<   2014年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

青のなごり

紫陽花もそろそろ終わりの時

今年は 日本全国の素晴らしい紫陽花を 楽しませて頂きました。

ありがとうございました。


e0295348_5224211.jpg



しばらく 留守にします。。。

出先からのUPは出来ないので(私の技術的な問題で・・・・)
叉 戻りましたら ご報告したいと思います。

皆様の元へは お邪魔したいなあ〜と思っておりますが・・・・・
よろしくお願い致します。


e0295348_1772820.jpg

[PR]
by iris304 | 2014-06-25 11:30 | 季節のハーモニー | Trackback | Comments(38)
今日は、真夏日になった所もあったとか?
関東は、午前中は晴れ間も出ていたのに、
突然の豪雨、落雷、なんだか嵐のような午後でしたね。
暑かった一日の終わりに 少し涼をお届けしたと思います。

昨年9月から10月に訪れたシカゴの水族館

『ジェット水族館』です。

水族館 いつどこで行ったのか覚えていない位 久しぶりでした。

e0295348_1641256.jpg

この水族館の前からの風景が こちら  

何も考えず 水槽の中をゆうゆうと泳ぐ色鮮やか魚を見ていました。
涼しげて心が和みました。

日本から遠く離れたシカゴでこうして 水槽を眺めているのが
なんだか不思議な感じだったけれど・・・・

e0295348_16504743.jpg

水中で生きる生物のゆら〜り・はら〜り・時にひゅん というリズムって
緊張感が解けると言うか 心地いいです ❤

e0295348_1651151.jpg

これはなんだか 獰猛そうですね。

e0295348_16511593.jpg

この赤くて大きくて不細工な魚
何故 このような姿なのか?魚の世界も人の世も なんと無情なことか・・・・・  

e0295348_16513911.jpg


e0295348_16523588.jpg


e0295348_16582663.jpg


e0295348_175216.jpg


e0295348_1653137.jpg


e0295348_16525435.jpg


e0295348_16533871.jpg

くらげ

e0295348_1654754.jpg


e0295348_16542378.jpg

この細い足??
これって絡んだりしないのでしょうかね〜
繊細で優雅で見とれてしまいました。

e0295348_16544225.jpg


e0295348_175216.jpg

紫陽花のようなくらげ
可愛いですね。

e0295348_1655242.jpg


e0295348_16551489.jpg

多分こちらの入口の方が有名かも?

e0295348_16441476.jpg


e0295348_16493555.jpg



明朝、VSコロンビア
今のメンバーで、皆が最高のゲームだったといいきれるような
そんな熱いプレイを期待したいと思います。

どうでもいいことですが、
今回、スパイクの色が、右左違ってピンク&ブルーだったり、
川島選手のグローブも、左右、ピンク&ブルーでしたね。
[PR]
by iris304 | 2014-06-24 21:03 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(26)

Original Sacher Torte

夫が久しぶりにWienに行ったので 

e0295348_17152717.jpg

お土産に・・・・と、持ち帰ってきたものは こちら ⇒ 『Sacher Torte』

中身は・・・・
こんな風な木の箱に入っています。

e0295348_17163836.jpg


e0295348_17165578.jpg


e0295348_17182436.jpg

奥に見えていたこの箱は Sacher Hotelの125年の記念の箱で
デザインが違います。


e0295348_17221869.jpg

とても素敵なデザインのこの箱
捨てられないですよね〜
この箱には 今は絵はがきを入れて使っています。
他のもいくつか リボンを入れたりして使っている思い出深い箱です。

