<< 葡萄の収穫 ラインのほとりから 2017初... >>

ラインのほとりから 2017初夏 ♪ アウトバーンに乗って南へII 

翌日は朝からとてもいいお天気でした。
Tuebingenは小さな街で こじんまりしたホテルが多いのですね。

e0295348_9534765.jpg


e0295348_954162.jpg


e0295348_9543489.jpg


さて お城を目指します。
高いところから街並みを見るのが好きです❤︎


昨日歩いた旧市街を見下ろす事が出来ます。


e0295348_9555242.jpg


昨日歩いた旧市街から続く坂道を登って来ます。
この門の前にもう一つ門があって そこが城への入り口
この門の向こうが中庭になっていて ここが大学の入り口(正門)です。




e0295348_9574149.jpg



e0295348_9575910.jpg



e0295348_10402580.jpg


中庭から入り口を見たところ


e0295348_9572533.jpg


建物の右側に階段に続くアーチ型の扉が見えますが ここが教室の出入り口
まさにこのお城の中がそのまま教室として使われているようです。
ここの扉が開いているところがあって 中の授業の様子(学生の姿、足元など)が見えたのですが
さすがにパチリパチリするのは不謹慎なので写真はありません。



e0295348_1053976.jpg


城(大学)からの帰り道
学生はこんな通路を通って教室から教室へ移動するのですね


e0295348_11314842.jpg


私たちは 学生が入って来た入り口ではなく 裏の住宅地の方から出入りしました。


e0295348_11323360.jpg


Tuebingenを後にして 途中でマックで早めのランチ
マックのハンバーガーなど 最近は殆ど口にすることもないのですが
ドイツに来ると一度は食べたくなるMacRIBです。
日本にもこれがあったら 皆大好きになると思うんだけれど・・・・


e0295348_113960.jpg


おしゃれなMacCafeでした。

10
e0295348_1132324.jpg


テデイベアの博物館

11
e0295348_1055545.jpg


日本語の表示もあって最近はロマンテイック街道を巡る旅の工程に入っているのでしょうか? 
前々回のブログでも載せましたが 別棟にoutletショップがあって
ちょっと古いもの、お顔がほんの少しだけ可愛くないもの等 かなりお安く販売されていて
お好きな方にはお値打ちです。

12
e0295348_1145679.jpg


Rothenburg
ここはもう城壁の中です。

13
e0295348_1165452.jpg


14
e0295348_1172645.jpg


15
e0295348_1174450.jpg


ホテルもおとぎの国のようで 周りの建物と馴染んで違和感がないです。
何十年も前に泊まったことがありますが
当然ですが ギシギシなったり天井が低くてぶつかりそうになったり
増改築がなされているので 通路がガクガクと曲がっていて
たどり着くのが大変でした。
今は 非常口とかバリアフリーとか どんな工夫がなされているのでしょうか?

16
e0295348_118479.jpg


17
e0295348_11265732.jpg


18
e0295348_11251842.jpg


19
e0295348_11402413.jpg


ホテルの看板も可愛らしく下がっています。

20
e0295348_11473395.jpg


21
e0295348_1183615.jpg


日本でも有名な kaethe Wohlfart
大きなくるみ割り人形がお出迎えしてくれます。
以前は高輪と鎌倉にお店があり 何度か訪れたことがありますが
今は閉店してしまって残念です。

クリスマスの時期に銀座の松屋デパートに出店されますね。
木のオーナメント他、見て歩くのは楽しいのですがお値段がね、
小さなものなのに とても高くて そうそう手が出ません。

22
e0295348_1192371.jpg


クリスマスプレゼントを沢山積んだ自動車もとっても可愛いです。

23
e0295348_119083.jpg


24
e0295348_11292890.jpg


ローテンブルクと言ったら ここ
木組みの黄色っぽい家の手前の噴水?井戸?と城壁の塔なのですが
噴水がどこにあるのか良くわかりませんよね。( ´Д`)

25
e0295348_11281786.jpg


あんまり暑いので中世犯罪博物館へ寄って一休み
どんな罪を犯したらこんなカゴに入れられて吊られてしまうのでしょうね。
きちんと見てこなかった( ´Д`)

