<< 初夏のティータイム あなたはどの辺り? >>

MY ETERNAL SOUL TOKYO 2017 草間彌生

億万光年の宇宙の彼方の果てまでも 私の芸術で埋め尽くしたい!

と心を燃やす草間彌生さん

全身全霊を傾けて制作を続ける彼女の生きる世界は
私のいるこの世界とは違うのかなと感じます。


『我が永遠の

国立新美術館で開催されています。

e0295348_22274911.jpg



e0295348_222848.jpg


2月から開催されているこの企画も いよいよ残す所 一週間となり
とんでもない混み様に驚くばかりです。

カフェの奥 窓際に見える方々は入場待ちの列です。
一時、最後尾は外まで伸びていました。

それでも上野での開催の企画等と比べると比較にならない様に思います。


e0295348_22403562.jpg


このフロアだけ撮影が出来ます。
が、スマートフォン、携帯での撮影のみ
大きなカメラ、動画はお断りしております!とのことでした。

会場内
皆さん、スマートフォンで作品の前で記念撮影していましたよ。


e0295348_22284642.jpg



e0295348_22502059.jpg



e0295348_2229853.jpg



e0295348_22531879.jpg



e0295348_2253333.jpg



展示を見た後のお楽しみ
色とりどりのシールを貼って草間彌生ワールドを楽しむことができます。
チケットの半券を見せてシールをもらい 好きな所にペタペタ貼ります。


e0295348_22292758.jpg


ライトや天井まで貼られています。背が高い人が貼ったのでしょうね〜
 

e0295348_22293915.jpg


シールの台紙は出口で回収なので お持ち帰りはできません。
全部貼って 台紙を係りの方に渡さないといけないのでが・・・・
私の前に出たおばさんが ”あら、どこかにやっちゃって分からなくなっちゃたわ・・・・”
とシレッとして仰って 係の若い女性を困らせておりました ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



会期 2017年2月22日(水)- 5月22日(月)
開館時間10:00 - 18:00 金曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
国立新美術館 企画展示室1E【東京・六本木】
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2 
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)




e0295348_9304734.gif








これ 旅行バックですが

e0295348_9284545.jpg


この時の彼に 
華やかですね
草間彌生さんの世界に通じるものを感じますね〜
なんて言われちゃいました。

これ NYのセレブママ達のママバックとして人気に火がついたそうです。
昨年シカゴでお土産に買ったものですが なんとなく自分で使い始めています。
布ですし、防水もないので元々お安いのですが シカゴでは半額くらいでした。


Vera Bradley
年に何度かデザインが変わり どんどん新しい柄が発表されます。

どこか百貨店に入っている様です。


e0295348_9474065.gif

[PR]
by iris304 | 2017-05-16 09:48 | 日々のこと | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://iris304.exblog.jp/tb/25775674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fsnoteak at 2017-05-16 10:29
この方、アートも凄ければ、情熱も凄いですね。
お恥ずかしながら、私は草間彌生の存在を約5年ほど前に知ったばかり;
しかも松本出身だったなんて!
一度金沢で作品を拝見しましたが、熱いものが伝わってきました。
開催期間終盤も沢山の人が見に来られるって凄いですね。
シールを張る、楽しいおまけ付き。^^
これは楽しそうです。思い出にもなりますよね。
今度機会があれば、ゆっくり見にいきたくなりました。
そう言えば、先日D.C.でも展示会が開催されていたようです。
帰りに知ったのでチャンスを逃しました;
Commented by ☆彡異邦人 at 2017-05-16 11:01 x
☆彡 iris304 さん☆彡
☆彡異邦人も2度ほど行った事がありますが、
国立新美術館は、結構素晴らしいものを展示するんですよね。
ですからいつも混雑しているようですね。
草間彌生さんのエネルギッシュな作品見てみたいです。

