<   2013年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Go Go Happy Birthday

入口でお出迎えのバルーン

e0295348_1240692.jpg


何がいいかなぁ~と色々考えて 結局 これにしました。

飲み物 お花は沢山届くと思うので 何か楽しい事を!!と
バルーン  です。

え~ 風船??と思うかもしれませんが 
とにかく 私達の集まりは楽しく 面白く・・・・なので 

ドイツ時代 私達の楽しい集まりには 
この ふわふわバルーンはなくてはならないアイテムだったのです。

今回の集まりはドレスコードこそなかったけれど 
いつも くだらないドレスコード (@_@;) があったりして
え~ どうしようと思いながらも 皆に会えるのを楽しみに色々頭を悩ましています。

e0295348_14553625.jpg


今日は おちびちゃん達も沢山参加していたので 
ちびちゃん達のお菓子やおもちゃも準備しましたよ。

e0295348_13263788.jpg


バースデイケーキは この時 の 二人の笑顔が真ん中に

そう 今日の主役は この時の花嫁のママです。

e0295348_151218.jpg


e0295348_1244573.jpg


この 『華麗なるギャツビー』 との 
コラボのシャンパンが気になって気になって仕方ない私 
開けていい?と言う事で 私が開けちゃいました

テーブルに荷物を掛けたりする あれ でした。

キラキラして可愛くて さすが お洒落なバックハンガーでした。

e0295348_12464130.jpg


オリジナルではハート4つだったのですが
55歳のお誕生日だったので  ハート二つを数字の 『5』 ふたつに差し替えて

GoGo 55歳にしました。


お誕生日 おめでとう  &  ありがとう

e0295348_13454615.jpg


30年近いお付き合いの私達が こうして歳を重ね
元気で誕生日のお祝いで集まる事が出来るのは 
”本当に幸せでありがたい事だなあ”と楽しい時間を思いながら
我が家の現実に戻ってきました。


e0295348_1435721.jpg

[PR]
by iris304 | 2013-06-30 21:32 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
パリのクリュニー中世美術館
この美術館の事 知らなかった。

何度も訪れたパリなのに・・・・・

駅構内や色々な所で ぱっと華やかな赤いポスターが目についた方も多いかと思います。

e0295348_8502785.jpg


フランス国外に貸し出されたのは過去にたった一度だけ
1974年 アメリカンのメトロポリタン美術館だったとか。

珠玉のコレクションとはいうものの タペスリーという余り馴染みがないものだからか
人も余り多くなくて 行きつ戻りつしながらゆっくりと鑑賞することが出来ました。


 国立新美術館
e0295348_851989.jpg


e0295348_8513714.jpg


やはり男性が少なかったですね。
壁掛けなどの室内装飾用の織物なので なんとなく女性的なのでしょうか?

6連作一堂に鑑賞出来て 圧巻でした。
それぞれ見比べることが出来て 違いが現物で確かめられて面白かったです。

落ち着いた赤い地色に千花模様(ミルフール)が目に鮮やかで 
草花 動物 鳥 一角獣等
ひとつひとつ楽しく見ることが出来ました。

あの  『 ジョルジュ・サンド』 が絶賛したというこのタペスリー

触覚 味覚 臭覚 聴覚 視覚 

人間の五感を表していますが 残る一枚 『我が唯一の望みに』
が何を意味しているのかについては
愛 知性 結婚 等 諸説ありますが未だ謎に包まれているようです。


e0295348_8531085.jpg


e0295348_8532411.jpg



まだ寒い頃 竹橋の東京国立美術館 『美術にぶるっ』 に 
行った時以来の記事ですが

その後も

書聖大義之 日中国交正常化40周年特別展 : 東京国立博物館平成館
飛騨の円空特別展 : 東京国立博物館上野公園
国宝大神社展 : 東京国立博物館平成館

と 行きましたが どれも期待以上に素晴らしかったです。

中でも もう行くのはやめようか?と思っていた 『大神社展』
これがもう見ごたえがありました。今でも あまたの国宝の姿が心に残っています。

各神社の秘宝 国宝の数々 めったに拝めないものばかりでした。
女房装束 蒔絵手箱 女神座像 安徳天皇の産着と言われる神宝など
印象に残っています。

あれだけの国宝 神宝を鑑賞しに日本全国を回るのは大変事ですからね。
この展示を企画 実施するにはさぞ御苦労があったのだろうなあなんて思ってしまいました。


e0295348_8534382.jpg


5月には 江戸東京博物館で開催の 『八重の桜』 も 行く予定だったのですが
ぎっくり腰になってしまって残念でした。

これら全て息子が招待券を貰ってきてくれたものですが、これが最後です。
今まで随分と楽しませてもらったわ o(^▽^)o
長い間、ありがとう! そして よく頑張りました。
ありがとう。