e0295348_17171858.jpg

付いていたホテルのカード
ヨーロッパのホテルのボーイさん
老いも若きも こういう外套が良く似合って 笑顔がとてもチャーミングです。

e0295348_1724491.jpg


e0295348_17103419.jpg


中のチョコレートケーキ
大きいですよ!!
直径19cm位 パッケージに800Gとあります。

リストを見ると 同じものがないのですが とにかく大きくてずっしりと重いです。

e0295348_17264447.jpg

私 ケーキをカットするのが とっても上手です。
毎日 どれだけカットしていたか・・・・
なのに 綺麗にカット出来なくて チョコレートがぼろぼろ

そのこぼれたチョコレートをぺろり〜
もう ほんと 美味しいです。
どんなに日本のケーキが美味しくてもちょっと違うと思います。

e0295348_17265994.jpg

でも 日本でこれが美味しいかというと、それは分からないですね〜
日本の方にはちょっとくどいかも?です。
私達も 行ったばかりの時は 甘過ぎる! 重すぎる!と思っていましたからね〜

今 食べると 郷愁という旨味が加わって 過ぎてしまった様々な情景と共に
懐かしい思い出のお味として甦ってくるのです。

e0295348_17295698.jpg


e0295348_1728338.jpg


e0295348_1728384.jpg

かなり濃厚な一切れ
頑張って12にカットしましたが これでも充分 余すかもしれませんよ〜

e0295348_17292068.jpg

当時 このホールを日本へクリスマスプレゼントで送る!贈る!というのが
流行っていましたね。
確か8000円〜くらいだったでしょうか?
そんな時代もありました。

e0295348_17272083.jpg


暑い中持って来てくるのも大変だし
お味も落ちてしまうから要らないと言っているのに
言う事聞かずに 買って来ました。
余り甘いもの食べたくないし(すぐ太るので)冷蔵庫が一杯で結構迷惑なお土産でした。

夫は 仕事で留守がちだったので 
子供達が幼い頃は必ず色々とお土産を買ってくるのですが
これが もう誰も喜ばないものが多くて(今は誰もいないので本当に迷惑で)、
今回も 冷蔵庫開ける度に イライラしてましたが、
とりあえず残りは、カットしてしっかりラップに包んで冷凍しました。

こういう時
ドイツだったら すぐ皆で美味しいお茶が頂けるのに〜って
帰国して何年も経つのに そう思ってしまいます。

私、ご近所に誰も知り合いもお友達もいません。
ここに住み始めて10年。
偶然ご近所だったドイツ時代の友人も 
その後親しくなった友人も それぞれに環境が変わりお引っ越してしていかれました。
我が家も ここでずーと暮らすか?というと 
それはないかなと思ったりしています。

子供達も ここで育ってないので 近所には誰も友達はいないので
全く 孤立してここで暮らしています。

誰も知った人がいないというのは 
案外お気楽で 不自由もなく 寂しいと思う事もないのですが 
頂き物があると
ふと ご近所にお茶のみ友達がいたらいいなあ〜と一寸思う訳です。


e0295348_15354325.jpg

[PR]
by iris304 | 2014-06-22 16:31 | 美味しい | Trackback | Comments(42)

紫陽花もぬれる頃 sanpo

今年は 皆さまのブログで
紫陽花巡りをさせて頂いております。

雨に打たれてしっとりと美しく佇む紫陽花にうっとりしていたかと思うと
花言葉のように移り気で また 次から次へとお邪魔しております。


これは 昨年 『開成町の紫陽花まつり』 に行った時のものです。

e0295348_12481224.jpg


e0295348_12482857.jpg


e0295348_12491062.jpg

あじさい農道

e0295348_12485390.jpg


e0295348_1371779.jpg



e0295348_12492236.jpg


e0295348_1255194.jpg

水路の脇に咲く紫陽花

e0295348_12493933.jpg

これは 売店に売られていた紫陽花
真ん中のピンク色のは『ダンスパーティー』という名
最近 街の花屋さんでも 見かけますね〜
写真はないのですが 『紅・くれない』と言う名の紫陽花がとっても気になりました。

e0295348_1250591.jpg

色々な新種の紫陽花が見られました。

e0295348_12501847.jpg

この売店では他にも色々売れていたのですが、
中でも 『干し椎茸』 これが肉厚でとっても質がよく
今年は無理だけど あの干し椎茸は またいつか買いにいきたいですね〜

e0295348_137095.jpg


途中で見かけたマンホール?の蓋
これは コスモス??ですよね。

e0295348_1254644.jpg


e0295348_12543189.jpg

[PR]
by iris304 | 2014-06-20 22:16 | 季節のハーモニー | Trackback | Comments(42)

