タグ:ドイツ ( 26 ) タグの人気記事

アンペルマン


タイトル通り『Ampelmann』

スーツケースに下げるタグです。


e0295348_1533270.jpg


そしてこれはスーツケースに巻くベルト
赤に黄緑色のアンペルマンが元気に歩いていて可愛らしいです。


e0295348_15341345.jpg


でもこのベルトは買っては見たけれど実は余り使っていません。
というのも こういうベルトをしているのは殆ど日本人だから
日本人の物と分かると狙われるから?と真しやかにおっしゃる方がいて
鵜呑みにする訳ではないけれど一気に熱が下がりました。


e0295348_1625843.jpg


夏の旅支度

e0295348_15123318.jpg



e0295348_15321632.jpg


ドイツではかなり有名な アンペルマン
日本ではまだまだ知らない人の方が多いですよね。


e0295348_15135070.jpg


全員 整列!!!!!!!!!!

こちらはそのアンペルマンのグミ
ドイツには楽しいグミが沢山ありますが これもその一つですね。
信号待ちの人と歩いている人です。


e0295348_1527118.jpg


子供達が幼いころ診察が終わると
お医者様が
”いい子だったね、ご褒美だよ”っておっしゃって
グミが入っている大きな器の蓋を取って下さいました。

目を輝かせて
どれにしようか?
あれこれ選んでは又あれこれと。。。。
決め兼ねていたあの小さな手
可愛らしかったですね〜

小児科でグミを用意してあるってどうかと思いますが
ドイツでは結構 当たり前にありました。
先生は
着色料は使っていないし、顎にもいいから〜と、得意げでしたし・・・


e0295348_15311036.jpg



e0295348_15315195.jpg


掌にのせたグミは子供が食べるにはちょっと。。。。という位
硬くてびっくりしました。
あの頃は、まだ日本ではグミはなかったと思います。
いや、あったかもしれませんが余り知られてなかったかな?

今は日本でも沢山の種類のグミが出てますが
柔らかくて余り馴染まないようです。

生まれた時から食べている硬い噛み応えのあるのが好きなのは仕方ないですね。

私の幼い頃から舌に馴染んだものって何かな?
養殖じゃない天然のワカメ?
ってまるでオシャレじゃないですね。(´Д` )

皆さんは どんなものを思い出しますか?
舌の記憶は最後まで残るらしいですが本当なのでしょうか?



e0295348_00059.jpg

[PR]
by iris304 | 2016-07-03 13:45 | 日々のこと | Trackback | Comments(20)

ラインのほとりから ♪ 河畔に集う人たち

このところの冷え込み、随分厳しくなりましたね〜
空気がピリッとしたこういう感じが好きです。



久しぶりにラインのほとりの風景です。



ジョギングをする人達。

e0295348_231332.jpg


乳母車を押すお父さんと娘さん
結構 大股で早くて早くて あっと言う間に通り過ぎてしまいます。
どうもベビーカーを勢いよく押すと 
乗っている赤ちゃんがキャーキャーと喜んでいるみたいでした〜

e0295348_2351628.jpg


こちらの乳母車を押すお二人は
若くはないけれど、お召し物もなんだかいけてるご夫婦です。

e0295348_2352991.jpg


こちらも自転車でやってきたパパと幼いさん女の子

e0295348_2365971.jpg


どうやら、パパのタバコタイムみたいです。

e0295348_939175.jpg



e0295348_2371187.jpg


パパは大あくび この子はじ〜と飽かずに羊を見ています。
女の子の後ろ姿がパパそっくり!!て感じなのが可笑しかったです。

e0295348_23125140.jpg


こういうの 皆 適当に摘んで口にしてます。

e0295348_11141095.jpg



e0295348_22514095.jpg



e0295348_22512957.jpg


ここはミニゴルフ場
ちょっとわかりにくいのですが奥はカフェで散歩の途中で一休みです。
手前にあるのがゴルフのレーンです。

e0295348_80652.jpg


ライン川のほとりにはテニスコートもあります。
このお姉さん、この寒いのに どうしてこんな格好でいられるのか???

e0295348_7595293.jpg


ライン川のほとりには 大きなポプラの並木が続いています。

ところが、春咲きの大風でその大木の殆どが
途中から折れてしまって痛々しい姿が沢山見られました。
てっぺんが折れてしまって 格好が悪いですよね〜


e0295348_23100100.jpg




e0295348_957545.gif




今までが暖かかったので 油断してしまっていました。
ストールはもちろんですが もう手袋も要りますね。

私はストールは通年で 手袋もかなり早いうちから使っているのですが
皆さんは いかがですか?

