タグ:ポーランド ( 7 ) タグの人気記事

杉原千畝:命のビザ

今日は気持ちのいい一日でしたね。

近くの博物館まで出かけました。


e0295348_08719.jpg



杉原千畝
第二次世界大戦中『命のビザ』を発給した外交官として有名です。
1940年のリトアニアにおいて、ナチス・ドイツの迫害により命の危険にあったユダヤ避難民などへ
大量の日本への通過ビザを発給し続け6000人もの人々を救済したといわれています。
その勇気ある人道的行為は世界的に高く評価されています。
     パンフレットより抜粋







ポーランドの首都ワルシャワから列車で3時間
歴史的遺産が数多く残るクラクフから西へ60キロメートル。
Aushwitz(ドイツ名アウシュヴィッツ)収容所があります。

その収容所が再現されていました。

〜Arbeit Macht Frei 働けば自由になれる〜


e0295348_0191070.jpg




e0295348_0192937.jpg




e0295348_0322434.jpg


リトアニアの国旗 初めて見ます。


e0295348_03241.jpg





e0295348_0202069.jpg


5年前
ワルシャワを訪れました。
その時この収容所も訪れていました。



あの時の背筋の凍る様な目の前にある現実

人の弱さと悲しさに心が震えました。

今 又私たちは同じ愚かな過ちを繰り返してしまうのでしょうか?


e0295348_0233373.jpg





e0295348_0435069.jpg





e0295348_0484671.jpg





e0295348_0231434.jpg


リトアニアの桜
2001年、杉原氏の生誕100年を記念して
リトアニアの首都ビリニュスのネリス川河畔に150本の桜が植樹されました。
あれから16年
今 青空の下、平和を求めて模索する私たちの道しるべとなって
美しく咲き誇る満開の桜が見られる様になりました。

11月27日までの開催です。
お近くの方はぜひ 足を運んでみてくださいね。

この杉原千畝さん
素敵な面差しで私たちを優しく見つめてくださっていました。


横浜歴史博物館
〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-18-1
電話 : 045-912-7777

横浜市営地下鉄センター北駅下車 徒歩5分
開館時間:9:00~17:00(券売は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)・年末年始



e0295348_1121971.gif


More   
[PR]
by iris304 | 2016-11-18 01:20 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(24)

ワルシャワの思い出6 ♪ ショパンゆかりの教会

長い間 ワルシャワの思い出におつき合い頂きましたが最後はやっぱりショパン

ショパンが親しんだ教会です。


聖十字教会

ワルシャワ大学、コペルニクスの像の向い側にあります。


e0295348_2223920.jpg

教会の入り口には十字架を背負ったキリスト像が建てられています。
かなり大きな像です。

e0295348_22303.jpg

十字架を背負うキリストの像 初めて見ました。
この指の先は何を指して 十字架を背負ってどこを目指しているのでしょうか?


e0295348_2231133.jpg




e0295348_2231945.jpg

十字架を背負った後ろ姿は逞しくて なんとなく違和感が・・・・

e0295348_2233194.jpg

中に入ってみます。

e0295348_2235062.jpg

窓からの陽が祭壇にも届いていて キラキラと美しく輝いていました。

e0295348_141250100.jpg

教会の祭壇に向かって左の柱の下に、ショパンの心臓が埋められています。
この教会もナチスドイツ軍により破壊され、ショパンの心臓も持ち出されてしまいましたが
戦後 教会は建て直されショパンの心臓も1945年10月17日(命日)に元の場所に戻されました。

e0295348_10192890.jpg

この教会は17世紀の終わりにユゼフ・べロッティの設計で建てられましたが、
2つの塔を持つファザードはユゼフ・フォンタナとヤクブ・フォンタナによって建てられたものです。

祖国ポーランドに戻ることを願いながら叶わなかったショパンの魂の眠る教会です。

e0295348_2241266.jpg


e0295348_20193388.gif


ヴィジトキ教会

ワルシャワ大学の北側に隣接しているこの教会
18世紀に建てられた後期バロック様式の建物で内部の装飾がとっても美しいです。


e0295348_14105768.jpg

戦争の際、幸いにも破壊をほとんど免れたため、内装はほぼ当時のまま残っています。

e0295348_14111136.jpg



e0295348_2162188.jpg



e0295348_216439.jpg

ワルシャワ・リツェウム(中高等学校と音楽学校)に通っていたショパンは
この教会の日曜ミサでオルガニストをしていたといいます。


この教会のオルガンはショパンの時代から変わることなく現在も残っています。
オルガ ンのパイプの大部分は取り替えられましたが、
何本かはショパンが弾いていた当時のまま残って いるものもあるそうです。

e0295348_21134996.jpg



e0295348_14112931.jpg


ショパンは1830年にウイーンへ演奏旅行に出ている間にワルシャワで反乱が起こり 
以後ポーランドへ帰ることはなくParisを拠点に活躍をしましたが、
生涯ポーランド人であることを誇りにしていたそうです。