Commented by umi_bari at 2017-05-16 13:54
草間先生、岡本大先生以来の鬼才ですね、凄いですね、バグースです。アラックの凡人には全く追い付けない世界です。
Commented by marinariko64 at 2017-05-16 17:01
こんにちは〜
とても行きたかったのですが、代わりに娘に観て来てもらい 様子や感想など
きかせてもらいましたが、irisさんの記事の方が、詳しかったです。(^-^)
今回は、無理でしたが 是非 草間さんの作品 観たいですね〜。(^o^)/* 
Commented by iris304 at 2017-05-16 18:42
*fさん こんばんは^^

そう、松本出身ですね。
長い不遇の時代を乗り越えて今、やっと花開いというか
こう言う前衛芸術も認められる様になったのでしょうね。

好き嫌いは別にして その迫力に圧倒されます。

あちこちで企画展が開催されている様ですので
またどこかで見る機会があるといいですね。
Commented by u-tan1114 at 2017-05-16 18:44
こんばんは
先日私も国立新美術館に行った時に
草間さんの展覧会もやっていました。
でもミュシャの方を見ましたが^^
鮮やかな色彩とデザイン、草間さんじゃないと
表現できないアートですね。
一度見たら忘れられないインパクトです。
入口を入るまでの木々も草間さんでしたね~
Commented by iris304 at 2017-05-16 18:48
*異邦人さん こんにちは♪

同時にミシャ展も開催されていました。
駅直結なので便利でいいなあと思います。

圧倒される色使いが若者にも人気の様ですね。
今の時代を同じく生きていらっしゃる方の作品展なので
なんだか不思議な思いがします。
Commented by iris304 at 2017-05-16 18:50
*アラックさん こんばんは♫

芸術の世界はなかなか理解できないことが多いですよね。
圧倒されました。
Commented by iris304 at 2017-05-16 18:53
* marinarikoさん こんばんは^^

長い開催期間だったのに結局 終わる間際に
滑り込みました。
友人を誘ったけれど、私はちょっと無理!と断られました。
評価ははっきりわかれますね。
いつか 機会があるとよろしいですね。
Commented by iris304 at 2017-05-16 18:57
* u-tan1114さん こんばんは♫

ちょっと理解しがたい不思議な空間でした。
何を彼女をあれほどまでに衝き動かすのか・・・・
最初にイメージして考えて書くのではなく
書いている内にどんどん描きたくなって寝るのも忘れて書いてしまうそうですよ。

今、やっと彼女の世界観が受け入れられる時代が来たのでしょうね。
ミシャ展もよろしいですね。
お楽しみになれましたか?
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-05-16 20:27
そうですね、この人は全然異邦人ですね。
よく判りません・・。 
理解できない人もいるというコメントで、スミマセン。
Commented by kei-kana38 at 2017-05-16 23:45
こんばんは。
私も3月に行ってきました。
草間さんのエネルギーに圧倒されました。
最後のシール、楽しい企画でしたね。
Commented by margueri1 at 2017-05-17 07:38
おはようございます。
あいりすさんが、以前に、草間彌生の展示が、
東京であるという情報を載せてくださっていて、
是非、行きたいと思っていましたので、
私も行って来ましたよ。(^^)
おかげで、素晴らしい作品の数々を楽しむことができました。
ありがとうございます。m(__)m
草間彌生ワールドを体験できる企画になっていて、
エキサイティングでした。(^^)
Commented by iris304 at 2017-05-17 08:01
* takeshi_kanazawさん こんにちは♫

皆さん、理解していると言うのではなく
楽しんでいるのでしょうね。
ほとんどの色が強烈なので、好みも分かれて
前衛芸術というものは そういうものなのでしょうか?
Commented by iris304 at 2017-05-17 08:05
* kei-kana38さん こんにちは^^

凄い迫力でしたね〜
どこも長い列で
展示の前にショップ入り口で並んでいる人にも驚きました。
観る前にグッツを買うのか、グッツだけを買いにいらしたのか??
でしたが・・・・
あの年齢で強い主張を持って全身洗礼で打ち込める事、ある意味羨ましいです。
Commented by iris304 at 2017-05-17 08:09
* margueri1さん こんにちは♪