どうぞ 暖かくしてお過ごしくださいね。


でも 今年は暖冬だそうですね。
[PR]
by iris304 | 2015-12-01 08:15 | Deutschland | Trackback | Comments(24)

ラインのほとりから ♪ 優しい赤を見つけた

ふうの木ですよね。

ドイツの赤は優しい穏やかな赤です。

e0295348_821468.jpg



e0295348_8205347.jpg



e0295348_8211968.jpg



e0295348_8211235.jpg


遠くからも見えるこの可愛い赤い木が気になっていました。

樹形がなんとも美しいというか
小さい時、木を描くとこんな形だった様に思います。


e0295348_8245922.jpg


紅葉ではないけれど 際立つ赤でした。

これいちいの実でしょうか?

e0295348_822164.jpg



e0295348_8221061.jpg

[PR]
by iris304 | 2015-11-27 23:12 | Deutschland | Trackback | Comments(30)

Deutschland ☆ Düsseldorfのクリスマスマルクト 

大きな胡桃割り人形

e0295348_151269.jpg

どこからともなく 暖かいワインの匂いやシナモンの香り 
甘~いワッフルのバニラの匂いがしてきて つい足が向いてしまうマルクトです。

この小屋は主に木で出来たオーナメントや民芸品等の小物を売っています。
ドイツに行かれた方は必ず訪問するローテングルグにある
『Kaethe Wohlfahrt』というお店

可愛いらしいオーナメントが所狭しと並んで 楽しいお店です。
あれも これもと籠に入れますが これが小さいのに案外お高いのです。
なので 籠の中からお財布と相談して叉 戻さないといけなくなり
これが叉悩みに悩んでそれも叉楽し〜♡♡です。

中は撮影禁止なので ご覧頂けないのが残念ですが・・・・・

正面の大きな胡桃割り人形の右が入り口 出るのは左側からと一方通行です。
中はドーナツ型で まあるく眺めて歩く様になっているのですが
お客様が多い時は狭い店内なので入場制限があったりする程なのですよ〜
皆 こういう可愛いオーナメント大好きですからね。
同じ様に見えても その年に依って流行があるのが分かります。

e0295348_14274648.jpg

こんなものが売られています。
我が家にあるものを少し並べて見ますね。
古いものでまだドイツが東西に分かれていた時代の工芸品です。

e0295348_1716972.jpg

きちんとしたものには 全てこの様なシールが付いています。

e0295348_1412075.jpg

こちらはこのお店のオリジナルの物ですね~
このお店 以前は鎌倉や高輪にもお店がありましたが
今は閉店してしまっているようです。

e0295348_1423274.jpg

そして最近はこの手の物が主流かもしれません。
これはこれで可愛いしお値段は手頃ですが 
見ての通り作りは雑で上の物とは全く別物です。

e0295348_16344046.jpg

他の小屋も時間が早いので人の出はまだまだ ちらほらです。

e0295348_15124299.jpg

これは鳥小屋??みたいです。

e0295348_15124987.jpg

しばらく歩くと又 別のマルクトです。
ここは木の実や乾いた自然素材で作ったアドベントクランツが沢山ありました。
写真撮ってもいいわよ~と気さくな店主さんでした。

クランツも沢山売っているのですが 材料も種類が多くて
匂いをかんだり 色々ひとつひとつ吟味して選びます。

e0295348_1514434.jpg


e0295348_15141658.jpg

木の実の種類 大きさ 色  形によって表情が全く別のものになります。

e0295348_15151193.jpg

色があるとやっぱり可愛いし華やかになりますね〜

e0295348_15142745.jpg

こうしてみると 野山にあるもの拾って何でもOK
木の幹肌を剥がした物だって こうして立派なクランツになってしまう。

e0295348_15145969.jpg


e0295348_15143846.jpg

ただね~
こうしたただで手に入るものを クランツにする為の準備
これが大変なのですよ~
松ぼっくりやどんぐりに接着剤でワイヤーを付けたり
金銀他の色もスプレーしたり 形を整えたり・・・・

