ヘルシンキ ♪ セウラサーリ野外博物館

ヘルシンキ
最後は『セウラサーリ野外博物館』です。

ヘルシンキの半島の西側の付け根辺りにある小さな島
丸ごと国立公園になっているセウラサーリ。
北側の博物館地区には、
フィンランドの各地から移築された
18世紀から19世紀の古い家屋や教会が86棟も展示されています。


古い木造の教会の中に入ってみました。

教会の窓から

e0295348_711566.jpg

教会の入り口にかけてありました。
これは日時計の様ですが 文字盤が色あせてよく分かりません。

e0295348_23154178.jpg

中に入ると 入り口には 木造のキリストの像があります。
木の持つぬくもりや質感が 
キリストの表情を余計に際立たせているように感じました。

e0295348_7142255.jpg



e0295348_8375067.jpg

蜀台は全てこのように木彫りでしっかり握りしめているようにデザインされています。

e0295348_8112872.jpg

かまぼこ型のアーチの天井
その下にパイプオルガンがあります。
このオルガンの下にどんな人々が集い どんな音色を奏でたのでしょうね〜

e0295348_7451859.jpg



e0295348_7561482.jpg



e0295348_854190.jpg

外からみると案外 普通ですね。
中央、入り口上部に日時計が見えています。
一枚目の写真の窓も白い枠が可愛らしくて ほのぼのしていました。

e0295348_739059.jpg



e0295348_10412481.jpg



e0295348_10413423.jpg



e0295348_7152187.jpg


とても広い森の中にあるので全体の様子は撮れなかったのですが
このように当時の建物、小屋などが点在しています。


e0295348_7153716.jpg



e0295348_10552378.jpg



e0295348_10245143.jpg



e0295348_7185411.jpg



e0295348_719916.jpg



e0295348_7192443.jpg

このように腰の曲がったご婦人も散歩をしているのでしょうか?
とても歩くのが早くてびっくりしたのを覚えています。

e0295348_7202693.jpg



e0295348_831349.jpg



e0295348_7182512.jpg

どこからともなく 民族衣装を着た女性が現れました。
ショップや資料館がオープンするようです。

e0295348_7232616.jpg



e0295348_7234341.jpg

彼女達は ここの資料館のガイドさんやショップの店員さん
これから仕事が始まるのですね。
それぞれの持ち場に急いでいる様です。

e0295348_724577.jpg

建物の中に入ってみます。
ここは薬局だったか?定かではありませんで 申し訳ありません。

e0295348_7294713.jpg



e0295348_106198.jpg

こちらは一般の住居でした。
ゆりかごが釣り下がっていたり、木のベンチのような長いすが展示されており
当時の暮らしぶりを垣間見る頃ができて とても興味深かったです。

e0295348_9414643.jpg



e0295348_10314436.jpg



e0295348_9412557.jpg

案内のお嬢さん
この籠の中は私物のようですが何が入っているのでしょうね〜


e0295348_10323112.jpg

さすが ノルディックウオーキング発祥の地
ウオーキングを楽しむ人達が沢山いました。

e0295348_203918.jpg



e0295348_20383626.jpg

木作りの風車です。

e0295348_10425523.jpg

電話も当時の物なのでしょうか?

e0295348_20392261.jpg

このリスは 餌付けされちゃっているのでしょうか?
人の手から 餌を食べていました。

e0295348_10443421.jpg

冬期は閉園していますので 
きちんと調べて出掛けた方がよろしいと思いますね〜
丁度この週から(確か5月15日)のオープンでしたので 
建物の中も見学出来て良かったです。

