<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夏のスープ

トマトは夏の元気印ですね〜

事務所のオーナーが沢山持ってきてくださったのですが


e0295348_10313746.jpg


大きくて完熟 割れてきていたので 

どうしようかな?

ガスパチョを作りました。


e0295348_10271390.jpg


息子の大好物なのですが 実は私は一度も作ったことがなかったのです。

友人がお得意で 彼らが遊びに行くといつも夏のおやつはガスパチョでした。
帰りにはボルビックの2リットルのペットボトルにお土産で持たせてくれて〜❤︎


e0295348_10395640.jpg

実は作ったことがないのよね!
今回初めて!
って言ったら
知ってる、作ってもらった事ないもん!!
ですって。

当たり前だけれど 知っていたんだわ〜

今月頭に息子が戻ってきました。

帰任する時は、もうここには戻らないよ!
僕も言ってみれば帰る頃はいい年だしね〜と
大きな事を言って出て行ったのですが
実家があるのに結婚する予定もないなら一人暮らしで散財しなくてもいいとか
やっぱり実家暮らしは楽だから
とか色々
皆に実のあるアドバイスを貰った様 実家に出戻ってきました。
一人暮らしはなんとも言えずお気楽で、満喫していたけれど
やはり 家の中に人気があると言うのはいいものですね。


二人でガスパチョ


e0295348_10501468.jpg


More 。゚(゚´ω`゚)゚。
[PR]
by iris304 | 2018-06-28 10:51 | 美味しい | Trackback | Comments(22)

今 ドイツは〜

白アスパラガスの季節です。

昨年は今頃ドイツで過ごしていたので
このSparagel(白いアスパラガス)に舌鼓を打っていたのでした。

友人が到着した翌日 
時差解消にとオランダとの国境『Walbeck』というSpargelの村へ出かけました。


e0295348_812053.jpg


街中はひっそりとして人っ子一人歩いていません。
なんだか嫌〜な予感


e0295348_7575424.jpg


アスパラとイチゴ
そして新ジャガイモもありますよ!


e0295348_21403368.jpg


レストラン目指して迷い込んだ中庭

楽しいですよね。
なんだかビールでも飲んでいそうなおじさん風
確かここで一緒に写したはずなのですが 見つかりません。


e0295348_21194840.jpg


こっちから見ると
ふっくらとちょっとシナを作ったおばさん???


e0295348_21193624.jpg


裏に回るとびっくり!!
シュパーゲル(Sparagel)こんなに処分されてしまうのですね
勿体ないなあ〜って思ってしまいますが・・・・
売り物にはならないのですね。きっと!


e0295348_21191989.jpg


静かな街の佇まいにもしかしたら?というか
アウトバーンを走ってるうちから きっとダメね!とは思っていたのですが
ちょうどレストランが昼休みに入ってしまう3時前でした。


Mühlenhof
多分 ここが一番有名なSparagelを食べさせてくれるレストラン


e0295348_825570.jpg




e0295348_21104275.jpg


あいにく食べられなかったので 以前に載せたものです。
メインがSparagelです。
付け合わせに生ハム、ジャガイモなど。
サーモンや季節の鮮魚なども一緒に美味しいですよ。

これ3本しか載っていませんがこれでもハーフなんだと思います。
注文は1ポンドかハーフポンドかで頼みます!(◎_◎;)


e0295348_829147.jpg


直売所は空いていたので 2キログラム買って帰りました。
これは細かったり傷があったりでとてもお安いお徳用ですね。


e0295348_2145429.jpg


太くて立派なものはとても高いですよ。
キロ10€くらいでしょうか?
と言っても日本とは比較になりませんが・・・・
お肉と違ってシュパーゲルを食べてもお腹一杯にはならないし高級食材です。


e0295348_2161935.jpg


ドイツのシュパーゲルシーズンは例年4月の上旬頃に始まり、
6月24日の洗礼者ヨハネの祝日に終りを告げます。
食べられるのは 6月24日の聖ヨハネスの日までと決まっているのですよ。
この時期にだけ食べられる、貴重な旬の野菜です。


e0295348_2152529.jpg



食べ方
茹でてバターソースやオランデーゼソーズで頂くのが一般的です。

茹で方
皮も一緒に砂糖を少々入れて茹でると教えられました。
専用の寸胴鍋もあって力シュパーゲルに対する思いがわかりますよね。
だって年に何週間かしか食べられないのに・・・・

私は少し硬めに茹でておかかと醤油、酢味噌などで食べるのも好きですね。

日本でも最近目にすることが多くなりましたが
あくまでも脇役ですからドイツの様に大きなお皿にドーンというのは馴染まないですよね。




e0295348_2264297.jpg


More Auch geschält
[PR]
by iris304 | 2018-06-12 22:14 | 季節のハーモニー | Trackback | Comments(28)

空を見上げて・・・・

夜の羽田空港 展望デッキに出てみました。


e0295348_1391654.jpg


初めての羽田空港国際線ロビーです。

そもそも羽田空港も数えられる位しか訪れたことがありません。

成田のそれと違ってこじんまりと ひっそりとした印象です。


e0295348_1333762.jpg


羽田日本橋

こんな江戸の町が出来ていたなんて驚きました。


e0295348_1341531.jpg




e0295348_1344560.jpg




e0295348_13165117.jpg


へ〜 こんなところもあるのですね〜

沢山の絵馬が奉納されています。


e0295348_1351243.jpg


上の左側に写っているのが 自動販売機です。

一枚500円成り


e0295348_13254663.jpg




e0295348_1363212.jpg




e0295348_13131528.jpg




e0295348_136018.jpg




e0295348_13203218.jpg


息子も何やら書いて奉納した様です。

今回のフライト、エコノミークラスなのに 絵馬は羽田エアラインのファーストクラスなのね〜ふふふ


e0295348_1435488.jpg




e0295348_1321239.jpg




e0295348_13211574.jpg


この日 息子は中東に向けて旅立ちました。

カタール?ドーハ?
そこどこ?
ドーハ・・・・
そうだ!!
”ドーハの悲劇”
あれだ!!
日本人には忘れることの出来ない中東の小さな国カタール、首都ドーハ
そのドーハへ向かって出発しました。
(実はこの”ドーハの悲劇”我が家はドイツで暮らしていた為 余り実感出来ないのですが)

私:カターってサウジアラビアの東側にちょこっと出っ張った半島で
”いぼ”の様な所よね

息子:え、いぼじゃないよ!アラビア語で”雫”って意味らしいよ!

あのいぼにそんなロマンチックな意味があったとは?

長い間の希望が叶ってやっとこの日を迎えた彼は
”少し緊張はするけど、不安はない!”と言って元気に出かけました。
それなのに私はと言うと
中東、アラブの国、イスラムの世界での暮らしを思うと
心配で涙が出たり 日に何度も大きなため息をついたり
息子を地の果て まるで戦地にでも送りだした様な面持ちです。

20年近くもヨーロッパで暮らし、その後、旧共産圏のロシアだって行ったり来たりしていたし
殆どの事は経験して知っているいるはずなのに
なんとも情けない話です。

何はともあれ健やかで明るく楽しく仕事をしてくれたら
それ以上望むことはないのですが・・・・


気がつけば 空を見上げて遠い異国で暮らす彼のこと思い巡らしています。



e0295348_13593292.gif

[PR]
by iris304 | 2018-06-02 14:11 | 日々のこと | Trackback | Comments(32)

ありがとうの心を伝えたくて ♪


by あいりす
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31