魂は生まれ故郷のワルシャワに戻りましたが
墓地はParisのペール・ラシェーズ墓地 (Cimetière du Père-Lachaise) にあります。
パリ東部にある墓地で エディット・ピアフ、マリア・カラス、モディリアーニ等の
世界的な著名人の墓が多くあることで知られている墓地です。
また、レ・ミゼラブルのジャン・ヴァルジャンもここに眠ると言われています。


e0295348_21231370.gif


空港到着からショパンにお出迎えいただいて そして お見送りまで・・・・

モスクワへ戻りました。

e0295348_21202922.jpg

このぐるぐる巻きのスーツケース
ヨーロッパでは良く見かけますが 面白いですよね〜

e0295348_21251251.jpg

[PR]
by iris304 | 2015-10-31 21:30 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(22)

ワルシャワの思い出 5 ♪ 街角を彩る花々

ここ数日 秋晴れの気持ちのよい日が続いていますね〜

さて、再びワルシャワの思い出に戻ります。
ワルシャワの街はどこもここも短い夏を彩る花で溢れていました。

e0295348_13331575.jpg


季節が夏の終わりから次の季節に移る時で さりげなく飾られた窓辺は
季節の果物や花をあしらって道行く人々や観光客を楽しませてくれています。


e0295348_13324126.jpg




e0295348_13325918.jpg


坂道もとっても多いのですが 
迷路みたいだったり どこか異次元の世界へ迷い込んだようで楽しかったです。


e0295348_13333310.jpg




e0295348_13345772.jpg




e0295348_13351332.jpg


とても古い建物なのですが小さな花が置いてあるだけで随分明るく印象が変わります。
こうして窓の花に人々の細やかな暮らしぶりが感じられます。


e0295348_13335590.jpg


贅沢ではないけれど豊かで上質で満ち足りた生活なのだなあと思いました。


e0295348_1334746.jpg


ここは旧市街の広場の近くですが
戦災で破壊されてしまった建物を 忠実に復元されている地域で世界遺産に登録されています。


e0295348_13344191.jpg




e0295348_13362644.jpg




e0295348_13363567.jpg




e0295348_13361447.jpg


レストランはどこもエントランスは花で一杯に飾られています。
壁の装飾や窓のイラストも見たことがないものばかりでした。


e0295348_13452584.jpg




e0295348_13353889.jpg




e0295348_13375156.jpg


ここは
戦災当時の傷跡や人々の思いを今に伝えるために 鉄格子で保護して保存しています。


e0295348_10274443.jpg


建物の外壁の一部に戦災当時の煉瓦が使われ、戦車のキャタピラが嵌め込まれていました。
説明のプレートがありましたが、ポーランド語でした。
”ドイツ軍に占領された屈辱の日々を忘れないように”という思いを込めて
埋めてあると友人は説明してくれたと思います。
1944年の事でした。


e0295348_10251369.jpg



e0295348_10275749.jpg

[PR]
by iris304 | 2015-10-28 07:39 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(32)

ワルシャワの思い出 4 ♪ 旧市街のカフェで

この日の夕方のフライトでモスクワへ戻る予定だったので
それまでの時間 のんびりと旧市街へ散歩に出てみました。

e0295348_13295284.jpg



e0295348_1330525.jpg


広場を囲むように、沢山のオープンカフェ
ワルシャワ歴史地区の中心、旧市街広場に出ました。
長さ約100m、幅75mの広場です

周囲には4階建てに統一された建物が整然と並んでいて
建物のタイルには汚れや染み、ひび割れなどもあって、中世の街並みが息づいく場所です。
しかし、これはすべて大戦の破壊から復元されたもので
建物の汚れや老朽さ、壁の割れ目、屋根の傾きや瓦1枚、足もとの敷石一つまでも
往時のままに復元されたそうです。
説明を聞くと ただただ驚くばかりですが 全てを破壊されてしまった当時の人々の
復興への想いの強さを感じました。
こういうところが 戦後復興のシンボルといわれる所以なのかなと思います。


