タグ:ヨセミテ国立公園 ( 7 ) タグの人気記事

ヨセミテ国立公園 5 ♪ 帰り道のエル・キャピタン

一泊二日のヨセミテ観光
今まで見た事もないような大自然が 当たり前に存在するのだと
不思議な感覚が残っています。

時計等必要としない遠い彼方からの時の流れの中のたった24時間 
それを共有できたヨセミテ時間
終わりが近づいています。

                       ❤


途中車を止めた所は・・・・・

この広い草原の真ん中で この暑さの中 一体何をしているか????

e0295348_0515336.jpg

もう暑くて この木の下に早々に避難しているツアーの方々

e0295348_02955.jpg

エルキャピタン
世界最大の花崗岩で出来た一枚岩。
高さ1000mの垂直に立ちはだかる大きな岩というのか山というのか〜
ロッククライマーの聖地と言われています。
この時も見えていました

e0295348_0555679.jpg

岩に張り付くクライマー
見えますか?
私が持っていたカメラではこれが 限界でした。
緑色の杉の上、真ん中に黒くすーとぶら下がっている糸の様なものの先っぽに二人 
その上の方に もう一人


e0295348_0103212.jpg

最初の草原にいた彼ら 望遠鏡で
岩に張り付くクライマーを探していたのでした〜

e0295348_0295642.jpg

少し引いて見るとこんな感じ
このどこに クライマーがいるのか分かりますか?

世界中のクライマーの憧れ
この岩を登るのに普通は一週間かかるそうです。
途中は、このままぶら下がって寝るそうですよ〜????
お腹空いたらどこで何を食べるの?
トイレはどうするの?

e0295348_0312292.jpg

ドライバー兼ガイドさんが、
汗だくになって 岩に張り付くクライマーを見つけてくれましたが
木の下に避難していた方は 
余り興味もないらしく やれやれと言う感じで車に乗り込んで
いよいよ ヨセミテ国立公園ともお別れです。

と思ったら、もう一度止まりました。

そして ここは まさに 絵はがきの様な景色が広がっていました。


バレーヴューです。

e0295348_0105350.jpg


e0295348_1134554.jpg


この真ん中の大きな岩がエルキャピタン

e0295348_11303866.jpg

水遊びをする子供連れ

e0295348_1129324.jpg

ママだと思っていたけれど もしかしてパパだった??

e0295348_11284535.jpg



e0295348_0581937.jpg


まるで別の星に迷い込んでしまったかの様

名残惜しくて 車窓から勢いよく流れゆく景色を追いかけるように 
窓ガラスにしがみついていました。
[PR]
by iris304 | 2014-07-30 22:04 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(30)

ヨセミテ国立公園 4 ♪ アワニ―ホテル

アワニーホテルは 園内にある唯一の三星の着いたホテルです。
私達もこのホテルを希望しましたが 何しろ決めたのが遅いので
泊まれるはずもなく・・・・・・

結局私達の宿は『ヨセミテビューロッジ』
公園の外だけど、入口のすぐ側にあるというので
ま、それならいいかしら?と思っていたのですが、
これがビジターセンターから8kmも離れていて 定期バスで30分もかかると聞いて
がっくり(;;)

                      ❤ 


こちらから由緒あるホテルの玄関に続きます。

e0295348_2045868.jpg


e0295348_20453597.jpg

ロビー

e0295348_20443814.jpg

外に出てみます

e0295348_20433321.jpg




e0295348_20424925.jpg

庭の奥を進むと小さな橋があって、その橋の両側にも
こんなベンチがありました。

e0295348_21565014.jpg

庭の奥の森の中からホテルを見たところ。
奥の岩が迫っていて迫力あります。

e0295348_225927.jpg


e0295348_2232915.jpg


e0295348_20392233.jpg

暑くて そんなに外にはいられません。
この日は34度でした。
湿度がなくてさらっとして気持ちいいのですが 流石にこの気温だと
もう、じりじりと焦げるような感じですよ~