なんやかや半日 ここで過ごしました。
時間が許せば 一日のんびり滞在したいなあ〜と思いました。
特に夏場だったら 日も長くてどんなにか素晴らしいことでしょうね~

ただ、小さなカフェがあるだけで 食事が出来る様なレストランはないので
ランチBOX持参でピクニックに行く様なつもりででかけると良いと思います。

ここまではこのバスで行く事が出来ます。

e0295348_22564546.jpg

これは便利なシステムで感激したのですが
どうするのだったか忘れてしまいました。
この数字は確か人数だったような。。。。。

e0295348_225802.jpg

この白い木の橋を渡ると右側に
インフォメーション、チケット売り場がありました。

その向こう側が博物館になっていますが とても広大な敷地なので
ぽつんぽつんと見えているだけで 静かな森の中という印象です。

e0295348_22462672.jpg

森の中に建物が博物館として移築されていますが 
入るのも散歩するのも自由ですし無料です。

子供たちが幼い頃に一緒に来られたらどんなに楽しかっただろう?
と思いました。

ヘルシンキの旅の思い出 
長い間お付き合い頂きまして ありがとうございました。


もうすぐ 6月 
北欧はこれから短い夏が始まります。


e0295348_9253542.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://iris304.exblog.jp/tb/23153908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ☆彡異邦人 at 2015-05-29 10:15 x
~☆ iris304さんへ ☆~
北欧の歴史的生活が色濃く残っているようですね。
自然の中で一体感となった暮らしは、日本でも
参考にして取り入れたいものです。
文明の発展よりは、こうした自然の中の生活が今、求められているのではないでしょうか。
妖精もいる様で夢がありますね。
Commented by marinariko64 at 2015-05-29 12:56
irisさん こんにちは。
 ヘルシンキの素敵な写真を見せていただき 有難うございました。
こんなに 素敵なところ 行ってみたいです。
北海道に住んでいるせいか、北の国に旅する事が頭の中に入っていませんでした。
これから、地図を出して確認し 旅行パンフレットをいただいて来たりし
妄想の世界に浸りそうです。
 
Commented by piyopapa0711 at 2015-05-29 15:38
こんにちは♪

日本で言う「古民家園」にような公園なんですね。
小さな島全体が博物館と言うのもお国柄でしょうか???
古い教会のかまぼこ形天井が印象的です。ローマ帝国時代の多くの教会に使われた建築様式?
と聞いたような(定かでない)記憶があります(2月にマルタ島の教会で) m_ _m

板材を貼り合わせただけの、とりわけ難しい技法で作られているとは思えないのですが、やはり
教会の天井はヴォールト構造!と作られたのでしょうね

燭台は重厚感溢れる彫刻ですね。小さな教会にもハートが注入されていたことが連想できますね。

圧巻はパイプオルガン!!写真では確認できないのですがパイプの外面にハンマーで叩いた痕は
見えませんでしたか?銀色のパイプは錫と鉛を配合して作った合金板をハンマーで叩いてパイプ
にしたのだと思います。

鉛が多いと透き通った様な音がする!そうです。だから錆びにくいのでしょうね、写真からも
パイプの表面に酸化皮膜が形成されているのが見えます。

教会の屋根は瓦?何でしょうか???
すみません、自分の興味あるところばかり細かく書いてしまいました。

引き続き、じっくり拝見させていただきます。
博物館の案内の女性の後ろ姿に惹かれちゃいました(笑)
ありがとうございました。
Commented by tatuotoko0406 at 2015-05-29 17:01
こんにちは。

今日もあいりすさんとブロ友になって良かった!と思いながら読まさせてもらいました♪

なかなか見られない風景を見てるんでしょうね、オレら。
ありがとうございます(^o^)v

今日のところはヘルシンキの方達にとっても、観光場所というかノスタルジーを感じるところなのでしょうか?

あいりすさんにとってボツ写真でも良いので、あと1回くらい延長してくれません?!
Commented by madamu_butterfly at 2015-05-29 23:46
こんばんは♡蝶々です

木造のキリスト様、
生きているようですね。
身体はなくとも精神は
世界中に広まった。
何が残っても良いよう
生きていきたいですね。
ヘルシンキの神秘的な写真、
言葉、irisさんの思いが、
好きです。
これからもヨロシクお願いします!


Commented by pote-sala at 2015-05-30 07:11
歩くたびにぎし・・っと音を立てそうな床に
木造のキリスト像。
人々の生活に密着していたのでしょうね。
賛美歌を口ずさむ声、祈りの言葉が
しみこんでいそうです。

文字盤が見えないくらいの日時計が、
時の流れをあらわしているようです。
Commented by u-tan1114 at 2015-05-30 09:41
わぁ~どれも惹かれるものばかりです^^
古い教会、外は童話に出てくるようなとても可愛らしい外観なのに、中は木造でとても古くて、ひとつひとつ見入ってしまいそうです。
こんなところに行ったらわくわくしてしまいますo(^▽^)o風車もリスも、店員さんの衣装も素敵。
またゆっくり見させていただきますね♪
Commented by takeshi_kanazaw at 2015-05-30 10:31
野趣溢れる感じの調度品がいいですね。
この感じが北欧なんでしょうか。
ゆっくり時間を気にしないで廻るといい場所ですね。
Commented by arak_okano at 2015-05-30 11:20
屋外博物館とは言えない規模の、一大歴史テーマパークですね、日本人には思い浮かばないと思います。バグースです。
Commented by siimama at 2015-05-31 10:22
こんにちは~♪
わぁ~、あいりすさんの撮られた写真どれも素敵です!
いつも、行ったことがない国に連れて行っていただけて
嬉しいです♪