e0295348_1331552.jpg


こちらは ただいま開店準備中でしょうか〜

e0295348_13302391.jpg


露天画商もずらりと並んでいます。
が、ベンチに座ってお日様に向かってのんびり日向ぼっこをしている人々

広場は 可愛らしいくカラフルな色で染められた建物が取り囲んでいますが
これらも第二次世界大戦で破壊されてしまったのを忠実に復元されたものです。



e0295348_13354348.jpg


これは広場の中心にある人魚像

e0295348_13402641.jpg


こんな楽しそうなおじさんもいました。

e0295348_13322181.jpg


どのカフェも 重いほどに土に付くほどに見事なゼラニウムが咲き誇っています。

e0295348_13325641.jpg


このカフェで一休み、お腹も空いて来ていたのでランチにします。

e0295348_13371327.jpg


私は大好きなパンの器に入ったスープ

白いご飯に汁が掛かった丼物は好まないのに 
折角カリッと焼きあがったパンがスープででれっとなったパンは平気!!

e0295348_1319076.jpg


それにしてもこのパンのスープの器
実によく焼けていると思いませんか?
私が今まで頂いたパンの器の中では一番いい出来かも?です。

e0295348_13191330.jpg


もう一つ海老のグリル

e0295348_132061.jpg


たっぷりの野菜の他に 何故かもう一つタワーの様な野菜も!!


e0295348_13202242.jpg



e0295348_13193934.jpg



e0295348_13221035.jpg


広場の周りを取り囲む建物にはレストラン、みやげ物屋、本屋等
様々な店が入っています。
中でもこの『ウ・フキエラ U Fukiera 』は300年もの歴史があるレストランです。

e0295348_1654043.jpg


e0295348_15262876.jpg


e0295348_152649100.jpg


このワルシャワ歴史地区は1980年に世界遺産に登録されました。

のんびりとカフェでのひと休み
お付き合い頂きまして ありがとうございました。

e0295348_15343771.gif

[PR]
by iris304 | 2015-10-13 22:24 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(28)

ワルシャワの思い出 ♪ ショパンが最後に暮らしたワルシャワの部屋

先の記事で ショパンの生家と書いてしまいましたが
生家ではなく ワルシャワを離れるまで3年間暮らした家の間違いでした。
がっかりさせてしまい ごめんなさい。

そのお詫びに私の大好きなこの曲を お聞きくださいね



ここはワルシャワ大学
先に歩いたクラフク郊外通り沿いにあり1816年に創設され日本語学科もあります。
キャンパスの一番奥には
カジミエーシュ宮殿があり、この宮殿の中には中高等学校と音楽学校があり
その音楽学校には1823年から1829年までショパンも在学し
宮殿の別館にはショパン一家の第二の住居跡も残されているそうですが 
見学は出来なかったと思います。

生家はワルシャワの郊外ジェラゾヴァ・ヴォラにあります。
ワルシャワから西へ54キロメートル、車で一時間位のところです。
ジェラゾヴァ・ヴォラの生家へ行きたかったのに・・・・・

夫が宮殿でショパンの調べを聞くとかなんとか言うオプションを予約してくれていて
だけど、これがねちょっとね・・・・がっかりでした。

e0295348_9241968.jpg


これから訪ねる『ショパンが最後に暮らしたワルシャワの部屋』
ワルシャワ大学の向い側にあるチャプスキ宮殿(旧クラシンスキ宮殿)の中にあります。

17世紀のバロック様式の建物は、第2次世界大戦中に破壊されてしまい戦後に再建されたものです

今は美術アカデミーになっていますが 
1830年にショパンがポーランドを離れるまで約3年暮らしたところです。
ここでショパンは初めてピアノ付きの屋根裏部屋を与えられました。
宮殿の正面には
「ショパンは1830年にワルシャワを去るまで、この家に住み作品を生み出した」
というプレートがあります。(写真はありません、ごめんなさい)

