一万円札のおせんべい

NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』 始まりましたね。

11月の大分の旅 の時にすでに大分では盛り上がっていました。

e0295348_1826665.jpg

黒田官兵衛は大分県人ではありませんが、中津城を築き中津藩の藩祖として
現在の中津市の基を作った人です。

その中津で官兵衛と並んで有名なのは『福沢諭吉』先生ではないでしょうか?
包装からもいかにもお札??というこんなお煎餅を頂きました。

e0295348_18284147.jpg

中は本物そっくりのお煎餅
一枚ずつ丁寧に個別包装されています。

e0295348_2120535.jpg

現在の一万円札の肖像は、言わずと知れた大分県出身の啓蒙思想家である「福澤諭吉」です。
昭和59年当時に新一万円札が発行された時から現在まで、一万円札の顔として活躍しています。
一万円の肖像画は、慶應塾史資料室に保管されている諭吉が56歳の頃の写真をもとに
作成されました。
豊前中津藩士の家に生まれた諭吉は、幼少の時期を大分県の中津市で過ごしました。
その地にある「福澤諭吉記念館」には、一万円券の一号券が寄贈されています。      HPより



袋の中に プチプチがついて保護してあったのですが とっても薄いので割れてしまいました。 

その『1号券の瓦煎餅』です

e0295348_14334935.jpg

薄いのでさくっと割れて香ばしくて美味しかったですよ。
昔からある いわゆる瓦煎餅のお味
こういう御煎餅 久しく食べてなかったので余計に美味しく感じたのかもせれません。

お札になるような偉大な人物『福沢諭吉』先生は 故郷の誇りですね。

沢山ご利益がありますように〜
いつもそばにいてくれすように〜
と、一枚だけは食べずにお守りとしてとってあります。
皆様も、大分、中津は遠いですが、
お近くにいらっゃったら、是非、一万円札のおせんべいを
お守り替りにお求めになって下さいね。
きっと、ご利益大ですよ!

e0295348_1411015.gif


福沢諭吉旧居・記念館

彼が幼小から19歳までを過ごした旧居、母屋と勉学に励んだ土蔵が見学出来ます。
奥が旧居で手前の記念碑のあるところが福沢諭吉宅跡。
諭吉少年の育った家はこの間口2間半の狭い家だったのですね。

e0295348_13165652.jpg

記念館では 『学問のすすめ』の初版本が展示してあり
一万円札の一号券も見ることができます。

e0295348_1423156.jpg


e0295348_1435475.jpg

中津にチエという貧しい乞食の少女が居ました。
汚いし臭いので嫌われていました。
ところが、諭吉の母「於順」はチエを自宅に招き入れます。
ボサボサで伸び放題の髪をすいて、蚤取りをしてあげます。
諭吉少年を呼んで、取った蚤を庭石の上で押しつぶして処分させます。
50匹も、多い時は100もの蚤が庭石の上で潰されます。
母は「蚤を取らせてくれたご褒美・・・だから」 言いながらご飯を食べさせて帰したそうです。


このような逸話が残る諭吉少年の母は優しくて情け深い女性だったようです。

e0295348_143358.jpg

勉学に励んだ土蔵の中
諭吉少年は ここで遠い世界に目を向け羽ばたく日を夢見ていたのでしょうか?

e0295348_1431656.jpg

旧居

e0295348_1434080.jpg



今日は成人式
”新成人の皆さん おめでとうございます。”


そして
第92回全国高校サッカー選手権 
富山第一高校 優勝おめでとうございます。
[PR]
トラックバックURL : https://iris304.exblog.jp/tb/21528362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by renchiyan2 at 2014-01-14 05:18
おはようございます
いま家の息子黒田官兵衛に興味津々テレビにかじりついています・・・
Commented by iris304 at 2014-01-14 20:47
renchiyan2さん こんばんは
我が家の息子も ”大河ドラマはやっぱり戦国時代だね”
と申しておりました。
私は昨年の八重の桜 故郷福島のゆかりの人であり
楽しみましたけどね・・・・・
コメントありがとうございます。
Commented by desire_san at 2014-01-15 14:52
こんにちは。
私のドイツ旅行記のブログにコメントいだき、ありがとうございました。

