カテゴリ:世界のあちこち( 71 )

なないろの道

トランプ大統領就任以来、混乱が続くアメリカから

Chicago O'Hare空港のターミナルです。

O'Hare空港は 日本からの便は(他の国もそうかもしれない・・・・)到着と出発ロビーが違います。

なので、ここは帰国の時だけしか通らない夢の通り。

日本への出発ターミナルへの歩くエスカレーターです。


e0295348_1432545.jpg



e0295348_1434823.jpg


機内手荷物のキャリーを引きながら パチリパチリしました。


e0295348_1471611.jpg



e0295348_1442549.jpg


非日常な時間の流れの中で、身も心も解き放たれ弛緩しきった我が身を
ここで入れ替えます。
夢の様な時間と現実への架け橋レインボーストリートです。

又 明日から頑張ろう!!
また、来よう!!



e0295348_1444471.jpg



e0295348_14532.jpg


どんな風に変化するのか、彩られるのかご覧頂きたくて
同じ様なフォトを並べてしまいました。
ご覧頂いてありがとうございます。


e0295348_1452994.jpg



e0295348_1454571.jpg


日米首脳会談の為 安倍総理大臣は明日渡米されるそうですね。

フロリダの別荘で二人はゴルフをなさるとか?
それにしてもあの別荘、部屋数が120だったか130だったか?
ベルサイユ宮殿かエカテリーナ宮殿かと・・・・・
もっともベルサイユ宮殿は部屋数は700だったかしら?



e0295348_030528.gif



友人が今月でリタイアだったので
私も卒業パーティーに参加するつもりでいたのですが 色々あってやめにしました。
何だか未だインフルエンザを引きずって、病み上がり感が抜けなくて(;_;)

そんな訳でこれは昨年7月の時のものです。


一緒にお祝い出来なかったので
5月にドイツに集合することになりました。
今度は皆夫婦揃って集まります。
どうなるのか?ちょっと心配、楽しみ、色々です。


e0295348_0421795.gif


More  おまけ
[PR]
by iris304 | 2017-02-08 23:49 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(24)

杉原千畝:命のビザ

今日は気持ちのいい一日でしたね。

近くの博物館まで出かけました。


e0295348_08719.jpg



杉原千畝
第二次世界大戦中『命のビザ』を発給した外交官として有名です。
1940年のリトアニアにおいて、ナチス・ドイツの迫害により命の危険にあったユダヤ避難民などへ
大量の日本への通過ビザを発給し続け6000人もの人々を救済したといわれています。
その勇気ある人道的行為は世界的に高く評価されています。
     パンフレットより抜粋







ポーランドの首都ワルシャワから列車で3時間
歴史的遺産が数多く残るクラクフから西へ60キロメートル。
Aushwitz(ドイツ名アウシュヴィッツ)収容所があります。

その収容所が再現されていました。

〜Arbeit Macht Frei 働けば自由になれる〜


e0295348_0191070.jpg




e0295348_0192937.jpg




e0295348_0322434.jpg


リトアニアの国旗 初めて見ます。


e0295348_03241.jpg





e0295348_0202069.jpg


5年前
ワルシャワを訪れました。
その時この収容所も訪れていました。



あの時の背筋の凍る様な目の前にある現実

人の弱さと悲しさに心が震えました。

今 又私たちは同じ愚かな過ちを繰り返してしまうのでしょうか?


e0295348_0233373.jpg





e0295348_0435069.jpg





e0295348_0484671.jpg





e0295348_0231434.jpg


リトアニアの桜
2001年、杉原氏の生誕100年を記念して
リトアニアの首都ビリニュスのネリス川河畔に150本の桜が植樹されました。
あれから16年
今 青空の下、平和を求めて模索する私たちの道しるべとなって
美しく咲き誇る満開の桜が見られる様になりました。

11月27日までの開催です。
お近くの方はぜひ 足を運んでみてくださいね。

この杉原千畝さん
素敵な面差しで私たちを優しく見つめてくださっていました。


横浜歴史博物館
〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-18-1
電話 : 045-912-7777

横浜市営地下鉄センター北駅下車 徒歩5分
開館時間:9:00~17:00(券売は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)・年末年始



e0295348_1121971.gif


More   
[PR]
by iris304 | 2016-11-18 01:20 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(24)

CHICAGO滞在記2016♪ミシガン湖に遊ぶ

夕闇が迫る


静かな湖面をゆっくり進む


e0295348_994077.jpg





e0295348_9245891.jpg


More  ミシガン湖あれこれ
[PR]
by iris304 | 2016-08-31 21:59 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(34)

CHICAGO滞在記2016♪大リーグ初観戦

オリンピック三昧の熱い暑い日々が終わり、
喪失感、虚脱感が程よい疲れと共にまだ心地よく残っています。

この思いのまま 四年後東京まで持続するのは大変かな?
それとも 日に日に皆の夢と希望が膨らんで東京まで繋がるのかな?