26
e0295348_11284620.jpg


帰る前に城壁に登りました。

27
e0295348_11105462.jpg



28
e0295348_11112723.jpg



29
e0295348_11114565.jpg


城壁のすぐそばに人々の日々の暮らしがあります。

30
e0295348_11134780.jpg


洗濯物がひらひらと気持ちよく干されていました。

31
e0295348_1291891.jpg



32
e0295348_11123529.jpg


最後に城壁を維持するために寄付を募っています。
こんな風に城壁のタイルにその印です。
この方は10メートル分 寄付されたのですね。

33
e0295348_12164624.jpg


流石に 2日で総走行距離1400キロメートルはハードでした。
もう少しゆっくり出来たらよかったのですが、翌日友人が到着するので
強行スケジュールでした。
それでも日本からのツアー旅行よりはかなりゆったりしていると思います。

のんびりネッカー川のほとりを散歩すればよかった。
ちょっと残念!!

南ドイツの旅 お付き合い下さって ありがとうございました^^



e0295348_12144155.gif













この日 城に行く前に
途中、ホーエンツォレン城が見えてちょっと安心してからの遅いランチ
村の小さなレストランという感じでしたが 笑顔の素敵なオーナー夫妻&お嬢さん
家族経営で遅くに飛び込んだ私たちの嫌な顔も見せず
心地よいおもてなしでした。

e0295348_16532414.jpg


どーんとお皿に大きなお肉
慣れているとは言え びっくりしたけれど
ランチが遅かったせいもあって どれもとても満足する美味しさでした。

e0295348_176579.jpg


e0295348_1771043.jpg


e0295348_1772232.jpg


 

この奥の黄色いのは 南の方で食べられているspätzleと言われるもの
付け合わせになっていますが パスタの様にメインで食べたりもします。

出てくるとすぐ食べ始めちゃうので 余り美味しいもののフォトはないのですが。

e0295348_178777.jpg

[PR]
by iris304 | 2017-08-05 10:23 | Deutschland | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://iris304.exblog.jp/tb/25953381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-08-05 10:37
ドイツに行けれていましたか。
古い町並みも美しいですね。
でも、
外壁は個々が違う色で、
でも、シックリと町並みに馴染んでいるのが素敵です。
行ってみたいです。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-08-05 11:07
南ドイツらしい情景が沢山見られて楽しいですね。
ウム? 何処かで見たような情景が・・・。
城壁は・・・。確かこの城壁は・・・
ローデンブルグは立ち寄ったことがあるような気がしてきました。
食べものあり、人形ありで、やはり視点が女性的ですね。
しかし、南ドイツの初夏は暑くなかったですか?
ヨーロッパの内陸の夏は結構暑いのでは。
Commented by marinariko64 at 2017-08-05 16:28
irisさん

こんにちは〜。
まるで『おとぎの国』!! と思いながら 拝見しましたら
irisさんも その表現されていて・・・
夢の世界です〜。
ヨーロッパの地図を開いてみましたが テューリンゲンとローテンブルグしか
わかりませんでしたが、「ここなのねー」なんて思いながら・・・
ドイツって広いですね〜。
お城もホテルもマックも素敵!

このページをお借りして
梅干しのコメントありがとうございます(^o^☆♪
小梅漬け いいですね!
来年小梅が見つかったら 挑戦したいですね〜。
コメント欄 娘から言われたので 又開こうと思っています。
有難うございました。(^o^)/*
Commented by tatuotoko0406 at 2017-08-05 19:03
こんにちはー
お久しぶりです。
ドイツ、良いなあ・・・   やっぱりどこか一つだけ行っていい、と言われたらドイツを選ぶでしょうね。

今スイスでは30度オーバーらしいですが、ドイツはどうでしょうか?
観光の女性の服装を見ると涼しいとは思えないですが・・・^^;

ビーナーシュニッツェル?だったかなあ・・・ 
アレを食べてみたいですね。
日本にもありますが、似て非なるものが多いですわ〜
Commented by nonkonogoro at 2017-08-06 08:11

ローテンブルクの童話の世界のような街並は
一度見てみたいと思いながらも まだ実現できていませんが
irisさんの画像から 素敵な街並のイメージが広がり
楽しんで拝見しました。