だけど、組み立てて形になって行く時のあの楽しさ♡ ♡ ワクワクします。
来年はライン川を散歩したり森を歩いて木の実を拾いクランツ作ってみようかしら?
なんて思いました。
だけど こんな思うのも今だけだわ きっと!!
この思い 来年までは持たないのだろうなあ〜

e0295348_15144988.jpg

花材になるシナモン

e0295348_1515247.jpg

こちらは スターアニスを球状にしてオーナメントにしたもの

e0295348_15155724.jpg


e0295348_1516767.jpg

マルクトはソーセージを始め食べ物や飲み物の屋台も沢山あるし
他にも色々な物があるのですが それは又の機会にUPしますね~


e0295348_144546.jpg

[PR]
by iris304 | 2014-12-13 14:50 | Deutschland | Trackback | Comments(26)

ラインのほとりから2014 ♪ Köln大聖堂

皆 何度も訪れているけれど 
やっぱりケルンのドームははずせないでしょう!!
と言うことで行ってきました。

このドームは駅の真ん前なので電車の中からは勿論 
構内からはこんな風にそびえ立っているのが見えています。
なので 誰でも迷わずに絶対に目の前に見つけることが出来ます。 


e0295348_20582328.jpg

何時見ても何度見ても
見上げる度にこの存在感には圧倒されます。

高さ157m 奥行き144m 幅86m
1248年着工 1880年に完成したゴシック建築のカトリック教会、世界遺産です。

                              画像はお借りしました
e0295348_83211.jpg

中に入ってみると
神父さんの赤い衣装が目に入りました。
何やら 楽しそうですね〜

e0295348_20361725.jpg


e0295348_210818.jpg


e0295348_210381.jpg

入り口の扉がとても重厚で それでいて暖かみを感じました。 
100年以上も昔から 一体どれだけの人がこれを触って出入りしたのでしょうね~

e0295348_2111559.jpg


e0295348_2112648.jpg

建物を左手に見ながら 回り込んできたところです。
ここは正面ではなく 駅からくると裏側になります。
クリスマスマルクトがたつところです。

e0295348_20355183.jpg

今回のドイツ滞在 最初の記事うまくUP出来なくて
お騒がせいたしまして 申し訳ありません。

友人から送ってもらったフォトも何枚かUPして なんとか形になりました。

e0295348_120921.gif


2年前にここドームのクリスマスマルクトを訪れた時は大雪でした。

その時の事 又 フォトを見つけてUPしますね。

あまり期待しないでお待ちくださいね〜
[PR]
by iris304 | 2014-11-25 20:20 | Deutschland | Trackback(1) | Comments(24)

ラインのほとりから2014 初冬

e0295348_14435384.jpg



e0295348_1449375.jpg



e0295348_1401040.jpg


お気に入りの小路

e0295348_1348273.jpg


まだ 時差がぬけません。

朝方3時に起きて ごそごそやっています。

10時過ぎに シカゴから友人が到着なので空港までお出迎えです。

7時前ですが 外はまだやっと白んできたばかりです。 
この前の日曜日から冬時間に変わり日本との時差は8時間になりました。

もう少し明るくなってお天気が良かったら お出迎えの前に
又ライン川へ散歩に行こうと思います。
[PR]
by iris304 | 2014-10-29 15:04 | Deutschland | Trackback

しばらく留守にしています

ドイツの家に来ております。

時差ボケ解消にライン川のほとりを散歩しました。
お昼の一時過ぎです。

どんよりとして ちっとも時差は解消しません。

e0295348_14573045.jpg




e0295348_1747994.jpg


今回は
シカゴからと日本から友人が訪ねてきます  ので 
お出迎えの準備をしています。

女主のいない家ですので 何も整っておりません。

    

戻りましたら 

又 よろしくお願いいたします。
[PR]
by iris304 | 2014-10-27 17:54 | Deutschland | Trackback | Comments(48)

ラインのほとりから ♪ ホワイトアスパラの季節

皆さん 今日は ワールドカップ 日本の初戦 応援されてましたか?
残念でしたね〜

予選あと2試合
選手の皆さんの悔いのないプレイを!!
ピッチの上で躍動する姿に期待して 楽しく応援していきたいと思います。

                    
                    ❤
さて、久しぶりにドイツから

初夏の風物詩Spargel(シュパーゲル)