それまでは生きていないとね!!と先日会った友人。



さて

シカゴの続きです。
Photoが多いので、さら〜とご覧くださいね。


シカゴは『シカゴ・カブス』  &  『シカゴ・ホワイトソックス』
と、二つのチームがあります。

以前、『バックヤードツアー』へ参加したことがあるのですが
野球を観戦するのは初めてです。

ナイアガラの滝で奇跡的な出会いを果たした彼ら
奥様の方が野球大好き(ご主人様はそうでもなくおつきあい)
本場大リーグの試合を全ての球場で観戦する!という壮大な計画を実行中です。

そんな彼らと一緒に私も連れて行ってもらいました。

だって、この日 
VS ニューヨークヤンキース 投げるのはマー君の予定だったんですよ。
残念ながら 翌日のナイターに延期になってしまって
本場大リーグで躍動するマー君をこの目で見ることは出来なかったのですが・・・・・


e0295348_1059759.jpg


生憎の曇り空
青空だったら緑の芝生がもっと綺麗に見えるのでしょうね。
充分綺麗ですけどね。


e0295348_950299.jpg


この日は

独立記念日(七月四日)

試合開始前に色々なイベントが行われました。


e0295348_10135565.jpg


観客席の前に並んでいるこのライダーさん達
皆星条旗を掲げて この後、球場内を回ってお祝いのパレードでした。


e0295348_10161392.jpg


やることのスケールがとにかく大きいのです。
スクリーンで見るとこんな感じで待機中


e0295348_10163284.jpg


球場の中の様子

こうして歩いていると まるで外と同じ感覚を覚えます。

流石、大リーグのスタジアム 
日本のスタジアムとは規模が違っていて私は興味津々
まるでおのぼりさん
何もかもが珍しくてキョロキョロと、ゲームの内容等全く覚えていません。


e0295348_1134028.jpg


今日は、特別な日 最大のお祭りです。
こんな大道芸人がいて楽しませてくれています。


e0295348_10385633.jpg


”July Fourth "と呼ばれるこの日 皆それぞれに気合が入っていますね。


e0295348_10553465.jpg


球場内で売られている食べ物の数々


e0295348_1057388.jpg


上の看板の右下 TEX MEX HELMET

このヘルメットが欲しくて 買ってみました。
嬉しくて 子供達にLINEを送ったら
”随分、ジャンクな物食べてるね〜どうしたの?歳を考えたほうがいいね〜”
でもこれ、下の方は野菜たっぷりで見た目程ではないですよ。
もちろん、皆んなでつついても食べきれませんでしたけれど・・・・・


e0295348_10564969.jpg


スタジアムってこんなものしかないのよね〜


e0295348_10571017.jpg


このスタジアムのある地域は 治安が良くない!と有名な所だったのですが
オバマ大統領の所縁の地という事で、近頃は観光名所の一つとなって
色々と改善されている様です。


e0295348_11261461.jpg




e0295348_11265293.jpg




e0295348_11273364.jpg




e0295348_11274817.jpg


足元に こうしてバンバン 散らかしてしまう感じって どうなのでしょうね・・・・


e0295348_1128630.jpg


スタジアムは6階位まであった様な?
何しろ大きくて なんだか東京ドーム等おもちゃの箱の様に思えました。


e0295348_10595463.jpg


エスカレーターがあって デパートの外階段の様な印象


e0295348_11123487.jpg


スタジアムから眺めた外の景色
スタジアムの周りは、車、くるま、クルマ 見えるところは全て車で埋まっていました。
パーキングのスケールが半端でなくて、当たり前ですが車社会ですね。
遠く摩天楼が霞んで見えます。


e0295348_1101260.jpg


今、日本人大リーガーが沢山活躍しているので
やはり いつか機会があったら 誰でもいいので見てみたいです。

田中投手、前田投手、ダルヴィッシュ投手、岩隈投手
今度 行く機会があるまで 怪我せずに頑張っていて欲しいです。

More   おまけ    ♪
[PR]
by iris304 | 2016-08-25 22:50 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(20)