他に 上野毛の五島美術館の招待券(これは私が東急の懸賞で貰ったもの)も
あったのですが 期限ぎりぎりになってしまって・・・
結局ぎっくり腰で こちらも断念しました。

日本の美術館展はどこに行っても とっても混んでいてゆっくり鑑賞出来なかったり
大きな声でおしゃべりしながら観て回る人がいて 不快な思いをする事もあるけど
それでも やっぱり本物だけが持つ力強いメッセージに心ときめきます。


e0295348_8512570.jpg


どの美術館も 美術館の建物自体も素晴らしい芸術だと思います。

今回の国立新美術館は 故黒川紀章さんのデザインで空間と曲線が美しく
レストラン・カフェやフロアにたっぷりと入り込む光が柔らかく
訪れる人々を包み込んでいるようです。
この日は外は大雨でしたが 雨に打たれた緑が美しかったです。
陽の光の入り方も 季節によって変わりますが 
私は冬の低い太陽が入りこんだ床の感じが好きです。

全面ガラス張りのお洒落なデザインですが木が沢山使われています。

e0295348_955107.jpg



美術館賞ではなく お散歩感覚でおでかけになっても楽しめるように思います。


乃木坂駅から外に出ずに入館できるのですが 西入口から入る事になります。
一度正面入口から 建物全体をご覧になると 
ぐにゃぐにゃした感じの全体がよく分かると思います。

「新」の文字をイメージし赤い直線で模られたシンボルマークは、
楽天やユニクロのロゴで有名なアートディレクターの佐藤可士和さんが作成したものです。


又 今は小さなお子さん連れの方にも配慮があり
全ての美術館ではないのかもしれませんが 
託児サービスもありますので ご利用されるといいかもしれません。

3Fのアートライブラリーも 子ども向けのアートの本等幅広い蔵書も多く
魅力的です。

『感動は免疫力を高める!!』  ← いつもこればかり (>_<)


帰りはいつも この思いで一杯になって心も身体もリフレッシュされるようです。

PS :チケットがもう1枚あります。どなたか、ご興味がある方は、
ご連絡下さいませ。15日までなので余り日にちはないのですが、、、

e0295348_104487.jpg

           今日はこれからとってもとっても大切なお友だちの誕生パーティーに行って来ます

e0295348_1024567.jpg

[PR]
by iris304 | 2013-06-29 13:28 | 日々のこと | Trackback(1) | Comments(2)

再会  ❤  ❤  ❤

待ち合わせ場所で 彼女の顔を一目見た途端に
15年前のあの時の気持ちがよみがえり 鼻の奥がツーンとなった。

彼女にお会いするのは 今日で4度目。

初めてお会いしたのは 長男を寮に入れた15年前。
まだ、肌寒い春のあの日

あの時、ご一緒したママ達は、殆ど皆さん海外で暮らしていて、
15歳で親元を離す子供の事が心配で胸が一杯だった。

2度目は、高校の卒業式

3度目は 大学の入学式

そして 今日

あの日初めてお会いしてから 15年 

最後にお会いしてからは、お互い ロンドン ドイツ 日本と離れて暮らして
12年間お会いすることもなく 電話で時々お話するだけ



e0295348_18315755.jpg


高校3年間と言う多感な時期 
寝食を共にし、 互いに助け合い励ましあって過ごした時間は 
彼らの絆を深め 生きていく力の元を作ってくれました。

皆 当然のことながら 山あり谷あり 色々あったけれど
今は立派な社会人となり 企業の一員となり頑張っていることは
親としては何よりも嬉しく また、ちょっぴり誇らしく、
そしてほっと一安心しています。

お話は尽きないけれど 
これからも時々お会いしましょうね~と 
再会を喜び 又の機会を約束してお別れしました。




e0295348_18373225.jpg

[PR]
by iris304 | 2013-06-28 21:25 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

可愛いクッキー oishii

マーガレットのクッキーと思ったら違いました。

e0295348_1532215.jpg


レモンデイジークッキー
素朴で可愛い箱に入っていました。

e0295348_23131771.jpg


子供が描いた絵のようでほっとするパッケージです。

e0295348_15272092.jpg



e0295348_1528147.jpg


2枚ずつ小分けされていて 袋を開けると ぷ~んとほのかにレモンの香り
お味はやっぱりアメリカの味なのかな?
食べ慣れているヨーロッパの味と言うか風味ではないようでしたが
歯ごたえもあって美味しく頂きました。
目に飛び込んでくるこの形が可愛くて より美味しさを増しますね。