今 ホワイトアスパラの季節ですが収穫は
6月24日の 聖ヨハネの日までと決められているので
もう 今年はそろそろ終わりです。

レストランでホワイトアスパラを食べる時は
まず アスパラの量 1ポンド(450g)か2分の1かを選んで
添え物をお好みで選ぶ!!と言うのが基本です。

だいたいスーパーで売られている一束が1ポンドで、
この皿は2分の1 250G弱ですね。



太さにもよりますがアスパラ3〜4本位
添えものは サーモン&じゃがいも

e0295348_13124838.jpg

こちらは太いので3本 
生ハム&じゃがいも

e0295348_1313029.jpg

ソースはHollandaise (オランデーズソース)卵黄とバターで作られたソースか
溶かしバターデ頂くのが一般的です。

家庭用には こんなものも売られています。
e0295348_1245836.jpg



駐在員の家庭では固めに茹でて醤油&鰹ぶしというのが
結構 好まれていまして 我が家もこれが多かったです。

また 酢みそで頂くと『うどの酢みそ和え』の様と こちらも評判がよくて
日本レストランでも メニューにあったような・・・・
皆 現地のものを工夫して自分の好みにアレンジして季節の味を楽しんでいましたね〜



Spargel(シュパーゲル)はとても高い野菜です。
1キロ 3ユーロ位からありますが 高いものは10ユーロもします。
平均7〜8ユーロですね。(1ユーロは138円くらい)

市場では 先っぽだけ折れたもの(これは高いのです(@@)ですが・・・)や
先っぽが取れてしまったもの(これは少し安い)も売られている位です。
折れていてもスープにするのは問題ないので
割安なこちらを求めるのもいいですね〜
[PR]
by iris304 | 2014-06-15 15:59 | Deutschland | Trackback | Comments(56)

フルーツバスケット

昨日、

高円宮典子さま 婚約内定 の宮内庁発表がありましたね。

おめでとうございます。


フィレロイ&ボッホの器

雅子様がお嫁入りの時に持参されたと一時期話題になりましたよね。

子供達が小さい時には、お丼としてよく使っていたこの器
お蕎麦やおうどんなどに使っても、何も困らなかったのですが
今普通に使うと熱くて汁物等とても使えません。
やはり 小さかったので食べやすい様に
少し冷まして気を使っていたので問題なかったのですね。
日本の、熱々の麺類用には適してないみたいです。

e0295348_14515210.jpg

何にでも相性が良くて普段に使っていますが
和食器とは違って カジュアルな感じが食卓を明るく楽しくしてくれます。

e0295348_1452317.jpg

バスケットに山盛りのフルーツ
フルーツバスケットその物のこの柄が大好きで、他にも
色々な食器を使っていますが、この器とマグカップが一番出番が多いです。

e0295348_14531510.jpg

この四角いグラタン皿は大きいので 今のオーブンには入らなくて
果物を入れたりして使っています。

e0295348_14533196.jpg

前にも書きましたが 子供達が成長して家族の日常も変わると
食器や鍋等の大きさや形、数も変わってきますね〜

e0295348_1502249.jpg


e0295348_145863.jpg

少しずつ、
今の暮らしにあったもの、
これからの生活を潤いのある物にしてくれるものに
変えていきたいなあと思っています。

今日も 全国的に気温の高い一日なりそうですね。

みなさま ごきげんよう (^_-)
[PR]
by iris304 | 2014-05-28 09:57 | 可愛い | Trackback | Comments(16)

ラインのほとりから ♪ のんびりゆっくり・・・

ライン川にかかる『オーバーカッセラーブリュッケ』からの眺め

e0295348_9263690.jpg

この広場は夏に大きな移動遊園地 『キルメス』が開催されるところです。
ゴミの収集車が回っているようです。

日本と違って真冬でも 芝生の緑が鮮やかなので
こんな冷たい中でも 目にも飛び込んでくる風景は明るく澄んで気持ちいいです。

e0295348_9262064.jpg

ドイツの人は散歩が大好きです。

バギーの親子連れも

e0295348_9244532.jpg


e0295348_17231668.jpg

初老のご夫婦も

e0295348_931301.jpg

もうあんな所まで・・・・
どんどん小さくなっていきます。

e0295348_9303162.jpg




e0295348_9311147.jpg

対岸からの眺め
今散歩している所を対岸の『アルトシュタット』側から見た所

e0295348_9341630.jpg


e0295348_9353947.jpg

ラインのほとり  

e0295348_925932.jpg


e0295348_9252711.jpg

優しい時間が流れる

e0295348_161313.jpg

[PR]
by iris304 | 2014-03-05 21:55 | Deutschland | Trackback | Comments(22)