CHICAGO滞在記2016♪ナイアガラの滝を見に行く II

ナイアガラの滝 続きです。


水量は春から初夏のピークシーズンでおよそ毎秒5,720 m³になる。
夏は毎秒2,832 m³で、90%はカナダ滝に流れ込むが、
水力発電施設に一部、人工的に流されている。
カナダ滝の上流には可動堰が設けられており、夜間の水量は日中の半分に調節されている。
観光のオフシーズンになる冬の期間も水量が毎秒1,416m³に抑えられている
アメリカ側からの眺望はほとんどが滝の背後に位置し、
滝の正面や全体を眺望できるのはカナダ側になる。
    Wikipediaより



レストランで昼食が終わり、次はカナダ滝の落下する所まで
車で案内してもらいました。


手を伸ばせば届く様な所を悠々と流れる様は 何とも不思議な光景でした。


e0295348_15371219.jpg


これが滝だと言われても
余りの水量と流量に圧倒されて言葉もなくただ水面を見つめているだけ〜
うわ〜とか、すご〜いとか
おバカな女〇〇〇や〇〇〇〇の様なコメントしか出来ないのが情けないのですが。。。。。


e0295348_1533487.jpg


日本やヨーロッパ、
昨年のヨセミテ国立公園の滝のように全景が見えたり 
チョロチョロと流れていたりすればなるほど!!って思うのですけれどね〜
本来 滝の落下するところって目にする機会がないですよね。

幅675m、落差56m、滝壺の深さ55mって この目で確かに見ても
どの位のスケールなのかが実感できない魔物の様な目の前の光景でした。


e0295348_15373446.jpg


ここは時間によって虹が見えるそうですが
昼過ぎのこの時間には 残念ながら見えませんでした。


e0295348_15381562.jpg




e0295348_15344884.jpg


こういう柵ってどうして乗りたくなるのかもしれませんが
明らかに危険だと思われるのにどうしてここに跨ったりするのか?
この流れと勢いを見たら、とても怖くてすくんでしまって 
ちょっとここに乗る気にはならないと思うのですが、
やはりお若いのでしょうね〜


e0295348_2138233.jpg




e0295348_21421115.jpg




e0295348_21461528.jpg


夜はこの滝がライトアップされます。


e0295348_15363215.jpg


以前はシカゴから日帰りツアーがあったのですが
9時前にバッファローに到着する便がユナイテッド航空の方針転換により
なくなってしまったので、前泊が必要になりました。

私たちはバッファローで泊まりましたが
ナイアガラ泊にして、夜のライトアップを楽しんだり
アメリカ滝の方まで散歩に行ったり街中を楽しんでも良かったわね〜と、
もう二度と行かないのでこの経験は生かせませんが。。。。。。
残念です。


e0295348_15351099.jpg




e0295348_15331093.jpg



e0295348_2214851.jpg


最後にもう一度 

カナダ滝
幅675m、落差56m、滝壺の深さ55m

街中の文化的な暮らしのすぐそこにあるこの大自然
なんとも不思議な感覚。

この物凄い迫力の滝の全景 空から見たらどんなかな?
高いところから ゆっくり見てみたいものです。


e0295348_224297.jpg


アメリカ滝
幅330m、落差58m
ブライダルベール滝 (右端の細く見える部分)
幅15m、落差55m、


e0295348_2242867.jpg


ナイアガラの滝 
ハイシーズンは秋だそうです。
美しい紅葉とこの青く輝く水の色のコントラスト 見てみたいです。

今回のシカゴ行き
最大のイベントだった『ナイアガラの滝』
お付き合い下さって ありがとうございました。




e0295348_9291855.jpg


More    おまけ
[PR]
by iris304 | 2016-08-03 09:39 | 世界のあちこち | Trackback

CHICAGO滞在記 2016 ♪ ナイアガラの滝を見に行く

今回の『ナイアガラの滝 日帰りツアー』

バファロー空港でNYから到着するという何やら曰くあり気なカップルと合流し
今回のツアーは4人だけ

小さなツアーだったので 待ち時間もなく割合、スムーズに進みました。

バッファロー空港から一路カナダへ向かいます。 

カナダの国境までは27㎞



ナイアガラの滝は
エリー湖からオンタリオ湖に流れるナイアガラ川にあり、
カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州とを分ける国境になっている。
カナダのトロントから南南西に120km(75mi)、
アメリカのバッファローから北北東に27km(17mi)
両国とも同名のナイアガラフォールズ市(オンタリオ州側、ニューヨーク州側)に位置する。
滝は豊富な水力資源と景観の美しさで知られる。
ナイアガラの滝はゴート島によって、カナダ側の国境を挟んだカナダ滝と
アメリカ側のアメリカ滝からなる。
アメリカ側はさらにルナ島を挟んでブライダルベール滝がある。
最終氷期(最後の氷河期)の後退期に形成され、五大湖の水流がナイアガラ崖線を経て
大西洋に流れ込む過程にある。
   Wikipediaより