お菓子ひとつにも お国柄というか個性があって面白いですね。

お菓子もパンもお料理も日本が一番美味しい!!って思うけれど
美味しいと感じるのは味覚だけではなく 視覚だったり触感だったり
一緒にいる人との幸せな時間や楽しい会話はもちろん
目に映る景色や風の音 小鳥のさえずり
その全てが 美味しさの素ですね。

そんなものが混ざり合って一体となって 人の味覚はあるのですね

美味しい時間は幸せ時間

e0295348_1530683.jpg


e0295348_1554619.jpg


e0295348_15304077.jpg



e0295348_1685072.gif

[PR]
by iris304 | 2013-06-26 21:54 | 美味しい | Trackback | Comments(0)
武相荘

長屋門から庭を見る

e0295348_15352853.jpg


この上がり石の右手はカフェになっていて ケーキ&お茶が頂けます。

e0295348_21315589.jpg


この手洗いも 古い時代のもが上手にお洒落に使われていますが
今の暮らしに少しも違和感なくむしろ先端を行く感があります。

e0295348_0193368.jpg


こちらの階段は2階のギャラリーへ

e0295348_21333061.jpg


このガラスのランプのシェイプがいい具合で いつの時代のものでしょうか?

e0295348_21335294.jpg


ギャラリーの入口

e0295348_13293018.jpg


ギャラリー内は撮影禁止なので外からガラス越しに撮影
かつて土間だった所はリビングルームになって今はソファが置いてあります。
その隣の 囲炉裏 があったところ
今は夏の設えで 
大正時代の古いガラスの器等が涼しげに展示されていました。
          
(室内撮影禁止なので太字クリックしてみて下さいね)
e0295348_22435868.jpg


奥座敷 には 二人の 麻 上布 夏の着物が展示されていて素晴らしかったです。

美しいものを鑑賞すると、心は元気に豊かになりますね。

こちらは 書斎
白洲家が所蔵するさまざまな調度品や
たくさんの書物に囲まれた正子の書斎を見ることができます

今は夏の展示ですが季節によって変わるようです。
e0295348_21215752.jpg



e0295348_13302791.jpg


庭の敷石が雨に打たれて生き返ったよう。
e0295348_13305114.jpg


鈴鹿峠 の散策路
e0295348_23142316.jpg


庭の外れは竹林になっていて きっと昔はどこの農家もこうだったのだろうと思われます。

e0295348_038355.jpg


この3重の塔の下に 正子は次郎の遺髪を埋めたという。
草花で見えないのですが、塔の下にはお地蔵さまが、
二つ彫られています。


e0295348_036144.jpg


庭から長屋門を見る

e0295348_23124277.jpg


e0295348_13123814.jpg


生憎の雨模様だったけれど 
入館料1000円は高いかな?と思ったけれど けっして高くはなかったです。
充分に見ごたえのある記念館でした。

茅葺屋根の元は農家だったという古い家を改造した住まいもとても興味深く 
静けさに包まれた昔の農家の佇まいの中に
文化の香り高い住まいの工夫が感じられました。

ショップ2Fのビデオサロンで 15分程度のNHKの番組を流していますので
それを最初にご覧になってから 建物  展示品 庭を散策すると 
より楽しめると思います。

二人がこの家を手に入れた昭和18年当時、この辺りは鶴川村と呼ばれ
武蔵と相模の境にあたるこの地に因んで 
彼独特の一捻りしたいとの気持ちから”不愛想”にかけて「武相荘」と名付け
悦に入っていたそうです。

e0295348_0401312.jpg


彼は昭和60年1985)に83歳で亡くなるまで、
妻の正子は平成10年(1998)に88歳で亡くなるまで、この武相荘を終の棲家としています。

60年近く一度も引越しすることなく ここに暮らしたことが幸いし
武相荘は その当時の姿を今に留めているようです。

夫婦円満でいる秘訣は何かと尋ねられて、次郎は『一緒にいないことだよ』 と答えたとか。

季節を変えて 是非又 訪れてみたいと思いました。

久しぶりに心ときめくお出かけでした。



  武相荘
  町田市能がケ谷7-3-2
  TEL 042-735-5732 10:00~17:00 
  休館日 毎週月曜、火曜日(祝日・振り替え休日は開館)
  小田急線鶴川駅下車 徒歩15分
[PR]
by iris304 | 2013-06-23 09:14 | 日本のあちこち | Trackback | Comments(0)
朝から一日雨の予報
よっぽどお休みしようかと思ったけど 
乗換の新百合ヶ丘でランチの約束もしちゃったし・・・・・