↓の『かもめ食堂』はまだ観てはいなかったんですが
YouTubeで予告を観させていただきました。
この映画で流れている井上陽水の曲、好きです♪
ありがとうございました(*^^*)
Commented by janto at 2015-05-31 22:35
こんばんは♪
とてもすてきな楽しい旅をさせて頂きました^^
森の中の教会や、可愛らしい電話ボックス、民族衣装の娘さんたちや散歩をするおばあさん、どれもみんなおとぎ話のようです。
自然とともに暮らしている様子が、とてもすてきでワクワクします。時間がゆっくりと流れているようですね。
Commented by 22902805 at 2015-05-31 23:38
HIDETOKO: アイリスさん こんばんは

いいところですね。
手作り感いっぱいのログハウス。
とっても興味深く見させて頂きました。

今でもフィンランドログハウスは、
輸入されていますがこのような歴史が
あるんですね。
Commented by makemeup_451248 at 2015-06-01 12:01
こんにちは♪

雰囲気あるところですね〜。
往時の人々の生活がしのばれます。

王侯貴族が出入りする礼拝堂はもちろん素晴らしいけれど、名もなき人々が跪く礼拝堂は何とも言えない雰囲気を醸し出しますね。

パイプオルガンは、どんな音色を奏でたのでしょうね〜

まだ見ぬ国、行ってみたいです♪



Commented by saitamanikki2008 at 2015-06-02 11:31
こんにちは。
ヘルシンキ記事を拝見して、
3~4日現地を訪れたような感じです。
街中の風景、ショップ、本屋やセウラサーリ野外博物館など、
ヘルシンキの空気感までありました。
有り難う。
Commented by iris304 at 2015-06-02 15:21
*異邦人さん こんにちは^^

ヘルシンキの人々の暮らしぶりは
自然と共にあって素晴らしいなあ〜と感じました。
長々とお付き合いありがとうございました♪
Commented by iris304 at 2015-06-02 15:25
*marinariko64さん こんにちは♪

北海道も素敵な所ですよね〜
これからも何度も行ってみたいです。
確かに寒い所ですが、北欧のそれとは違うかもしれませんね。

私の拙い写真では北欧の素晴らしさをお伝え出来なくて残念ですが
是非 パンフレットやガイドブック等ご覧になって見て下さいね。
ご覧頂いて ありがとうございました。
Commented by iris304 at 2015-06-02 15:32
*piyopapa0711さん こんにちは^^

余り覚えていなかったのですが、この古い教会だけは印象に残っています。
ヴォールト構造っていうのですね。
板を張っただけで なんとも思いませんでしたが・・・
そんな貴重な技法なのですね。

パイプオルガンも凄いなあ〜と眺めていただけでした。
そんなに丁寧にご覧頂いて恐れ入ります。
改めてしっかり見てみます。

写真を選びながら
”あら私も piyopapa0711さん しているじゃない!!”と思わずニヤとしてしまいました。
お嬢さん方が 突然現れたのでビックリしましたが
素敵な後ろ姿でしたよ〜
Commented by iris304 at 2015-06-02 15:37
*オレさん こんにちは^^

マジでおっしゃっていますか?
しょぼい写真の中から選ぶの大変だったのですが、
そんな風にご覧いただいて嬉しいです。

ここの野外博物館 今回の旅の中で一番のお気に入りの所です。

本気にして 叉UPするかもしれませんよ〜
その時は、え、本当にUPしたの?なんて思わないで下さいね。
Commented by iris304 at 2015-06-02 15:43
*蝶々さん こんにちは〜

拙い写真と言葉綴りのブログですのに
そんな風に仰って頂いて恐縮です。
ヘルシンキを訪れたのは大分前で、
写真も今ひとつで 選ぶのも苦労しましたがご覧頂いて嬉しいです。
これからも どうぞよろしくお願い致します。
Commented by iris304 at 2015-06-02 15:53
* pote-salaさん こんにちは^^