ネクタイの良しあし

息子の20歳の誕生日に私がプレぜントしたネクタイ

ANAのマイレージポイントを どうしても使いたくて
これまた期限切れギリギリに機内で買いました。

柄がとっても気に入ったとか どうしてもこのブランドを買ってあげたかったとか
そんな事ではなく
夫も
『使いきれない位あるし、まだ新品のもあるから要らない!何か子供達に・・・』 
と言うので
何回 リストを見ても
これは!と言うものが見つからない中(他は色がね。。とか柄がちょっと????)で やっと
これに落ち着いたのですが・・・・・

殆ど記念品の様になっていると思います。

e0295348_15163645.jpg


ブランドも色々あるけれど なかでも結構な高級ブランドですので
それを若干20歳の息子にプレゼントするのもどうかとは思いましたが、
(こういうしょうもない母親が、ダメ息子を作る!)と、
思わないでもないのですが、
こういうものをさりげなく身に着けられるお洒落で爽やかな面も
持ち合わせて欲しいと思って選びました。
このネクタイを身に着けても恥じない人間、大人 男性になって欲しい!
という願いも込めて・・・・・

e0295348_1629993.jpg


e0295348_17432247.jpg

実際 彼が持っているのはこんないかにもって感じのネクタイですよ~

e0295348_16273052.jpg

ところで、『良いネクタイの条件』とは

1、天然素材であること
2、たるみ糸がついていること
3、生地がよれないこと
4、ハンドメイドであること
5、美しい結び目が出来ること


以上5つを全て満たさないといけないらしいです。

え!!たるみ糸って何?
そんなもの ネクタイに付いていたの?

                      ❤

これでした。
まあ 普通は気にもしないし知らないですよね。
お勉強してしまいましたあ〜

e0295348_14521784.jpg

『息子の勝負ネクタイ』
と私が勝手に命名しているこのネクタイ。

いえいえ これじゃ 勝負の前に同じ土俵に立てずに負けてる!


未だこのネクタイを結ぶ事がなかったのですが、
先日高校の先輩の結婚式の二次会のお呼ばれがあって
ついに初めてこのネクタイを締めて出かけていきました。

その時の彼の一言
”僕が持っているネクタイの中で 
5つの条件を満たしているのはこの一本だけ・・・・”

e0295348_16281341.jpg

私はやっぱり このロゴがお洒落だと思うのです。
この色 この柄よりも!

e0295348_158559.jpg


帰ってきて一言

誰も気付かなかったよ!!
説明しても解らないかも??

当たり前でしょ〜 
そうよ! それが普通よ!!
[PR]
by iris304 | 2014-06-18 00:24 | 日々のこと | Trackback | Comments(38)
皆さん 今日は ワールドカップ 日本の初戦 応援されてましたか?
残念でしたね〜

予選あと2試合
選手の皆さんの悔いのないプレイを!!
ピッチの上で躍動する姿に期待して 楽しく応援していきたいと思います。

                    
                    ❤
さて、久しぶりにドイツから

初夏の風物詩Spargel(シュパーゲル)