ロビーに戻りました。
ほっとします。

ロビーは重厚で趣のある落ち着いたインテリアです。

e0295348_20435032.jpg

このお姉さん 大胆に寝そべっていますね。
高級ホテルとは言え やはりヨセミテ公園内というワイルドな印象です。

e0295348_22103859.jpg


e0295348_22113698.jpg


e0295348_2044395.jpg

繊細なステンドグラスが美しい扉です。

e0295348_21205010.jpg


e0295348_21203334.jpg


二階から一階リビングルームを見た所。

e0295348_2121727.jpg


e0295348_2121342.jpg


e0295348_2122186.jpg


ダイニングルーム                            画像はお借りしました。
e0295348_1529566.jpg

泊まれないので ディナーだけでも思いましたが
ビューロッジまで遠いので それも諦めました。
ドレスコードを伺ったら 割に楽で、男性は襟のあるシャツでという位でしたが
もっともっとお気楽で 流石に短パンはないけれど・・・・の様でした。
   
実際 お泊まりになった方に伺うと
『素晴らしかった!泊まる価値あり』とおっしゃる方と、
『高い割には、期待していたほどではなかった!』とがっかりされている方と
両極端だったのは びっくりですが それぞれの期待値の違いもあるのでしょうか?

私達が泊まったビューロッジは ビジターセンターまで遠いと言う所を
差し引いても まあ 満足できるお宿だったと思います。

e0295348_16222461.jpg




e0295348_16173958.jpg


e0295348_16175154.jpg

私は このピンクのらせん階段の上のベットを使いました。
彼女はこういう階段も苦手なので (>Д<。)

e0295348_16224037.jpg



e0295348_16263288.gif


 * お ま け *

今日も暑いですね〜
皆様 どうしていらっしゃいますか?
急に暗くなって雨が振り出し 上がったかしら?と思い、外に出ると 
微かに見えるくらいの虹が出ていました。
ダブルの虹だったのですが 残念!!見えません。

小さな虹の架け橋です。
e0295348_1738233.jpg





                  
[PR]
by iris304 | 2014-07-27 17:46 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(34)

ヨセミテ国立公園 3 ♪ 巨樹の森へ

グレーシャーポイントに行く前に 
もっとその先にある巨大セコイアの森(Mariposa Grove)マリポサ樹林へ
行ってきました。
セコイアには 2 種類 あり、
一つがレッドウッド、もう一つがジャイアントセコイアだそうです。

その前に休憩で立ち寄ったホテル
まるで時が止まってしまった様な雰囲気で佇む由緒ある建物

e0295348_11191970.jpg

ヨセミテで一番古いホテルだそうで、当時の面影をそのまま残す
歴史が感じられる素敵なホテルでした。

e0295348_11193142.jpg

駐車場が狭いので ツアーの朝は早く
約一時間ガイドさんの説明を伺いながらの森林浴となりました。

見どころは、
シエラネバダ山脈の西側にあたるこのヨセミテ国立公園にのみ生息する巨木
中でも、樹齢2700年と言う想像絶する長寿の『グリズリージャイアント』

何度も落雷を受け高さ64mで成長が止まっているのですが
周囲は29m 屋久島の縄文杉が16mなので
こちらも 又アメリカサイズにはびっくりです。


森の中に入るとヒンヤリとした空気がとても気持ちよく
大きく胸を開いて息を吸い込むと 森に住む神様のささやく声が聞こえて来そうです。

e0295348_1228463.jpg


e0295348_122997.jpg


e0295348_11202960.jpg

倒れてから すでに100年以上と言う巨木の根っこ。
ジャイアントセコイアは病気になったり山火事で死んでしまうことは余りないのですが、
こんな風に根っこが短くなって倒れてしまう事があるそう。
こんな大きな木の根が浅いのも驚きますが、この根っこの部分の巨大さもびっくり。
セコイアの樹皮にはタンニンが多く含まれていて燃えにくく腐りにくいそうです。
だから こうして倒れてからも100年以上もこうして残っているのですね〜