大分のは福沢諭吉の故郷なのですね。
個人的に、黒田官兵衛よりも福沢諭吉の方が興味がありますね。明治の変革の時代の中で知性派として、悩み試行錯誤を繰り返し自らの境地に行きついた姿は、難しい時代に生きる現代人の指針になると思います。八重の桜も、新島八重を主役とするより新島穣を主役とした方が難しい時代を生きる現代人に役に立つと思うのは私だけでしょうか。月の大河ドラマも吉田松陰の妻を井上真央が主役でとか、吉田松陰を主役にできないのは、テレビドラマの限界でのような気もします。勝手な意見を書いて失礼しました。民主主義の歴史が深い西欧に行って学んでいると、日本はこれで良いのかという気持ちをより強く持ってしまい、一言書いてしまいました。お気にさわる内容でしたら削除して結構です。

ドイツやイタリアなどについてこれからも紹介したいと思いますので、コケに懲りず、これからもよろしくお願いいたします。

Commented by noricapa at 2014-01-15 23:17
こんばんは
とってもご利益のありそうな諭吉さん煎餅ですね~
いつか大分の中津に行ってみたら是非買ってみます(^^
関東からはなかなか行ける場所ではありませんが・・(笑)

高校サッカーのファイナルは北陸勢になりましたね。
福島代表の富岡高校の戦いぶりには胸が熱くなりました。
Commented by aya_526 at 2014-01-16 06:46
あいりすさん おはようございます^^
新年のご挨拶が大変遅くなってすみません。
今年もどうぞよろしくお願いします♪

軍師官兵衛楽しみに見ています^^
大河ドラマはほとんど見ていなかった私ですが
前回の「八重の桜」にはまってしまって・・・
俳優としての岡田くんも好きですし♪
またまた毎週楽しみです。。。

諭吉煎餅もおいしそうですね~!
瓦煎餅大好きな私^^
ご利益もありそうだし、ぜひ食べてみたいです(*^^*)
Commented by iris304 at 2014-01-16 20:58
desire_sanさん こんばんは
ご訪問&コメントありがとうございます。
中津は 大分旅行の時案内して下さった友人のご主人の出身が中津で
どうしても案内したいとおっしゃって連れて行って下さいました。
記念館は写真不可なのですが とても興味深い資料が
沢山展示してありました。
私もこの時代に生きた人たちに興味がありますね。

ドイツで暮らしていると日本の良さも国としてのあり方も
色々と見えてきました。
学ぶ事が多かったと思います。
これからも ドイツや他の国の記事楽しみに致しておりますので
どうぞ宜しくお願い致します。
Commented by iris304 at 2014-01-16 21:09
noricapaさん こんばんは
諭吉先生は
なかなかやって来てくれないし すぐいなくなってしまいます。
九州は遠いですね。しかも 広い!!
一口に大分と言っても海側、山側広域県ですね。
七つ星 見かけたらいいなあ〜と期待していましたが
残念でした

富岡高校の試合は見る事が出来ませんでした。
お隣の茨城の高校にPKで敗れたのですよね。
頑張りました。
拍手を送りたいです。
Commented by iris304 at 2014-01-16 21:14
彩さん こんばんは

大河ドラマは長いので 途中中だるみがあったりで
結構一年間見続けるのは大変ですよね。
戦国時代の武将はドラマや映画や色々取り上げられていますが
兵庫県出身の武将って取り上げられたことないですよね。

ご利益があるといいのですが 食べちゃってますからね〜
却って罰が当ったりして・・・・・?
Commented by kirafune at 2014-01-18 09:19
中津というと、私はやはり
福沢諭吉さんを思い浮かべます。
黒田官兵衛が中津城を築いたのですね~。
岡田くん、かっこいい。
いい顔していますね。
中津の町おこしに一役。
今後の展開が楽しみです♪
Commented by iris304 at 2014-01-18 21:23
kirafuneさん こんばんは
私は中津には何イメージも持っていなくて
行ってみたら歴史的にも興味深い町だなという印象です。
この大河の中で官兵衛が築城したこの中津城、中津がどの位の位置づけになるのか
それによっては大分も大いに盛り上がることでしょう。
関係者も非常に期待している様でした。
一年間 楽しみです。





by iris304 | 2014-01-13 21:03 | 日々のこと | Trackback | Comments(10)

ありがとうの心を伝えたくて ♪


by あいりす
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31