e0295348_959422.jpg

                                    画像はお借りしました


このアカデミーの中を通り抜けていきます。

e0295348_1121125.jpg


階段を上って左手突き当たりにありました。
余り大きくもない部屋が一部屋だけです。

e0295348_9232559.jpg



e0295348_9233458.jpg



e0295348_9255058.jpg



e0295348_10544710.jpg



e0295348_9253349.jpg


ピアノには埃が見えていますね。
残念ですがここには余り訪れる観光客もないようです。

e0295348_1043254.jpg





e0295348_1054594.jpg


窓からの眺め
本当に人通りがないですね〜

e0295348_11163141.jpg


ワルシャワ大学
丁度真向かいに見えました。

e0295348_11164433.jpg


ショパンが描いた風刺画二枚 なんだか真面目そうなショパンとは懸け離れた印象
素顔を垣間見た見たようで面白いですね。
音楽以外にも才能に満ち溢れていたのでしょうね。

e0295348_10573984.jpg



e0295348_10543167.jpg


このような装いで迎えてくれたのはガイドさんです。

e0295348_11145290.jpg


生誕200年のお祝いのこの年 街中がショパンで溢れていました。

e0295348_9234550.jpg

[PR]
by iris304 | 2015-10-08 11:06 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(22)

ワルシャワの思い出 ♪ ショパンの博物館

ポーランド、ワルシャワと言ったら やっぱりショパンですよね。

10月になりました。
ショパンの国際コンクールが始まりますね〜
フレデリック・ショパン国際コンクールは5年に一度0と5のつく年に
ショパンの故郷であるポーランドの首都ワルシャワで
彼の命日の10月17日の前後3週間に開催される国際的に有名なコンクールです。
現在も続く国際音楽コンクールの中では最古のものです。

今日はこの『ショパンの博物館』を訪れます。
この博物館は
クラフクの騎士オフトエフスキが建てたバロック様式のオフトエフスキ宮殿の中にあります。

この日はお天気が良かったので 白い宮殿が青空に映えてとっても綺麗に見えました。

e0295348_17213757.jpg


e0295348_942539.jpg


e0295348_1721497.jpg


もう中の展示の様子は殆ど覚えていないのですが
2010年にショパンの生誕200年に合わせてリニューアルされた博物館です。
この時は2010年、再オープンして間もない頃で 友人が予約をしてくれていました。

展示作品を年代順に並べたり、コーナーに分けたりではなく
従来の博物館のイメージは全くありませんでした。
マルチメディアやタッチ・パネルを使って、音楽家の博物館というよりは
科学技術センターのような斬新で技術の粋を集めた、近未来的な博物館だったのだけは覚えています。

例えばこの入場券の赤いカードを
赤いランプの所にピッとすると説明が流るというとても珍しい案内でした。
(当時、日本語はありませんでした。私はドイツ語にしたと思います。)

e0295348_17385487.jpg


これもオーケストラの影絵のようなものが映し出されていて、
手前にある(写ってなくてごめんなさい)楽譜を演奏していました。

e0295348_1725247.jpg


地下のリスニングコーナー

ショパンの音楽を自由に好きなだけ聴けるようになっているので、
ショパンファンなら1日いても飽きないかな?と思いました。
聞き始めるとあっという間に時間が過ぎてしまってもう心快適な空間でした。
テーブルも大きくて、引き出しあけると楽譜も見ることが出来るし
ついたてというかカプセルの様なしきりがあって
ラブラブなカップルにはとってもいいと思いました。
完全に自分の世界でショパンを堪能する事が出来ます。

e0295348_1725982.jpg



e0295348_10274462.jpg


2階のショパンのサロンに行ってみます。

e0295348_17221671.jpg


ショパンのサロン 
ショパンが最後に使ったプレイエル製のピアノです。

e0295348_17223932.jpg


こちらのピアノはどこに展示してあったのか覚えていないのですが
運ぶ時の為か取っ手が付いていたり 脇の彫刻の装飾の美しいと思って撮ったのだと思います。

e0295348_17225159.jpg


近代的なテクニックを用いて展示されている館内も素晴らしいですが
やはり宮殿なので天井、床、扉、窓、階段のアーチなど こもここも美しく
素晴らしいと思いました。

e0295348_17222412.jpg


e0295348_17244720.jpg


外に出ると階段を降りたところにショップ、カフェも併設されていました。

この赤いヤッケを来ているのが友人のポアロで医者なのに会社のオーナーです。
昨年は日本訪問が実現し、青梅の澤乃井を案内したり
ゲームセンターに行ってみたい!!という彼の希望で案内したのですが
日本のゲームセンター凄いですね。実は私初めてでした〜