e0295348_1230873.jpg


e0295348_12355863.jpg


e0295348_1238924.jpg

倒れた木の断面をみると いかに長生きかがわかります。

e0295348_12431440.jpg

まつぼっくりの案内板

e0295348_12441683.jpg


e0295348_13453792.jpg


e0295348_13455983.jpg

いよいよ 巨樹の森のハイライトに近づいてきました。

e0295348_2112476.jpg


e0295348_12482788.jpg

写っている人と比べてみても、木の巨大さにびっくり。

e0295348_12444985.jpg

やって来ました。『グリズリージャイアント』

木の根元付近に焦げたような跡がありますが、これは山火事で負った傷。
山火事って悪いイメージがありますが
セコイアの場合、この山火事が成長には欠かせないものなのだそうです。
火事によって地面に落ちた枯葉などが掃除されたり、
他の木の成長が遅れ日光をさえぎる木がなかったり・・などなど。
そしてセコイア自体は火に強く、少しの山火事では燃えずに生き延びるのだそうです。
余りに大き過ぎて全体を写すには 遠く離れないと無理なのですが
そうするとツアーからはぐれてしまいそうなので 全体を写した物はなくて残念です。

e0295348_12485065.jpg

今植樹してもこの太さになるには2300年以上の年月を要する計算。
時間の感覚も 太さや大きさの基準もなんだかよく分からなくなって来ています。
セコイアの外皮はタンニンが含まれており、害虫が付きにくく
山火事でも燃えにくいという性質から何千年も生き続けてくることができたそうです。
セコイアの最期は主に人間による伐採や落雷による倒木が殆んどで、
種子は鶏の卵くらいの毬に覆われ、成長したセコイアは毎年2000個ぐらいの毬をつけるそうです。
毬はリスなどの小動物によって食べられ、
ほんのわずかな種子が地面に落下し発芽するチャンスを与えられます。
また、種子が発芽するには山火事による灰が地面に堆積していないと困難といわれています。

e0295348_1351567.jpg


e0295348_21483372.jpg


e0295348_1245182.jpg

セコイアの木の大きさの基準
なんとジャンボジェットより大きいのです。
余りの大きさに もう植物という感覚が薄れてしまっています。
この木が この地球上も最も大きな生き物だと思うと なんだか神々しく
お祈りでもしたい気分でした。

e0295348_12464991.jpg

そのとなり通り抜けのトンネル
その下にお嬢さん方 二人いますが 小さく見えますよね~

e0295348_13153845.jpg


e0295348_1332508.jpg

トンネルの案内板
1895年には既に 中をくり抜いて車も通り抜けられるようになっています。
それから、すでに120年の月日が流れているのですね〜

e0295348_005478.jpg




e0295348_13144931.jpg


e0295348_1315389.jpg

裏側から見た所
人間がこんなに小さく見えています。

e0295348_12492596.jpg

巨樹の森に咲く花

e0295348_2152171.jpg


e0295348_21492914.jpg



e0295348_12494669.jpg


e0295348_21494248.jpg



e0295348_12505977.jpg


e0295348_1250340.jpg


e0295348_13413974.jpg


e0295348_12462579.jpg

そして
新しい命が生まれています。

e0295348_013110.jpg


鹿もいました。
ブラックベアもいるのですが この時は出会いませんでした。
そのほとんどは公園側がコントロールしているので耳に識別番号がつけられています。
通常のブラックベアーは人間を襲ったりせず、むしろ人間が近づくと
ブラックベアの方から遠ざかっていきます。
しかし、人間の食べ物の味を知ったブラックベアは危険です。
公園内の全てのゴミ箱は鉄製の引き戸になっており、
ブラックベアが開けられないような仕組みになっています。
公園内に食べ物を放置したり、餌を与えたりする行為は罰金の対象になります。
因みに、人間の食べ物の味を知り人間を襲ったブラックベアーは危険なので
殺される運命にあります。

