モスクワ滞在記 ♪ ♪ 地下の美術館を訪ねて

ドイツも駐在員の世界は ドイツ語を学んだ方たちの色がありましたが
モスクワはロシア語と言う特殊な言語のせいか 更に狭い世界で 
学生時代からのお知り合い同志や 同窓 先輩後輩と言う繋がりの強い街でした。

夫のように長いことヨーロッパで仕事をしていて 晴天の霹靂のように
モスクワへ入った人間には 結構大変だったと思います。


  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※


夫の会社の同僚の奥さまに 美術館のような地下鉄の駅をご案内頂きました。
彼女はロシア語が出来るので 夫と一緒の時より安心で心丈夫でしたよ。

NHKの番組で モスクワの地下鉄はまるで美術館のよう~ と やっていたので
モスクワ行ったら 必ず行ってみたかったので とても楽しみに出かけました。

もう 地下の駅の構内はまるで宮殿のよう 一つ一つの装飾は 
まるで芸術作品と言ってもいい位に素晴らしい地下鉄の駅を見ることが出来て
感激でした。

e0295348_2237347.jpg


メトロの入口がすでに美術館みたいで 最初からかなりテンション上がっていました。

e0295348_2233132.jpg


モスクワの地下鉄は地下深~く潜って行く感じで
エスカレーターは 日本のそれの倍位の早さで進むので 結構乗るのは注意しないと
よそ見しながらは乗れなかった私  ショックだった・・・・・( . _ . ; )

モスクワの地下鉄はかなり充実していて便利だと思います。
山の手線のよう環状線が走り(5号線) 
その5号線の駅が最も美しい駅が多いと言われています。

競い合うように豪華な装飾の駅が続いているので 
次の駅に着くたびに歓声をあげてホームに降りていました。








ノヴォスロボーツカヤ駅 (5号線)

ステンドグラスが美しくて地下鉄の駅にしておくのはもったいない位の華やかな駅

e0295348_2263579.jpg


e0295348_2254463.jpg


e0295348_226079.jpg


e0295348_22103492.jpg


キエフスカヤ駅 (5号線)

ソ連時代の栄華を今に残すモザイク画が素晴らしくて
飽きることなく何台も地下鉄をやり過ごして鑑賞してしまいました。
 
どうして たかが地下鉄の駅をこんなにも飾りたてるのか???
社会主義時代の名残ですが こんな美しい地下の駅を毎日利用できるのは
なんと贅沢で幸せな事かと思いましたが 実際モスクワ市民はどう思って
何を感じて今を生きているのでしょうね?

e0295348_21585621.jpg


e0295348_221094.jpg


e0295348_22372824.jpg


ヴロスペクト・ミーラ駅(5号線)
陶磁のレリーフで飾られた駅で 個人的には一番のお気に入り。

e0295348_22102377.jpg


e0295348_22121272.jpg


e0295348_22383180.jpg


e0295348_22122598.jpg


この駅は 天井から下がるシャンデリアも素晴らしかったです。
e0295348_22125563.jpg


e0295348_2213639.jpg


ベラルーシスカヤ駅( 5号線)
ベラルーシスカヤ駅のテーマはベラルーシの革命で、
これに関するレリーフがたくさんあるようです。
この駅も 白い美しいレリーフに目を奪われました。

e0295348_22215380.jpg


e0295348_22212325.jpg


e0295348_22224277.jpg


地下鉄の車体は古くて車内は暗くて
日本から行くと乗るのがちょっと不安でためらわれる位のボロい地下鉄でした。

モスクワから友人が来日した時に 日本の電車は明るくて綺麗でと
驚いていたけど それはそうでしょう~
私だって余りに古くて汚くておんぼろでビックリしたもの。

電車は旧ソ連邦時代のまま?
もちろん 駅構内もソ連時代のものだけど 
だからこそこんなにも 贅沢で質の高いものが出来たのでしょう。

e0295348_2242264.jpg


e0295348_22275373.jpg


e0295348_22463218.jpg


出入り口

一体ここどこ?というくらい立派な装飾が施された扉
皆 当たり前のように出入りしていたけれど 
つい あちこち パチリパチリしないではいられない私

e0295348_22415871.jpg


e0295348_22474267.jpg


e0295348_2241817.jpg


ヨーロッパの主だった美術館は殆ど行ってるし 
何度も足を運んだ美術館も多いけれど
この地下の美術館は 今まで見たどの美術館にも勝るとも劣らない芸術品の数々でした。