左側がアメリカ滝、その脇の細い小さな滝がブライダルダルベール滝  右手奥がカナダ滝

真ん中のグリー地帯がナイアガラ川の中洲であるゴード島
この島を境にアメリカ合衆国、カナダの国境となります。
で、この島はアメリカ合衆国に属します。


e0295348_16501373.jpg


今回はカナダ側から
滝のすぐそばまで行けるナイアガラ名物の遊覧船に乗りました。

『霧の乙女号』というロマッチックな名前の遊覧船です。

カナダ側からの乗船は皆この赤いビニールのカッパ着用。
アメリカ滝の真ん前から乗船です。


e0295348_1859339.jpg


アメリカ滝
左手にアメリカ側の展望台が見えています。


e0295348_16524592.jpg


滝に近づいてくると飛沫がすごくてびっくりします。
でも、この位は冷たくて気持ちがいい位だったのですよ〜


e0295348_16505540.jpg


右側がブライダルベール滝 これでも15メートルあります。


e0295348_1935263.jpg


アメリカ滝を横に見てカナダ滝に向かっています。


e0295348_19485152.jpg


カナダ滝が見えてますが、左手はまるで氷河の様です。

e0295348_23553766.jpg




e0295348_2263010.jpg




e0295348_2274359.jpg


滝壺に近づいてきましたが これが限界 
水量が激しくてカメラを持っていられません。

何が何だか分からない霧の中
とにかく経験のない雨に降られている!って感じ


e0295348_1930236.jpg


やっと滝壺から離れて皆ホッとして、カメラを向けています。


e0295348_1651255.jpg


川岸にはシェラトンホテル他 カジノ等も見えています。


e0295348_16532821.jpg


戻ってきてナイアガラの滝の全景です。


e0295348_1652418.jpg


アメリカ側からの展望台。
小さく人が蟻の様に見えます。
お分かりになりますか?


e0295348_19112451.jpg



e0295348_2337324.jpg


こちらは、アメリカ滝の上から眺めている人達です。。


e0295348_1912051.jpg




e0295348_2244725.jpg


遊覧船を下船後 ランチの為
遊覧船から見えていた『シェラトンHotel』のレストランに向かいます。

ホテルのレストランからの眺め

e0295348_1656029.jpg



テーブルで滝の方のフォトを撮っていたら
レストランのお姉さんが
”向こうのベランダから撮るといいよ!”と教えてくれたので
行ってみました。
が、しかし〜
足元が見えなければ平気なのですが、こういうのはちょと苦手で ・・・
いえ、もう腰が引けてしまっているので
これで精一杯


e0295348_16564472.jpg


それにしても こんな街中に 
これだけの水量の滝が落ちているのが不思議で不思議でたまりません。

日本の三大瀑布の一つ 華厳の滝の様に山奥の高い所から落ちているとか
ヨーロッパのアルプスの山々から流れ落ちているのが
滝だと思っていたので
私の中の滝の概念がもろくも崩れました。


e0295348_22485465.jpg


この後 びっくりすることが起きました。

 続き・・・・・
[PR]
by iris304 | 2016-07-31 23:58 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(40)

CHICAGO滞在記 2016 ♪ お隣りさん

今回の滞在中 いくつかあったイベントの中で最大のイベントがこれ

『ナイアガラの滝を見に行く!』 


その玄関口である『Buffalo Niagara International Airport』の様子です。


仲良く アメリカ合衆国&カナダの国旗が並んでいます。


e0295348_11561069.jpg


どう見てもボロ切れかワカメがぶら下がっている様にしか見えないのですが・・・・


e0295348_11553344.jpg


実はこれ シャツ&Tシャツが濃い色から淡い色へのグラデーションでディスプレイされています。
寄付されたものを利用しているのだと思いますが面白い活用法ですね。

今朝チェックアウトしたホテルのロビーにも回収BOXが設置されていましたね〜
ホテルで見たのは初めてでしたが 一般的なのでしょうか?