e0295348_12502633.jpg


色々説明してもらいましたが 何が何れで何だったのか・・・・・
写真を見てもよく覚えていなくて ちょっと残念です。

花の名前もわからなくてごめんなさい。m(^^)m
[PR]
by iris304 | 2014-07-25 23:27 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(36)

ヨセミテ国立公園 2 ♪ グレイシャーポイント

ヨセミテ観光へ戻ります

翌日は ヨセミテ国立公園の中でも 最も人気のビューポイントです。

ヨセミテ観光の拠点となるビジターセンターがある所からは
くねくねと蛇行する道を一時間位登るのですが
無理しても行く価値あり!!とガイドさんはおっしゃってました。

残念ですが、日帰りツアーでは、ここに行く時間はとれないようで
着後の説明を聞いて 日帰りの方は 皆さんがっかりされていました。


着きました~

ここが最大のハイライト
グレイシャーポイント(Glacier Point)
ヨセミテ渓谷の直上にある展望地で、
ヨセミテ渓谷の南壁の標高2199メートルにあり、
カリー・ビレッジの直上975メートルにあたります。
ここからは、ハーフドーム、ヨセミテ滝、バーナル滝、ネバダ滝、
クラウズレストを含むヨセミテ国立公園のすばらしい眺望が広がります。

e0295348_131837.jpg


e0295348_12143036.jpg

白い小さな雲が ぽわんぽわん といつまでも見ていた青い空でした。

e0295348_12141314.jpg


e0295348_12164244.jpg

右手の中ほどに白くちょろちょろと流れているのが ヨセミテ滝
この滝は雪解け水なので この時期にはもう風前のともしび
風で吹き飛ばされてしまう位しか流れ落ちていません。
やはり 5月頃が水量も多く勢いがあって迫力満点のようです。

e0295348_12134130.jpg


北米で一番の落差739メートル
アッパーフォールとローワ―フォール、その間にカスケードの3段の滝です。

e0295348_12454254.jpg



e0295348_12162044.jpg

公園内は このシャトルバスが走っており
グレーシャーポイントまでは所要時間 1時間
冬期は閉鎖される様です。

e0295348_12424523.jpg

森の案内板

e0295348_12431425.jpg

最初のビューポイントからもっと奥の展望台へ

e0295348_12541049.jpg

渓谷の底の方まで見る事が出来ます。

e0295348_13263210.jpg



e0295348_12444418.jpg

ハーフドームがより間近に 別の角度から見る事が出来ます。

e0295348_124442.jpg

子供達は大きな岩に乗って遊んでいましたが
とにかく暑くて大変!!
昨日今日、 2日とも気温は33〜34度もあったのですから〜

e0295348_13171184.jpg


e0295348_13123665.jpg


e0295348_13124925.jpg

眼下にはヨセミテ渓谷 カリーヴィレッジが見えます。
カリーヴィレッジははキャンプをする場所で、
テントに泊る方式のホテルや 青くプールが見えています。

e0295348_1321356.jpg

園内の高級ホテル アワニ―ホテルも見えています。

昨日は ポイントビュー観光の後は
このホテルでゆっくりしましたので 又 UPしたいと思ます。

e0295348_13222188.jpg

最後までご覧頂いて ありがとうございました。

もう少し続きます。

お付き合い頂けると嬉しいです。 (*^ー^)ノ 
[PR]
by iris304 | 2014-07-23 00:04 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(28)

ヨセミテ国立公園 1 ♪ トンネルビュー&ハーフドーム

いよいよヨセミテ国立公園内へ入ります。


まず最初は
ヨセミテ渓谷が一望できる人気スポット
『トンネルビュー』 へ到着

ヨセミテへツアーでいらっしゃる方は まず最初に訪れる場所でしょうか?