私が 初めて足を下ろした海外の土地が
ドイツ(ミュンヘン)でした。
9月初めでしたが あのひんやりした空気は
今でも覚えています。
やっぱりヨーロッパの歴史の重みを感じる風景は
いいですねえ。 暮らしにくいかもしれませんが。。。

Commented by ☆彡異邦人 at 2017-08-06 10:06 x
☆彡 iris304 さん☆彡
ロマンチック街道などは、中世の面影を残し
見るものすべてに興味が湧きますよね。
城壁や建造物にも歴史ある佇まいが残っています。
世界遺産になるのもわかりますね。
天気が良いのもまた旅を楽しくしてくれますね。
Commented by tawrajyennu at 2017-08-06 11:21
こんにちは♪
ローテンブルクの写真を懐かしく拝見いたしました。
ここは2回行ったと思っていましたが、3回訪問していました。
何度訪れてもいいなあと思ってしまいます。
時間に余裕があれば、近くのタウバー渓谷を歩いてみたいなと思ったりもしました。

お城に行く前に頂いたというランチの付け合せのspätzle、
アルザスに行った時に食べましたよ。
Commented by iris304 at 2017-08-06 13:32
* j-garden-hirasatoさん こんにちは♪

ドイツの街並みはしっとりと美しいです。
それぞれ細かい決まりがあるようです。
屋根の色、壁の色は勿論ですが
他も煩いくらい規則に基づいています。
ローテンブルグ、
ご覧いただいてありがとうございます。
Commented by iris304 at 2017-08-06 13:36
* takeshi_kanazawさん こんにちは^^

ローテンブルグは暑かったです。
まだ5月末だというのに真夏の様でへばってしまいました。
なので ローテンブルグは何度も訪れた事があるしで
なんとなく過ごしてしまって
戻ってから 今度ローテンブルグ行ったらと思っていた所があった事
思い出してがっかりしました。
写真も暑くて集中できず なんの思いもなく
ただパチパチしました。
Commented by iris304 at 2017-08-06 13:43
* marinariko64さん こんにちは♪


ドイツは本当に広域ですよね。
私たちは北の方に住んでいてオランダ、ベルギーなどに近いので
ドイツの南へ下るのはかなり遠いです。
Parisの方が近いです。

ローテンブルグは日本からの観光客の方が沢山いらっしゃいますが
この日は中国の方の方が多かったと思います。

ドイツの城はフランスのロワール川の古城群の様に優雅な佇まいではないですよね。
いかにもドイツという印象でした。

コメント欄 又オープンされるのですね。
楽しみです。
Commented by iris304 at 2017-08-06 13:50
*オレさん こんにちは♪

本当にお久しぶりでございます。
ご訪問ありがとうございます。

ドイツはフランス、イタリアと比べると地味ですが
とっても美しく、又成熟した大人の国だと思います。
ウイナーシュニツェル 美味しいですよね。
日本の方は皆 大好きですよね。
この時もシュニツェルを一つ頼みました。
ソースによって色々なシュニツェルがあります。

暑かったです。
もう真夏の様でヘロヘロになってしまいました。
今はどうかな?
何れにしても朝晩は涼しいですし、湿度が低くさらっとしているので
助かります。
Commented by iris304 at 2017-08-06 13:57
*のんさん こんにちは^^

のんさんの初外国がドイツだったなんて嬉しいですね〜
夏場でも早晩の冷んやりした空気に包まれるとやっぱり違うなあと感じます。
どんなに暑くても必ず長袖が必要ですものね。

木組みの街も沢山あって
どの街もそれぞれに童話の世界そのものだと思います。
特にローテンブルグは中世の街並みがそのまま保存されているので
街中を歩いていると不思議な感覚に陥ります。
拙い写真を並べましたが お楽しみ頂けましたら嬉しいです。
ありがとうございます。
Commented by iris304 at 2017-08-06 14:01
*異邦人さん こんにちは♪

中世の面影を残す街並み城壁を 維持し続けるのは並大抵の事ではないと思います。
色々制約があって暮らすのは大変かもしれませんが
人々の強い思いが繋がって
こうして観光客の耐えない美しい街として残されているのでしょうね。
Commented by iris304 at 2017-08-06 14:13
* tawrajyennuさん こんにちは^^