今 ホワイトアスパラの季節ですが収穫は
6月24日の 聖ヨハネの日までと決められているので
もう 今年はそろそろ終わりです。

レストランでホワイトアスパラを食べる時は
まず アスパラの量 1ポンド(450g)か2分の1かを選んで
添え物をお好みで選ぶ!!と言うのが基本です。

だいたいスーパーで売られている一束が1ポンドで、
この皿は2分の1 250G弱ですね。



太さにもよりますがアスパラ3〜4本位
添えものは サーモン&じゃがいも

e0295348_13124838.jpg

こちらは太いので3本 
生ハム&じゃがいも

e0295348_1313029.jpg

ソースはHollandaise (オランデーズソース)卵黄とバターで作られたソースか
溶かしバターデ頂くのが一般的です。

家庭用には こんなものも売られています。
e0295348_1245836.jpg



駐在員の家庭では固めに茹でて醤油&鰹ぶしというのが
結構 好まれていまして 我が家もこれが多かったです。

また 酢みそで頂くと『うどの酢みそ和え』の様と こちらも評判がよくて
日本レストランでも メニューにあったような・・・・
皆 現地のものを工夫して自分の好みにアレンジして季節の味を楽しんでいましたね〜



Spargel(シュパーゲル)はとても高い野菜です。
1キロ 3ユーロ位からありますが 高いものは10ユーロもします。
平均7〜8ユーロですね。(1ユーロは138円くらい)

市場では 先っぽだけ折れたもの(これは高いのです(@@)ですが・・・)や
先っぽが取れてしまったもの(これは少し安い)も売られている位です。
折れていてもスープにするのは問題ないので
割安なこちらを求めるのもいいですね〜
[PR]
by iris304 | 2014-06-15 15:59 | Deutschland | Trackback | Comments(56)
なかなか行けなかった『バルテュス展』 へ行ってきました。

金曜日は20時まで開館しているので 夕方にかけてのんびり出掛けたのですが
ゆっくりし過ぎて上野着いたのはもう夕方6時。

e0295348_8121330.jpg

一寸時間が足りないですね〜

e0295348_862464.jpg

案の定、最後は追い出される様に バタバタと駆け足になってしまいました。

最後の 彼の生前の愛用品や勝新太郎さんに送られたと言う着物等
もっと しっかり観たかったです〜

                       
                  *   *   *


これは会場で配られている 朝日新聞号外

e0295348_7142260.jpg

ピカソをして『二十世紀最後の巨匠』と言わしめながら
余り知名度は高くないのは その孤高な生き方故かと〜
どこか謎めいた画家の面影をたどる大回顧展。
国内では没後初です。

東京都美術館 (上野)
4月19日(土)〜6月22日(日)
開室時間9:30~17:30(金曜は20:00)、入室は閉室の30分前まで
休室日月曜日、5月7日(水)
(ただし4月28日(月)、5月5日(月・祝)は開室)


              ❤


そして こちら 始まりましたね。
今朝の スペインVオランダ
前回ワールドカップの決勝戦と同じカード
まさかまさかの結果となりましたね〜

サムライJAPANは いよいろ明日 初戦
時間帯がよく 日本全国盛り上がる事間違いなしですね。



e0295348_7135080.jpg


昨日の美術展の後は渋谷系由で帰宅しましたが、
9時前の山の手線のホームに溢れかえる人。
ハチ公前に出るので仕方ないのかもしれませんが、改札口にも人が溢れ
勿論 スクランブル交差点も言うに及ばす・・・・

明日の試合後はどんなでしょうね〜
皆様 良識ある行動でワールドカップの成功を応援出来るといいですね。

また『DJポリス』のあの穏やかな語りと誘導が
道往く人々を和ませてくれるのでしょうか。
[PR]
by iris304 | 2014-06-14 08:37 | 日々のこと | Trackback | Comments(18)

梅の季節になりました

駅に向かう途中 梅の畑があります
農地ではなく 明らか宅地だと思うのですが・・・・

そこの梅の実がそれは立派で でも毎年収穫している様子はありません。
歩道にも ころころと落ちて来ていて
いつも もったいないなあ~と思いながら 恨めしそうに眺めながら
駅に急ぎます。