ここからは人工物が一切見えず、道路ですら見えないように配慮されています。


e0295348_10435537.jpg


左側、垂直にそびえたつエル・キャピタン

世界最大の1枚岩、高さ1000mの垂直な花崗岩で、ロッククライマーの聖地と言われています。

e0295348_1044455.jpg

この奥の右側に見える白い大きな岩
半分に割れたように見える大きな花崗岩
ハーフドーム と言われています。

様々なビューポイントから
その美しい姿を眺めることができるヨセミテのシンボルのひとつです。
ザ・ノース・フェイス のロゴのモデルになっている岩だそうです。

e0295348_10483253.jpg



e0295348_1045445.jpg

多くの人がここで写真を撮ったり 食事をしたりと
雄大な景色を前に、これから始まるヨセミテワールドに、胸は高鳴り、心踊らせていました。


e0295348_1194973.jpg

又来た道を下ります。
ここはかなり渓谷が深いところを走っていて怖いです。
でも 事故は殆どないそうです。
ガードレールがないこのような道路の方が 案外人は注意深いのでしょうね~

e0295348_1035731.jpg


そして また ハーフドームを見えるスポット、センティネルブリッジへ

これで、ヨセミテ渓谷の底からの高さは約5000フィート(1524メートル)、
海抜は約8800フィート(2682メートル)もあるのですよ~
この写真だとそんなには見えないですよね。


ここは写真撮影の絶景ポイントの一つです。
針葉樹から顔を出すハーフドーム、マーセード川を優雅に漂うカヌー。

e0295348_11134993.jpg

ここでは 全てのスケールが大きくて
感覚が鈍ってしまうというか まるで分からなくなってしまいます。

e0295348_1113273.jpg

こうしてこの岩だけを見ていると 
成る程 ノースフェースのロゴね~と分かるような気がします。

e0295348_11144722.jpg

カヌーに乗って水遊びをする家族連れ
手を振って 橋の下を進んで行きました~

e0295348_11194432.jpg


ここでは 馬上のレンジャーに遭遇

格好いいですよ~
でも 前のお姉さんは まだ馬が慣れてないように見受けました。 ('-^*)/
一瞬、影??と思ったら ただの道路の汚れ?痛み?でした・・・・

e0295348_11292550.jpg


e0295348_1129538.jpg

かたわらに咲く花

e0295348_11543262.jpg

可愛い実が生るのですね~

e0295348_11545088.jpg

日本で見られる花とは少し違う様で、名前も全くわからないのが残念でなりません。

e0295348_11485850.jpg



e0295348_11301789.jpg

[PR]
by iris304 | 2014-07-14 10:57 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(32)

ヨセミテ国立公園へ出発 ♪ 車窓から

『ヨセミテ国立公園』 は
1864年、州立公園に指定。
1890年、国立公園に指定。
1984年、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。

広さは 埼玉県とほぼ同じ
園内の総延長舗装道路は500km以上にもなるそうです。

今回は サンフランシスコから一泊二日の日本語のガイドツアーに参加しました。

                    
                      ❤


途中こんな風景が延々続きます。

e0295348_2139780.jpg


この辺りは樹木より風力発電の風車の方が多い位 沢山の風車が並んでいます。
まるで 砂漠の様に見えました。

e0295348_21374660.jpg

遠くに点々と風車が並んでいるのが見えてますが 余りに小さくてよく分からないですね〜


e0295348_21413830.jpg




e0295348_17255953.jpg


近づくとこんな形の風力発電です。

e0295348_012404.jpg




e0295348_0133342.jpg




e0295348_013766.jpg

途中トイレ休憩に立ちよったところ
ここはナッツや果物を販売している道の駅のような売店でした。


e0295348_17264542.jpg

この建物以外 何も目に入らない広大な土地が目の前に広がっていました。

e0295348_17372421.jpg


e0295348_10264466.jpg


この白いバスで 今日は21名の参加でした。

昨日、日本からサンフランシスコに入られた方
何日か他の都市を回っていらした方
アメリカの他の都市に滞在されている方
日帰りの方
一泊 二泊とスケジュールは様々でした。