なんどもローテンブルグ他 ヨーロッパ各地
お出かけになっていらっしゃるのですね。
何十年住んでいても そう沢山色々なところへ行った事はありません。
特に私たちはオランダの国境、ベルギーに近い北の方に住んでいたので
南ドイツは遠いです。
Parisに行く方が近いですからね。

spätzleは余り好まないのですが懐かしかったです。
ドイツは 豚肉がやっぱり美味しいですね。
アルザスも木組みの美しい街ですよね。
食べ物もドイツと違って美味しいですし・・・

こっちへ行こうか悩んでお城をとりました。
Commented by yuta at 2017-08-06 21:23 x
初めまして
日本庭園的生活からきました。
前記事から見せていただきました。
ヨーロッパ全般に言えますが、
何百年も前の古い街並みが残っていて、
それが観光用の見せるだけのものではなくて、
人々が今でもそこで生活をしているというのが素晴らしいと思います。
Commented by saitamanikki2008 at 2017-08-07 12:00
こんにちは。
干し物を撮っているので、何だか 一緒にブラリ旅に同乗したような感じで古い街の表情を拝見出来ました。
ヨーロッパの古い都市は、時には頑固に見えたり、
時には、和むような道があったり、
楽しみながら拝見してます。
Commented by u-tan1114 at 2017-08-07 14:41
Irisさん、こんにちは
ドイツの旅、拝見させていただきました。
やっぱりヨーロッパは建物がいいですね~
大学も歴史がありそうですし、
街並みも素敵です!ローテンブルグはロマンチック街道
なのですね、童話の世界ですね^^
下の生地の犬を散歩させている女の子の写真、
とっても自然で可愛らしいです。
リブマック?味が違うのでしょうか。
Commented by iris304 at 2017-08-07 22:30
* yutaさん こんばんは^^

ようこそお越しくださいました。
ありがとうございます。
j-garden-hirasatoさんの所からいらして下さったのですね。
このご縁 とても嬉しく思います。

中世の街並を大切に守ってその側で当たり前に暮らす人々の日常もまた
いいなあと思いながら城壁の上から眺めていました。

時々ヨーロッパの記事upします。
又 ご覧いただけましたら嬉しいです。

ご訪問&コメント ありがとうございました^^
これからもよろしくお願いいたします。
Commented by iris304 at 2017-08-07 22:35
* saitamanikkiさん こんばんは♪

保存区域である城壁の中で暮らす人々の日常
ゴミも出れば洗濯もしますよね。

色々制約があって大変だと思いますが
その不自由さの中でも大切に守り継がれていくのは建物だけではなく
その思いも一緒ですよね。
楽しんで頂けて嬉しいです。
ありがとうございます^^
Commented by iris304 at 2017-08-07 22:41
* u-tan1114さん こんばんは♪

確かにヨーロッパは建物は魅力的ですよね。
この大学はヘッセも通ったいたのではなかったかしら?
とても古い歴史ある大学です。
日本でも姉妹校になっている学校があって日本人も結構在籍しているようですね。
多分 ドイツを訪れるツアーの行程には必ず入るコースではないかと思います。
ノイシュバンシュタイン城と一緒に!

MacRIB 豚肉にソースがなんともいえず美味しいですね。
ドイツは豚肉が美味しいので それもあるかもしれませんね。
我が家は皆大好きです。
Commented by piyopapa07112 at 2017-08-09 09:44
こんにちは♪

ローテンブルク 大好きです。。。2泊しかしたこと無いですけど(笑)
25の風景!! あの石畳がとても綺麗で、その上を ホンダのシビック
がキビキビとコーナーを回っていったCMが日本では人気でしたよ^^

ドイツの田舎の街並みって 大切に保存されつつ生活が営まれていて
素敵ですね^^
Commented by iris304 at 2017-08-09 21:57
* piyopapaさん こんばんは^^

シビックのCMありましたね。
よく覚えていませんが。
ローテンブルグだったんですね〜
今でも探したらみられるかしら?

ローテンブルグ 思い出して懐かしんで頂けましたか?
<< 葡萄の収穫 ラインのほとりから 2017初... >>