               ❤


さて、これは歌舞伎座で買った『べっ甲梅飴』

e0295348_20545357.jpg

袋も歌舞伎の色々が書いてあって楽しいです。

e0295348_20571818.jpg

中は個別包装
それぞれ演目が印刷してあってお勉強になりますよ~

e0295348_1210313.jpg



e0295348_12134390.jpg

本当の梅干しが入っているのですが 透き通って見えてとっても綺麗です


梅干しの果肉と塩気が絶妙な高級梅キャンディです。

e0295348_20582517.jpg

特に飴が好きな訳ではなく
逆に無駄にカロリーを取りたくないと思っている位なのですが
そんな私がどうして買ってしまったか??って
試食で頂いたのです。
試食をして買わない!!と言う事が まず出来ない私です。

e0295348_205510100.jpg


今年も小梅を漬けました。 昨年はこちら ⇒  

毎年 お取り寄せの小梅を使っているのですが
今年は近所のスーパーで買ってみました。
熟する前に痛みが出てカビが出たりで散々でしたが 
良さそうな実だけを選んでみました。

梅の実って とてもデリケートでそお~と優しく扱わないと駄目なのですね。
クルー便でお取り扱い注意 で届いてましたものね~

e0295348_17232553.jpg


e0295348_12325663.jpg

梅干し 我が家では夫と私しか食べないのにどうして漬けてるかって・・・・・

ドイツで暮らしていた頃 夫が出張で日本へ帰ると 
実家からホテルに宅配便が届きます。(パッキングするのは呼び付けられた妹です。)
ある時 その中に 大きなタッパーウエアに入った 綺麗に漬かった小梅。
どうしたのかと聞けば
妹の嫁ぎ先の庭でたわわに実のった小梅を漬けたものだとか~
その時の 蓋を開けた時にぷ~んと香る紫蘇の匂いと
真っ赤な梅干しが未だに忘れられません。

いつか日本に帰ったら 母に手ほどきしてもらって漬けてみよう!と
その時思いました。
しかし その願いはかないませんでした。

今 誰も食べる人もいないのに 毎年漬けているのは 
母に褒めてもらいたいから~そんな気がします。

その結果 無理やり梅干しを押しつけられる友人や妹は 
ホントはとっても気の毒なのです。


今年は 上手くできないかもしれません (>Д<。)


e0295348_17191714.jpg

[PR]
by iris304 | 2014-06-12 15:31 | 美味しい | Trackback | Comments(28)
前回の可愛い窓に続いて 草原の中に突如現れる
スーズダリの街並みのご紹介です。

モスクワから車で結構遠いです。
車で一時間以上は乗ったでしょうか?
とにかくモスクワはいつも渋滞で 市内を抜けるのにはとても時間がかかります。

以前 鳩山氏のご長男が 『モスクワ市内の渋滞解消のなんちゃらプロジェクト』の
メンバーに名を連ねていらして
モスクワ大学の講師をなさっているとかニュースがありましたが
まだ参加継続中でしょうか?


e0295348_1330270.jpg

この看板の 串刺しになっているような文字 これ 『F』 
一番に覚えたロシア語のアルファベットです。

e0295348_13303064.jpg

観光用の馬車 馬も馬車の装飾もやっぱりロシアっぽい?

e0295348_13305227.jpg


e0295348_1331471.jpg

ビールではありません。
『ミョードヴァ』 スーズダリ名物の蜂蜜のお酒です。

e0295348_13313061.jpg


e0295348_13314147.jpg

川の向こうの教会
このカーメンカ川の蛇行を利用した土塁が今も残っており
周りの風景を眺めながら 土塁の上の散歩は 
もう言葉では表現できない位 素晴らしかったです。