e0295348_172707.jpg

国立公園の中は入ってから車中で食べた 日本のお弁当
美味しかったですよ~

e0295348_17271165.jpg


公園の中はとても厳しく管理されています。

熊やいのしし 鹿など 当たり前に生息していますので
特に熊に対する食べ物の対策が厳しくて
ホテルに入る時も 食べ物の管理は自分の責任できちんとする旨の
サインもしなければなりません。

キャンプ地は 車の中 自動車の中 一切食べ物の放置葉禁止
セーフティBOXへ入れることを義務付けられています。

自分の命は自分で守る!!

『人間から自然を守るのが一番難しくて大変、そしてお金もかかる!!』

と言う ガイドさんの言葉が 心に残りました。

本当にそうですよね。

子供が小さい時に参加したキャンプで学んできて言っていた事

『自然界にはごみ等ひとつもないんだよ!』
『未開の地域には成人病なんてないんだって!』

この言葉を思い出しました。


e0295348_10282498.gif

[PR]
by iris304 | 2014-07-12 21:55 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(30)

お出迎えのはな

皆さま
大変お久しぶりでございます。

戻ってまいりました。

時差ボケで早く目が覚めてしまたので 明るくなるのを待って
庭に出てみました。

この花が綺麗いだったので 戻ってカメラを取り
朝からパチリでしたが 花は綺麗なのに・・・・・(>Д<。) ( . _ . ; ) 

出掛ける時、固い小さな蕾みがほころんでいたので
もう終わっていると思っていましたが
お出迎えしてくれたようで 嬉しかったです。
              

                 ❤


アガパンサス
凛として存在感のある立ち姿が美しく惚れぼれします。

e0295348_6531642.jpg



e0295348_653469.jpg



e0295348_648285.jpg


アガパンサスの花言葉は、
全般的には『愛の花』『愛しい人』『恋の季節』『恋の便り』『恋の訪れ』『愛の始まり』
『愛の便り』『愛の訪れ』『誠実な愛』など。

青紫色系の花言葉は『知的な振る舞い』、『知的な装い』などで
これから始まる 優しく甘い恋の季節を想像すると とてもロマンチックですね~

沢山の花言葉の中で 『誠実な愛』これが心に残ります。

e0295348_6541355.jpg


e0295348_6423470.jpg


e0295348_6421890.jpg


e0295348_6565919.jpg


e0295348_7191479.gif


昨年のシカゴ
”来年はドイツで又会おうね~”との約束でしたが
友人が長い事シカゴを離れられないとの事だったので 
急遽 又私がシカゴへ行ってまいりました。

そして シカゴから友人と 『ヨセミテ国立公園』への二人ぶらり旅をしてきました。

広大な『ヨセミテ国立公園』のスケールに圧倒され 自然の素晴らしさに感動し
系由地の『サンフランシスコ』の市内観光と盛りだくさんの楽しい旅???
珍道中でした。

シカゴでは
友人がお世話になっているTYさんが経営する日本レストランのお手伝いをしたり
昨年とは違った面白い経験が出来て 又 新しいアメリカの発見がありました。

時差ぼけと 蒸し暑さでお疲れ気味ですが
少しずつ 整理して UPしていきたいと思いますので
ご覧頂けましたら 大変嬉しく思います。

どうぞ よろしくお願い致します。m(_ _)m


e0295348_7322620.gif

[PR]
by iris304 | 2014-07-08 07:40 | 日々のこと | Trackback | Comments(44)