ただソ連の歴史など不勉強できちんと理解できないのが残念でしたし
もっと ゆっくりのんびりしたかったかれど
何しろ 地下鉄の利用は原則禁止されているような状態なので
おのずと そこでの行動は制限されるの仕方がないことでした。

それでも 時間がある時 昼間の時間帯に
家族だけでも何度が地下の美術館巡りをしました。
その点は やはりツアーの観光旅行と違って自由がきいて良かったです。


行くたびに新しい発見があり もっともっとと欲張って見て歩きましたが
それでも まだ全てを見られた訳ではありません。

西ヨーロッパにはない魅力と不思議が一杯のロシア

又 時々綴りたいと思います。

ご興味があれば お付き合い下さいませ  m(_ _)m



e0295348_23104266.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://iris304.exblog.jp/tb/20919404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by renchiyan2 at 2013-08-18 05:18
おはようございます
早いエスカレーターやエレベーター私も苦手です・・・
Commented by siimama at 2013-08-18 11:17
こんにちは~^^
モスクワの地下鉄、本当に絢爛豪華ですね!
見とれてしまいます。
壁、床、天井がすべて凝っていますね♪
ステンドグラス、モザイク画、レリーフ、シャンデリア
どれも・・・うっとりです❤
地下鉄がこんなに美術館のようになっているなんて
不思議な空間ですね。
素敵な写真をUPしていただき、ありがとう❤
Commented by あまのがわ at 2013-08-18 12:07 x
 ハンバーガー屋さんのようなシンボルマークとは対照的な荘厳な美術館のような地下鉄構内。

めずらしい(そうでもないのかな?)アーチ型の天井や装飾・・・「威風堂々」と言う言葉が、ピッタリ!!

貴重な写真を見せていただきありがとうございました。
Commented by miyabiflower at 2013-08-19 12:39
モスクワ滞在記、楽しみに読ませていただいています。
地下鉄の駅、本当に美術館のようですね。
近代的な地下道もいいですが、こういう地下道も魅力的ですね。
東京メトロで真似してくれないかしら、と思いました^^
無意識に目に入るものは美しいものの方がいいですよね。
Commented by iris304 at 2013-08-21 11:54
renchiyan2さん  こんにちは ♪
エスカレーター ホント早いですよ。
乗り降りは緊張しました。
日本でも時々 そういう経験ありますが 
人の体は 何気ないスピードにも反応するのですね。
ロシアの人が日本でエスカレーター乗ったら
イライラすると思うのですが・・・・・
残暑続きます。 ご自愛くださいね。m(_ _)m
Commented by iris304 at 2013-08-21 12:04
まましまさん こんにちは 
TVで見た時は 半信半疑でしたが
実際 地下の宮殿のような空間に入っていったら
もう 驚きと感激、ノックアウトされてしまいました。
何とも言えない不思議な感覚で
夢の国に迷い込んだみたいでした。
ただ 日本とは違います。
ぼーと見とれたり 夢中になってパチリパチリと
いかにも観光客??ってそぶりでいるのは危険ですので
地下の芸術品にもドキドキワクワクせすが
危険リスクに対してもドキドキでした。
Commented by iris304 at 2013-08-21 12:25
あまのがわさん こんにちは ♪
ホントですよね。Mはハンバーガーショップみたいで
かなり現代的であっさりした印象ですよね。

それに対して
地下鉄の入口も建物もデザインも 他では見られない位素晴らしかったです。
構内の天井はアーチ型が多かったのですが
古い地中鉄で最初に出来たにも関わらず
深ーくもぐっていく感じなので 
アーチ型にする事によって解放的で明るい印象にしているのでしょうか?
地下へのエスカレーに乗って着いた所は
目も眩むような地下の宮殿????
別の世界に紛れ込んだ異星人みたいな感覚でしたよ。
Commented by iris304 at 2013-08-21 12:33
miyabiflowerさん 
楽しみにして下さっているなんて嬉しいお言葉をありがとうございます。
ロシアってフランス イタリアと比べると華やかさもなければ
情報も少ないしちょっと異質な感じがありますよね。
ST・PERTERSBURG(かなり西に近いいイメージ)へは行ってみたいと
思っていましたがモスクワは余り興味がなかったし
行く事はまずないだろうと思っていましたが
ご縁があって 住んでいたドイツを除けば
パリと同じくらい訪れた土地ですが
不思議の宝庫というか 心惹かれる街のひとつになりました。
時々 思いだして綴りたいと思いますので
よろしかったら 又 覗いて下さいませ。
by iris304 | 2013-08-17 22:43 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(8)

ありがとうの心を伝えたくて ♪


by あいりす
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31