2016年 07月 31日 ( 1 )

CHICAGO滞在記 2016 ♪ ナイアガラの滝を見に行く

今回の『ナイアガラの滝 日帰りツアー』

バファロー空港でNYから到着するという何やら曰くあり気なカップルと合流し
今回のツアーは4人だけ

小さなツアーだったので 待ち時間もなく割合、スムーズに進みました。

バッファロー空港から一路カナダへ向かいます。 

カナダの国境までは27㎞



ナイアガラの滝は
エリー湖からオンタリオ湖に流れるナイアガラ川にあり、
カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州とを分ける国境になっている。
カナダのトロントから南南西に120km(75mi)、
アメリカのバッファローから北北東に27km(17mi)
両国とも同名のナイアガラフォールズ市(オンタリオ州側、ニューヨーク州側)に位置する。
滝は豊富な水力資源と景観の美しさで知られる。
ナイアガラの滝はゴート島によって、カナダ側の国境を挟んだカナダ滝と
アメリカ側のアメリカ滝からなる。
アメリカ側はさらにルナ島を挟んでブライダルベール滝がある。
最終氷期(最後の氷河期)の後退期に形成され、五大湖の水流がナイアガラ崖線を経て
大西洋に流れ込む過程にある。
   Wikipediaより


左側がアメリカ滝、その脇の細い小さな滝がブライダルダルベール滝  右手奥がカナダ滝

真ん中のグリー地帯がナイアガラ川の中洲であるゴード島
この島を境にアメリカ合衆国、カナダの国境となります。
で、この島はアメリカ合衆国に属します。


e0295348_16501373.jpg


今回はカナダ側から
滝のすぐそばまで行けるナイアガラ名物の遊覧船に乗りました。

『霧の乙女号』というロマッチックな名前の遊覧船です。

カナダ側からの乗船は皆この赤いビニールのカッパ着用。
アメリカ滝の真ん前から乗船です。


e0295348_1859339.jpg


アメリカ滝
左手にアメリカ側の展望台が見えています。


e0295348_16524592.jpg


滝に近づいてくると飛沫がすごくてびっくりします。
でも、この位は冷たくて気持ちがいい位だったのですよ〜


e0295348_16505540.jpg


右側がブライダルベール滝 これでも15メートルあります。


e0295348_1935263.jpg


アメリカ滝を横に見てカナダ滝に向かっています。


e0295348_19485152.jpg


カナダ滝が見えてますが、左手はまるで氷河の様です。

e0295348_23553766.jpg




e0295348_2263010.jpg




e0295348_2274359.jpg


滝壺に近づいてきましたが これが限界 
水量が激しくてカメラを持っていられません。

何が何だか分からない霧の中
とにかく経験のない雨に降られている!って感じ


e0295348_1930236.jpg


やっと滝壺から離れて皆ホッとして、カメラを向けています。


e0295348_1651255.jpg


川岸にはシェラトンホテル他 カジノ等も見えています。


e0295348_16532821.jpg


戻ってきてナイアガラの滝の全景です。


e0295348_1652418.jpg


アメリカ側からの展望台。
小さく人が蟻の様に見えます。
お分かりになりますか?


e0295348_19112451.jpg



e0295348_2337324.jpg


こちらは、アメリカ滝の上から眺めている人達です。。


e0295348_1912051.jpg




e0295348_2244725.jpg


遊覧船を下船後 ランチの為
遊覧船から見えていた『シェラトンHotel』のレストランに向かいます。

ホテルのレストランからの眺め

e0295348_1656029.jpg



テーブルで滝の方のフォトを撮っていたら
レストランのお姉さんが
”向こうのベランダから撮るといいよ!”と教えてくれたので
行ってみました。
が、しかし〜
足元が見えなければ平気なのですが、こういうのはちょと苦手で ・・・
いえ、もう腰が引けてしまっているので
これで精一杯


e0295348_16564472.jpg


それにしても こんな街中に 
これだけの水量の滝が落ちているのが不思議で不思議でたまりません。

日本の三大瀑布の一つ 華厳の滝の様に山奥の高い所から落ちているとか
ヨーロッパのアルプスの山々から流れ落ちているのが
滝だと思っていたので
私の中の滝の概念がもろくも崩れました。


e0295348_22485465.jpg


この後 びっくりすることが起きました。

 続き・・・・・
[PR]
by iris304 | 2016-07-31 23:58 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(40)