行ってきました。
鶴川にある 『武相荘』

以前から行ってみたいとは思っていたのですが 鶴川という馴染みのないところで
しかも駅から遠い (>_<) 15分程歩きます。

”雨の日には雨の日にしか見えない何かが見えるはず”




休息所に置いてあった蚊取り線香

e0295348_13111665.jpg



e0295348_13112868.jpg


この休息所でひときわ存在感を放っているのが 次郎が17歳で買ってもらった!!という
1916年型 ペイジ Six-38 フリートウッド製5座席ツーリングカー

e0295348_23584750.jpg


『日本で初めてジーパンを履いた男』だそうですが
整った顔立ちに長身の次郎のジーパン姿は、さぞかし良く似合ったことでしょう。
近年は「日本一カッコいい男」と呼ばれているそうです。
実際 何げない白いTシャツにジーンズ姿の次郎の大きな写真が車の横にかかっていますが
まあ 格好いい!!ほれぼれします。
次郎 いくつくらいの時の写真なのでしょうか?

e0295348_0512164.jpg






e0295348_013580.jpg


休息所から入口の受け付け&ショップ  2Fビデオサロンを見る

e0295348_13233724.jpg


長屋門

e0295348_23173673.jpg


その入口には 大きな臼 
新聞受け 郵便ポストですよ。

ううううう~ん

e0295348_2318195.jpg



e0295348_23183052.jpg


二人が、もとは農家だったというこの家を買ったのは 昭和18年。
今、古民家を再利用して新しく暮らす のが流行っているけれど
今から70年近くも前に、彼らはすでに
古民家に暮らすという、今のブームの先駆けのような暮らしを始めていたなんて
改めて二人の揺るぎない信念と 豊かな感性と自由な発想を持っていたことを
知ることが出来ました。




次回 続きます    ♪   ♪   ♪



e0295348_242946.jpg

[PR]
by iris304 | 2013-06-22 14:16 | 日本のあちこち | Trackback | Comments(4)

僕のイタリアン

父の日に 息子が作ってくれたお昼ごはん

冷凍で常備している焼鮭を使って

焼鮭とトマトのぺペロンチーノ


単身赴任中の父親の変わりに 私が食べました (*^ー^)ノ

☆ ひとつ半 です   ******

何か青味が欲しいかな?
しかも量が多い!
残してしまった。ごめんなさい。

星の数は渋々納得したみたい。
まだまだ かな〜
これからも精進あるのみ

今度、帰国した時は ☆ 三つ食べさせてあげてね


e0295348_225195.jpg


何もせずに待っていたら、食事が出てくる!というのは
主婦にとっては、何にも勝る最高の贅沢ですね。


夫は留守で残念だったけど、
嬉しい父の日のパスタランチでした。

ありがとう m(_ _)m


e0295348_2261694.jpg

[PR]
by iris304 | 2013-06-20 21:57 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

ガラスの紫陽花

 このベランダの紫陽花 の花が少し散っていたので

集めてもうしばらく室内で楽しもうと思ったけど
余りに小さい。

小さなガラスの器に浮かべてみた。

花弁には殆ど色が付いていないのに 水に放したら
ガラスのブルーが映えてはなびらに色が付いているみたい。

e0295348_15292592.jpg



e0295348_15191774.jpg



紫陽花 光 ガラス 水 が織りなす不思議な世界



e0295348_15415276.jpg



e0295348_1533291.jpg




e0295348_15213148.jpg





e0295348_15493261.gif

[PR]
by iris304 | 2013-06-18 21:13 | 季節のハーモニー | Trackback | Comments(2)