e0295348_11552225.jpg


カナダ側

e0295348_1331384.jpg



e0295348_13371515.jpg



e0295348_1333552.jpg


アメリカ側


e0295348_11565240.jpg


こちらも同じ様なグラデーションです。


e0295348_13445126.jpg


こんな風に車椅子を利用されている方が多くごく当たり前で何の違和感もありません。


e0295348_13475072.jpg


アメリカは国土が広大ですので 移動は飛行機は当たり前 日本では電車の様な感覚なのでしょうね〜


e0295348_13483371.jpg


出入り口の一番近くにこの様なエリアがありました。


e0295348_14111891.jpg




e0295348_1447159.gif


さてセキュリティチェックが澄んでボーディングを待つだけになると
やれやれ 少しほっとします。


こんなのがありました。

面白かったので ご覧くださいね。

         
e0295348_14494623.gif


この時は まだ お客様がいません。

e0295348_14134355.jpg


しばらくすると・・・・・

え、こっち向きのまま?


e0295348_1414336.jpg


どうもこの方 奥様らしいです。
様子を見に来たのでしょうか?


e0295348_14275956.jpg


最後に髭の手入れをしている様です。


e0295348_14145335.jpg


こざっぱりとして気持ちよく 


e0295348_14251346.jpg


そして こちら ご家族です。
充電しながら 隣で座り込んで待っていた様です。


e0295348_14264915.jpg


こんな風に人々の動線の中にあります。
外から見られるというより、行き交う人々を眺めながら・・・・という感覚なのでしょうか?


e0295348_14174836.jpg


最後に

空港の玄関口

e0295348_11573610.jpg


そう、ここはナイアガラへの玄関口でもあります。


e0295348_1158284.jpg


次回はナイアガラの滝を見に行きます。


いつになるのか・・・・?ですが 


e0295348_15111562.gif


More  前回の最大のイベントは・・・・・
[PR]
by iris304 | 2016-07-28 15:17 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(22)

CHICAGO滞在記 2016 ♪ トランプタワー

今 何かと過激な発言と行動で物議を醸しているニューヨークの不動産王ドナルド・トランプ氏

このCHICAGOでも 勢いは止まらずあざ笑うようにそびえ立っていました。

トランプ・インターナショナルホテル&タワー


e0295348_1782319.jpg




e0295348_1363272.jpg


92階建て、オフィス、コンドミニアム、ホテルが入る複合ビルです。
高さ(415m)シカゴではウイリスタワーに次ぐ2番目の高層ビルです。

新しい高層ビルなので全てにスケールが大きくて
3階〜12階 1000台駐車可能な駐車場
14階〜17階 ホテルとスパなどの施設
17階〜27階 ホテルの客室(340室)
19階〜85階 コンドミニアム(約480世帯)
86階〜89階 ペントハウス
となっています。

もはや これがどれ程のスケールなのかよくわからないのですが・・・・


シカゴ川のほとりの散歩道から見上げる様に撮りました。


e0295348_1335975.jpg


この日は 夕方 19:30スタートの建築リバークルーズ 90分に参加しました。
この時期、9時近くまで明るいので夕暮れ時のクルーズは丁度良かったです。
途中 ここのカフェで一休み
とにかく暑くて木陰が恋しい一日でした。


e0295348_16314371.jpg

 


e0295348_17242311.jpg




e0295348_1345377.jpg




e0295348_1364781.jpg


クルーズが終わって船から降りるとさすがに日も落ちて暗くなって
トランプタワーは夜の闇の中でひときわ輝きを放っていました。


e0295348_1374865.jpg


シカゴ川建築クルーズの様子は
又 きちんと整理してupしたいと思います。

余り期待なさらないでお待ちくださいね(^_−)−☆



e0295348_17232636.jpg


  スキンの事
[PR]
by iris304 | 2016-07-19 17:57 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(32)

ロビン エッグ ブルー


こんな色の卵を産む鳥がいるのですね〜


主に北アメリカ大陸に生息する『コマツグミ』という渡り鳥です。


e0295348_7472620.jpg


ヨーロッパコマドリ(英名:Robin, European Robin)にちなみ
「アメリカンロビン」と呼ばれています。

その美しい色は図鑑にもひとつの色として記載されており、
Robin Egg Blue = (ロビンズ・エッグ・ブルー) と呼ばれているのですよ〜

毎年お世話になっているシカゴの友人宅の軒下

水まきのロープを杭にかけて仕舞っているのですがその上に巣作りしていました。



で どんな鳥かというと

e0295348_9485792.jpg

                 チョロチョロ動いてうまく撮れなかったので画像はお借りいたしました

こんな風に小鳥のフォト撮れたら楽しいだろうなあ〜❤︎



その後届いた画像

雛が孵ったようです。

e0295348_81348.jpg



何故に 
この様な美しい色の卵を産む必要があるのか?
この色でなければならない理由があるのか?