まだ寒い頃からの開催で長いなあと思っていましたが
あっという間でしたね。

写真がOKのあの部屋で、皆さん楽しそうでしたし、
作品を間近でみられてその迫力に圧倒されましたよね。
あの記事で興味を持たれていらして下さったなんて嬉しいです。
ありがとうございます♫
Commented by j-garden-hirasato at 2017-05-18 06:38
行列は相変わらずだったのですね。
残り5日。
今度の土日は、
さらにでしょうか。
ショップも大行列で、
さすがに買うのは止めました。
Commented by iris304 at 2017-05-18 08:16
* j-garden-hirasatoさん こんにちは^^

程度の差はあれ 期間中は殆ど列をなしていた様ですが
それでも20分〜40分程度でしたね。
これだけ精力的に活動を続けていると作品も多いですからね・・・

ショップ並びました(^_−)−☆
Commented by wood-land at 2017-05-19 00:26
こんばんは!私も4月の初めに行ってきました^^
作品に圧倒されましたね〜
ところでチケットを買う時の列で私たち夫婦の後ろにいた
若いカップルが
「この人樹木希林だよね、名前変えてこんなこともやってるんだ」
と言っていたそうなんです。
夫から聞きました。
私はもうびっくりしてしまって。
だってお顔だって違うし、
だいいち お二人ともとても精力的に仕事をされているし
「そんなバズないじゃないの〜」と。
でも若いってそういうものなのかしら・・
あまり深くは考えてないのでしょうね。
今はもう気がついたかな〜(お二人が違う人だということ)
と思っています。
Commented by francana at 2017-05-19 00:48
草間さんは名前を知るだけでまったく疎いのですが、
88歳だとは驚きました。もっとお若いと思っていて・・・
日本の企画展は長蛇の列となることが多いのですね。
国立新美術館は、二度ほど行ったことがあって、開放感のある一階を覚えています。
ぱっと目をひくカラフルなバッグを使いこなすのは難しいですけど、さすがirisさん~
Commented by iris304 at 2017-05-19 20:29
* wood-landさん こんばんは♫

2月からで、まだまだなんて思っている内に
あっという間に時間が過ぎてしまいました。
彼女は作品が多いので これからも各地で色々なイベントが
開催されるのでしょうね。

まあ、そんな方がいるのですね。
今の若い方はなんて言葉では測れない不気味さがありますね。
検索すれば、すぐわかるこの時代に・・・
ジョークなのかしら?

彼女のエネルギーのかけらでも欲しいです。
これだけ打ち込めるものがあって羨ましい限りです。
Commented by tawrajyennu at 2017-05-20 10:34
こんにちは♪
草間彌生さんの展覧会、行かれたんですね。
とても強烈なメッセージが伝わってくる作品だと思います。
この世界は彼女しか作れない世界なんだろうな・・・
行きたかたったんですけど、東京では無理。
関西でも開催してくれたら、絶対に行くのですけど。
国立新美術館は、何回か行ったことがあります。
オルセー美術館展を見に行きました。
Commented by iris304 at 2017-05-21 15:55
* francanaさん こんにちは♪

本当に精力的に制作されていますよね。
入院していらして毎日、病院からアトリアに通って
時間を忘れるほど描き続けているそうですよ。
最初にイメージがあって描くのではなく
筆を進める程にどんどん湧いて来くるのだそうです。

これからも世界中でイベントが開催されるのでしょうね〜

国立新美術館は採光がよく開放的ですよね。
Commented by iris304 at 2017-05-21 16:00
* tawrajyennuさん こんにちは^^

これからも 色々な所でイベントの開催があるのではないでしょうか?
いずれ機会があるとよろしいですね。

彼女だけの世界 
一途に打ち込むエネルギーに圧倒されました。
国立新美術館国立新美術館、駅直通で便利ですし
開放感があっていい空間ですね。
<< 初夏のティータイム あなたはどの辺り? >>