e0295348_17283132.jpg


e0295348_1732495.jpg


これはグランドピアノの形をした箱に入っているプラリネ (Praline)
中にショパンにシルエットの小さなチョコレートが並んでいました。(買わなかったけれど・・・)

e0295348_940096.jpg


カフェ
ここもあんまりお客様いないです。

e0295348_17321996.jpg


ショパン博物館 気が効いた写真がなかったのですが
ワルシャワを代表する作曲家 ショパン 
ちょこっとだけでも ご覧頂きたいと思いました。

ワルシャワへお出かけになる時は 予約をしてたっぷり時間をとって
お出かけくださいね〜

次回はショパンの生家を訪ねたいと思います  ♪  ♪  ♪
[PR]
by iris304 | 2015-10-04 09:36 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(22)

ワルシャワの思い出

何年か前に ブダペストに住む大先輩を訪ねた時の事は 以前にUPしたのですが
モスクワからワルシャワ系由で入りました。

その時のワルシャワの思い出を辿ってみたいと思います。

ウイーン、ミュンヘン、ワルシャワのいずれかの系由でのフライトだったので
久しぶりにウイーンも良いかな?と思ったのですが
ワルシャワは訪れた事がなかったのと、時間的にワルシャワ系由が一番効率よく時間を使えそうだったので
ワルシャワ系由にしました。

ワルシャワには夫の古くからのポーランド人の友人が待っていてくれて
さーとメイン通りを案内してくれました。

ワルシャワってこれがワルシャワと誰にでも分かる様なシンボルタワーがないので
旧市街の南端にある大きな広場 王宮広場からまいります。

e0295348_1712616.jpg

広場のそばにある 『ワルシャワ歴史博物館』です。
小さい建物ですが 中は文字通りワルシャワの歴史を展示してある博物館です。
ワルシャワは第二次世界大戦で市内は破壊してしまったのですが
その破壊し尽くし多直後の街の写真などを見る事が出来ます。

e0295348_1722260.jpg


広場の中心には
首都をクラクフからワルシャワに移したジグドム3世の碑 Kolumna Zygmunta Ⅲ Wazy
聳えたっています。

e0295348_1725099.jpg


王宮広場から南は延びているメインの通り クラクフ郊外通り
クラフク方面に向かっているのでこの名が付けられているようです。

その途中のポーランド科学アカデミーの前の広場にあるコペルニクスの像

e0295348_1743290.jpg


e0295348_1744918.jpg


像の足元にはこんなものが見られます。

e0295348_1742065.jpg


この通りは途中で新世界通りと名前を変えます。
通りの両脇にはお洒落なカフェやショップが並んでいます。

この日は晴れて青空が見えたり 突然真っ暗になってざーと大粒のが落ちて来る様な
不安定な空模様でした。

e0295348_1713989.jpg


8月末なのに 真冬の様なコートを着ている人もいます。

e0295348_1715275.jpg


レッドブルのイベントで 何やら車が運ばれてきました。

e0295348_173513.jpg


e0295348_1733161.jpg


e0295348_1734167.jpg

明るいカフェには クッションや膝掛け等が用意してありますが
お客様は誰もいません〜

e0295348_175954.jpg


e0295348_1752096.jpg


最後に文化科学宮殿
モスクワではよく見られる スターリンクラッシック様式と言われる37階建ての高層ビル
塔の高さは234メートル
総床面積12万3000㎡
総部屋数3288の巨大建築です。
もはや どんだけ大きいのか凄いのか分からないのですが 
とにかく仁王立ちって感じで見下ろしています。

スターリンからの贈り物として1952年から4年を掛けて建てられたもので
ワルシャワ市内どこからでも見えます。

これはHotelの部屋から撮りました。

ワルシャワ市民は 『ソビエトの建てたワルシャワの墓石』
等と呼んで不評だそうです。

e0295348_175486.jpg


このスターリンクラッシック様式建物は モスクワにも7塔あって
『スターリン7姉妹』あるいは『スターリンのウエディングケーキ』等とも呼ばれています。

モスクワのはこちらです。    &   

e0295348_1763053.jpg



e0295348_1762142.jpg



シルバーウイーク中は殆ど外に出ないで 引き込もっていました。
布いじりをして 合間に旅のフォトの整理等もしました。

しばらく 『ワルシャワの旅の思い出』をUPしたいと思います。

よろしければ お付き合い下さいね。❤

More   どうでもいい事ですが
[PR]
by iris304 | 2015-09-29 20:09 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(32)