自然界にはワクワク ドキドキが一杯ありますね。

もうすぐ夏休み
子供達にもワクワクドキドキ、新しい発見と未知との遭遇が待っているのでしょうね〜


e0295348_9382788.jpg


More
[PR]
by iris304 | 2016-07-14 09:44 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(32)

ワルシャワの思い出6 ♪ ショパンゆかりの教会

長い間 ワルシャワの思い出におつき合い頂きましたが最後はやっぱりショパン

ショパンが親しんだ教会です。


聖十字教会

ワルシャワ大学、コペルニクスの像の向い側にあります。


e0295348_2223920.jpg

教会の入り口には十字架を背負ったキリスト像が建てられています。
かなり大きな像です。

e0295348_22303.jpg

十字架を背負うキリストの像 初めて見ました。
この指の先は何を指して 十字架を背負ってどこを目指しているのでしょうか?


e0295348_2231133.jpg




e0295348_2231945.jpg

十字架を背負った後ろ姿は逞しくて なんとなく違和感が・・・・

e0295348_2233194.jpg

中に入ってみます。

e0295348_2235062.jpg

窓からの陽が祭壇にも届いていて キラキラと美しく輝いていました。

e0295348_141250100.jpg

教会の祭壇に向かって左の柱の下に、ショパンの心臓が埋められています。
この教会もナチスドイツ軍により破壊され、ショパンの心臓も持ち出されてしまいましたが
戦後 教会は建て直されショパンの心臓も1945年10月17日(命日)に元の場所に戻されました。

e0295348_10192890.jpg

この教会は17世紀の終わりにユゼフ・べロッティの設計で建てられましたが、
2つの塔を持つファザードはユゼフ・フォンタナとヤクブ・フォンタナによって建てられたものです。

祖国ポーランドに戻ることを願いながら叶わなかったショパンの魂の眠る教会です。

e0295348_2241266.jpg


e0295348_20193388.gif


ヴィジトキ教会

ワルシャワ大学の北側に隣接しているこの教会
18世紀に建てられた後期バロック様式の建物で内部の装飾がとっても美しいです。


e0295348_14105768.jpg

戦争の際、幸いにも破壊をほとんど免れたため、内装はほぼ当時のまま残っています。

e0295348_14111136.jpg



e0295348_2162188.jpg



e0295348_216439.jpg

ワルシャワ・リツェウム(中高等学校と音楽学校)に通っていたショパンは
この教会の日曜ミサでオルガニストをしていたといいます。


この教会のオルガンはショパンの時代から変わることなく現在も残っています。
オルガ ンのパイプの大部分は取り替えられましたが、
何本かはショパンが弾いていた当時のまま残って いるものもあるそうです。

e0295348_21134996.jpg



e0295348_14112931.jpg


ショパンは1830年にウイーンへ演奏旅行に出ている間にワルシャワで反乱が起こり 
以後ポーランドへ帰ることはなくParisを拠点に活躍をしましたが、
生涯ポーランド人であることを誇りにしていたそうです。

魂は生まれ故郷のワルシャワに戻りましたが
墓地はParisのペール・ラシェーズ墓地 (Cimetière du Père-Lachaise) にあります。
パリ東部にある墓地で エディット・ピアフ、マリア・カラス、モディリアーニ等の
世界的な著名人の墓が多くあることで知られている墓地です。
また、レ・ミゼラブルのジャン・ヴァルジャンもここに眠ると言われています。


e0295348_21231370.gif


空港到着からショパンにお出迎えいただいて そして お見送りまで・・・・

モスクワへ戻りました。

e0295348_21202922.jpg

このぐるぐる巻きのスーツケース
ヨーロッパでは良く見かけますが 面白いですよね〜

e0295348_21251251.jpg

[PR]
by iris304 | 2015-10-31 21:30 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(22)