさまもきっと嬉しかったのでしょうね。

花好き同士、その方とまたどこかでお会いできるかもしれませんね。
素敵なお話にほっこりしました♪
Commented by j-garden-hirasato at 2017-04-02 08:16
素敵な出会いがありましたね。
96歳で一人暮らし。
ちゃんと自分で身の回りのこともこなす。
スゴイです。
そういう年寄りになりたいものです。
Commented by nonkonogoro at 2017-04-03 08:57
高齢でお元気な方と出会うと
こちらまで 楽しい気分になれますね。

その男性は
自分よりかなり若い女性とお話できて
とても幸せなひとときを過ごせて
思い出に残る1日になったことでしょうね。

私も先日
アーモンドの花を撮影していたら
カメラおじさんに 話しかけられましたよ~
私の場合は ひとことで 終了の会話でしたけど(笑)
Commented by sacromonster at 2017-04-03 23:16
とても良いお話を聞かせて頂き、胸がジ~~ンとしてしまいました。四国から知らない土地に出ていらして一人暮らしをされておられる
ご老人、、本当にお偉いと思いますが
きっと強い孤独感に襲われることもお有りなのではないでしょうか?そんな時iris様と出会い
一緒にお花を愛で昔の戦争の苦労話も聞いてもらえてどんなにか喜ばれたことでしょう。
そのお礼の気持ちに、コーヒーの一杯も
差し上げたいと思われたに違いありません。
戦争の事は絶対に忘れられない苦しい経験で毎日、命がけで生きていらしたのですからこれは
死ぬまで鮮明に残るのだと思います。私たちの世代は多かれ少なかれ忘れたくても忘れられぬ暗い毎日いつ殺されるか分からぬ日々を送ったのですから。
戦争は国家の命令による大量殺人です。
二度と戦争はしてはいけないのです。
Commented by iris304 at 2017-04-04 00:00
*かほさん こんばんは〜☆

カメラに夢中になっていた私にお声をかけて下さったこの方の話に
生きてきた時間の長さと厳しさを思いました。
近くの立派なシダレサクラを教えて下さいました。
ソメイヨシノが終わる頃 また見に行こうと思います。
もしかしたら 今度は桜の下で
またお会いできるかも?
ありがとうございました^^
Commented by iris304 at 2017-04-04 00:12
* j-garden-hirasatoさん こんばんは♬

思いもかけない話がお聞きして色々考えさせられました。
生きるということ、生きていくということは
強くて悲しくて愛おしいものだなって思います。

春の花の時期になると忘れられない思い出になりそうです。
ありがとうございました^^
Commented by iris304 at 2017-04-04 00:17
*のんさん こんばんは♪

本当にお元気で驚きました。
何でもご自分でなさるのが健康の秘訣だとも?
家事ってクリエイティブで頭の体操には何よりだそうです。

又、お会いする事はもうないと思いますが・・・
今度お会いできたら、又色々な話をお聞きしたいと思います。
はい、エネルギーをチャージして貰った様な気分です。
Commented by iris304 at 2017-04-04 00:26
* sacromonsterさん こんばんは〜☆

実は戦地へ行かれていた方の話を直接伺ったのは初めてです。
父は昭和一桁生まれで戦地へ行く様な年齢ではなかったので。
毎日命がけで行きて来た戦争中の事 私たちはもっともっときちんと
知らないといけないのだと改めて思いました。
”戦争は国家の命令による大量殺人です。
二度と戦争はしてはいけないのです。”
決して忘れず、子供達にもそのまた子供達にも
しっかり伝え続けようと思います。
ありがとうございました^^
<< 今年も春サラダ〜 春はお口から〜 >>