タグ:カナダ滝 ( 1 ) タグの人気記事

CHICAGO滞在記2016♪ナイアガラの滝を見に行く II

ナイアガラの滝 続きです。


水量は春から初夏のピークシーズンでおよそ毎秒5,720 m³になる。
夏は毎秒2,832 m³で、90%はカナダ滝に流れ込むが、
水力発電施設に一部、人工的に流されている。
カナダ滝の上流には可動堰が設けられており、夜間の水量は日中の半分に調節されている。
観光のオフシーズンになる冬の期間も水量が毎秒1,416m³に抑えられている
アメリカ側からの眺望はほとんどが滝の背後に位置し、
滝の正面や全体を眺望できるのはカナダ側になる。
    Wikipediaより



レストランで昼食が終わり、次はカナダ滝の落下する所まで
車で案内してもらいました。


手を伸ばせば届く様な所を悠々と流れる様は 何とも不思議な光景でした。


e0295348_15371219.jpg


これが滝だと言われても
余りの水量と流量に圧倒されて言葉もなくただ水面を見つめているだけ〜
うわ〜とか、すご〜いとか
おバカな女〇〇〇や〇〇〇〇の様なコメントしか出来ないのが情けないのですが。。。。。


e0295348_1533487.jpg


日本やヨーロッパ、
昨年のヨセミテ国立公園の滝のように全景が見えたり 
チョロチョロと流れていたりすればなるほど!!って思うのですけれどね〜
本来 滝の落下するところって目にする機会がないですよね。

幅675m、落差56m、滝壺の深さ55mって この目で確かに見ても
どの位のスケールなのかが実感できない魔物の様な目の前の光景でした。


e0295348_15373446.jpg


ここは時間によって虹が見えるそうですが
昼過ぎのこの時間には 残念ながら見えませんでした。


e0295348_15381562.jpg




e0295348_15344884.jpg


こういう柵ってどうして乗りたくなるのかもしれませんが
明らかに危険だと思われるのにどうしてここに跨ったりするのか?
この流れと勢いを見たら、とても怖くてすくんでしまって 
ちょっとここに乗る気にはならないと思うのですが、
やはりお若いのでしょうね〜


e0295348_2138233.jpg




e0295348_21421115.jpg




e0295348_21461528.jpg


夜はこの滝がライトアップされます。


e0295348_15363215.jpg


以前はシカゴから日帰りツアーがあったのですが
9時前にバッファローに到着する便がユナイテッド航空の方針転換により
なくなってしまったので、前泊が必要になりました。

私たちはバッファローで泊まりましたが
ナイアガラ泊にして、夜のライトアップを楽しんだり
アメリカ滝の方まで散歩に行ったり街中を楽しんでも良かったわね〜と、
もう二度と行かないのでこの経験は生かせませんが。。。。。。
残念です。


e0295348_15351099.jpg




e0295348_15331093.jpg



e0295348_2214851.jpg


最後にもう一度 

カナダ滝
幅675m、落差56m、滝壺の深さ55m

街中の文化的な暮らしのすぐそこにあるこの大自然
なんとも不思議な感覚。

この物凄い迫力の滝の全景 空から見たらどんなかな?
高いところから ゆっくり見てみたいものです。


e0295348_224297.jpg


アメリカ滝
幅330m、落差58m
ブライダルベール滝 (右端の細く見える部分)
幅15m、落差55m、


e0295348_2242867.jpg


ナイアガラの滝 
ハイシーズンは秋だそうです。
美しい紅葉とこの青く輝く水の色のコントラスト 見てみたいです。

今回のシカゴ行き
最大のイベントだった『ナイアガラの滝』
お付き合い下さって ありがとうございました。




e0295348_9291855.jpg


More    おまけ
[PR]
by iris304 | 2016-08-03 09:39 | 世界のあちこち | Trackback