紫陽花の季節に

ベランダで花を咲かせている紫陽花

『墨田の花火』

e0295348_2202492.jpg


e0295348_2262652.jpg


e0295348_2203863.jpg


大きな買い物かごに入れて楽しんでいます。
この籠は ドイツにいる頃は普段にお買い物に使っていました。

e0295348_2205030.jpg


e0295348_2263650.gif


帰国してからは 車で買い物に行く事が少なくなり、
この籠は一般的な買い物かごだけど、物を入れると重くて持ち歩けないので
(やっぱり車社会用?)
こんな風に使っているのですが
雨風に晒されて だんだんいい感じになってきました。

e0295348_2231511.jpg


この隅田の花火 
鎌倉のに住むおばが 私の為に差してくれたもので今年で2年目です。
鎌倉は、紫陽花が似合う街ですね。

紫陽花 結構大きくなるの速いのですね。
去年も愛らしい花を咲かせてくれたのですが 
今年はすでに4輪も大きな花を咲かせていています。



この時 実は 柏葉紫陽花も貰って来たのですが
こちらは 昨年の猛暑で 駄目にしてしまいました  (>_<)

e0295348_2291497.jpg


ちょっと前は雨に濡れてしっとりと色香をはなっていたのに
今は梅雨の中休みとかで なんだか少しだるそうに見える・・・・・

本当に紫陽花は不思議な花
いつともなくひっそりと色づき始めて存在を主張し 
雨に当たればいきいきと花の色を輝かせる。


e0295348_2262488.gif

[PR]
by iris304 | 2013-06-17 21:17 | 季節のハーモニー | Trackback | Comments(0)

東京駅で分かった事

この時 出かけた先は 東京駅


朝早かったので 東京メトロの京橋駅まで行き 東京駅八重洲の南口から入ります。

この日は東北新幹線に乗るので 東北新幹線の改札を探したのですが
八重洲口には東海道新幹線 上越長野新幹線の改札はあるけれど 
東北新幹線の改札はどこまでいってもないのです。

仕方がないので駅員さんにお聞きすると 
『八重洲口には直接の改札口はないので新幹線ではないJRの改札口からお入り下さい!!』 
とのこと。
へえ~ そうなんだ・・・・と思いながら
無事 ホームに着きました。
23番ホームです。

e0295348_17143085.jpg


妹家族と 新白河駅で待ち合わせをしています。

母が亡くなり 実家のあるいわきに帰ることもなくなり
妹家族にも会う機会もめっきり減りました。

そんな私を気遣って 姪や甥のテニスの試合があると誘ってくれます。
今回も 羽鳥湖畔にあるレジーナの森  で開催される県大会に応援に行ってきました。


東北上越長野新幹線ホームは20~23番線を使っているので
このホームは東北新幹線の一番外れのホーム

e0295348_171554.jpg


なんと隣のホームは東海道新幹線のホームなのですよ。
向こう側には 新大阪行きのぞみが見えます。

e0295348_17321860.jpg


当たり前ですが 反対方向を向いて並んでいます。
隣同士で並んでいますが、改札口が別なので、
ここから、のぞみが止まっているホームへ行く事は出来ません。
考えてみれば、JR東日本、JR東海と別の会社ですね。
国鉄等という呼び名は死語、遠い昔のもので、
今時の、子供達は、『三公社五現業』なんて知らないのよね。
私達の世代だったら、必ず試験に出たのにねぇ (>_<)

そう言えば、息子は『営団地下鉄』 知らなかったわ。
帰国した時は、すでに東京メトロだったんだね。

ここから 西と北に向かって出発するのです。
あっちとこっちと向いて新幹線が並んでいるのを見ていると
当たり前と言えば当たり前ですが なんだかとても不思議な気がします。

e0295348_1736549.jpg


ところで 東北新幹線にだけ Gran Class というファーストクラス 
プレミアムシートがあります。
いつか こんなデラックスシートに乗ってみたいですが
グリーン車でも充分ですからねェ~

e0295348_17403639.jpg


最近 グリーン車の乗ることが多いです。
まさか・・・・・そんな贅沢で乗っている訳ではないのですよ。
早割という35%引き 40%引きの普通車のチケットを予約しようとすると
もう完売でないことが多くて せいぜい10%引き位のチケットしかありません。
この早割、東海道新幹線には設定されてないよう。

そんな時グリーン車を見ると 当然座席は空いていて
グリーン車の方が普通車の10%引きのチケットよりも安いのです。

そんな訳で 安いのでグリーン車に乗っています。
一番納得できるのは 普通車の早割なのですが これを手に入れるのは
なかなか難しいようです。

これからもお得なチケットを手に入れて 
日本全国 知らない土地を訪ね 美味しいものを食べたり その土地の歴史や文化に触れたり 
まだまだ知らない日本の良さを発見出来たらと思っています。  


e0295348_1823759.gif

[PR]
by iris304 | 2013-06-16 21:03 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

ありがとうの心を伝えたくて ♪


by あいりす
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31