島の中に 北欧の古い時代の建物がぽつんぽつんと展示されていて
のんびり散歩が出来ました。
本当に どの建物も歩く度にギシギシと歴史の重さを感じました。
家具調度も時代を感じさせてくれる物ばかりで 興味深かったです。
人が集まる中心に教会があり その集う人々の暮らしの真ん中に賛美歌があるのでしょうね〜
どんな音色でどんな歌声で人々の暮らしがあったのか??
素敵な教会でした。
Commented by iris304 at 2015-06-02 15:58
* u-tan1114さん こんにちは^^

本当に可愛いおとぎ話に出て来そうな教会でした。
全て木製で その一つ一つに当時方々の暮らしぶりが偲ばれました。
こういう所 お好きですか?
私も ワクワクしました。
このお嬢さん方 民族衣装を身にまとって とっても素敵でした。
いつもコメントありがとうございます^^
Commented by iris304 at 2015-06-02 16:02
* takeshi_kanazawさん こんにちは♪

人々の生活の一部になっている博物館でしたが、思いもかけず素敵なところでした。
当時の家具調度等、ほのぼのとした暮らしが伺えて
興味深かったです。
個人旅行なので 時間をゆっくり取って見て回る事が出来ました。
Commented by iris304 at 2015-06-02 16:04
*アラックさん こんにちは♪

本当に 野外博物館などと言う様な規模ではなく
人々の生活の場でした。
ご覧頂いてありがとうございます。
Commented by iris304 at 2015-06-02 16:07
*まましまさん こんにちは〜

お粗末な写真ばかりで 選ぶのに苦労しました。
それでも色々ご覧頂きたかったので 無理矢理UPしました。
楽しんで頂けて嬉しいです。
ありがとうございました。

かもめ食堂 機会があったらご覧下さいね。
あの映画で 北欧がとっても身近になったような気が致します。
Commented by iris304 at 2015-06-02 16:12
*あんさん こんにちは^^

本当におとぎの国に迷い込んでしまった様な空間でした。
日本の野外博物館の規模ではありませんね〜
民族衣装を身に着けたお嬢さん達も 
とても可愛らしくて おとぎ話の中から抜け出した様でした。

広さなら あるとは思いますが
そのあり方というのか とにかく全てがのんびりと言うか 
その雰囲気がとても日本では存在しないのかな?と感じました。
Commented by iris304 at 2015-06-02 16:14
*HIDETOKOさん こんにちは^^

フィンランドのログハウスって有名なのですね。
確かに森と湖の国なので いい木があってログハウスを造るには
ぴったりの環境だったのでしょうか?

ご覧頂いてありがとうございました♪
Commented by iris304 at 2015-06-02 16:19
*makemeup_451248さん こんにちは〜

木造の教会は 建物は勿論
中の全てが、人々の暮らしぶりを物語っていました。
ここに集う当時の人々の思いが 
今尚ここに残って人々を守ってくれている様でした。

本当に どのような音色を奏でたのか?
その音の下、人々はどんな風に暮らしていたのか?
とっても興味がありますね。

ヘルシンキ 楽しんで頂けましたか?
ご覧頂いて ありがとうございました。
Commented by iris304 at 2015-06-02 16:23
* saitamanikki2008さん こんにちは♪

雰囲気だけでもと思いまして、ちょっとお粗末な写真を沢山UPしてしまいました。
ヘルシンキお楽しみ頂けましたでしょうか?
その土地ならではの空気感、生活感
少しでも感じて頂けましたら本当に嬉しいです。
ありがとうございました^^
Commented by aki-bluesky at 2015-06-02 17:04
古い建物が86棟もあるとは、セウラサーリはとても広大な場所なのですね。
教会の像や手の形の燭台など、独特の雰囲気ですね
緑も多く、爽やかな雰囲気で、写真を拝見して癒されました。
Commented by iris304 at 2015-06-04 11:36
* aki-blueskyさん こんにちは〜

広くて 多分ほんの一部しか歩いてないと思います。
普通に森の中でしたよ。
当時の暮らしが偲ばれて なんともゆったりとした時間を過ごしました。
パック旅行では こんなのんびりは出来ないでしょうが
そんな訳で いわゆる観光って感じではないのですが
ご覧頂いて 雰囲気を味わって頂けたら嬉しいです。
ありがとうございました。
by iris304 | 2015-05-29 09:26 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(30)

ありがとうの心を伝えたくて ♪


by あいりす
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30