e0295348_13322119.jpg


e0295348_1332397.jpg


e0295348_1433974.jpg

とにかくカラフルで綺麗な建物が多いです。

e0295348_13323682.jpg

スーズダリ発祥の地クレムリン
世界遺産です。
クレムリンはスーズダリの最も古い所で11世紀の建設されました。
ラジジェストヴェンスキー聖堂

e0295348_13331479.jpg


e0295348_13333054.jpg


e0295348_1437451.jpg


e0295348_13353671.jpg


e0295348_13334394.jpg

教会の中庭を抜けると そこには長閑な風景が広がります。

e0295348_13341774.jpg


e0295348_13344683.jpg

このアコーディオンを弾くおじさん
誰か人が来た時だけ音楽を奏でます。


e0295348_1335438.jpg

右から2番目の黒い点の様 
電柱に寄りかかっているのが上のアコーディオンのおじさまですよ~

e0295348_1129235.jpg

木造のニコーリスカヤ教会
北欧の木の教会は有名ですがロシアにもありました。

e0295348_152628100.jpg


e0295348_15265026.jpg

教会の塔のてっぺんも木で出来ているのですね~

e0295348_1527655.jpg

土塁の上から クレムリン ニコーリスカヤ教会を眺めます。  

e0295348_11233446.jpg

ラジジェストヴェンスキー聖堂の中です。

17世紀のイコノスタス
イコノスタスとは、寺院の内部を
一般信者が礼拝する場所と至聖所とを隔てるイコンの壁のことです

e0295348_12144637.jpg


e0295348_12264033.jpg


e0295348_12215637.jpg


e0295348_1253255.jpg


e0295348_12262289.jpg


ここの木も下の方が白く塗られてます。

e0295348_13361682.jpg

この木立を抜けて 今度は 
川の向こうの教会を目指します。

e0295348_14461365.jpg

途中で見かけた看板
ドイツのローテンブルグから2634キロメートルですって!!

e0295348_15445497.jpg

リザバラジェンスキー修道院の聖なる門

e0295348_1544556.jpg

ここは中の聖堂(真ん中奥のクリーム色の建物)よりも 
このテントが二つ並んだような聖なる門の方が有名です。

e0295348_15552927.jpg


e0295348_15554250.jpg


e0295348_11401790.jpg

こちらは街の北側 まるで砦のように城壁が巡っています。
スパソ・エフフィミエフ修道院

e0295348_112561.jpg

中に入ると緑の塔の教会 スパソ・プレオブランジェンスキー聖堂と鐘楼
世界遺産になっています。
左側はウスペンスカヤ教会

e0295348_11325629.jpg

二つの建物の奥にあるニコーリスカヤ教会
この教会の中は修道院の宝物館です。

e0295348_15475148.jpg


e0295348_1548549.jpg

青いたまねぎ型の塔を持つ教会が多いのですが 
ここは緑色がとても美しいスパソ・プレオブランジェンスキー聖堂です。

e0295348_11405974.jpg



e0295348_1550381.jpg



e0295348_15505573.jpg



e0295348_11412375.jpg


e0295348_11414123.jpg


教会の中
ロシアはビデオやカメラの撮影は別料金なのですが
払ってないというと 少しならいいよ!と言ってくれたのですが
沢山パチパチしてしまいました。

内部は一面鮮やかな17世紀のフレスコ画で埋め尽くされています。

e0295348_12483142.jpg


e0295348_12562435.jpg


e0295348_12564040.jpg


e0295348_116768.jpg

フォトが冴えなくてホント 残念ですが 
中世の面影を残す長閑なロシアの田舎街
世界遺産道になっている歴史的にも貴重な建造物が沢山あって
おとぎの国の様な街
お楽しみ頂けたらなあ~と思いましたが
如何でしたでしょうか?

e0295348_16305126.gif

[PR]
by iris304 | 2014-06-10 20:42 | 世界のあちこち | Trackback | Comments(40)

海鮮丼

盛りが良いと評判のお店らしいです。

e0295348_12112565.jpg


『K香ちゃん』 に連れて行ってもらいました。
会えて嬉しかったわ〜
どうも ありがとうございました。

                     ❤


今回は 元々 会津若松へ行く予定にしていたのですが
その前に2度もいわきへ帰って 横浜へ戻る時間はなかったのですが 
急に一日空いたのでのんびり出来ました。 

他には 久しぶりに 幼なじみに会う事も出来て
思いもかけず ご褒美を頂いたよう〜
[PR]
by iris304 | 2014-06-08 12:36 | 美味しい | Trackback | Comments(26)

ありがとうの心を伝えたくて ♪


by あいりす
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30